京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug

メロンパンのお話。

ほしみの、最近のお気に入りのオモチャに”メロンパン”があります。

中に綿とピーピー鳴る笛が入っていて、噛むと、キューキュー♪

以前、ショップで同じシリーズの”バケット”を購入して、それがあんまり可愛かったので全種類買いそろえてみたのです☆

”お気に入り”になったがために、どんどんクシャクシャになっては”現役引退”していくパンたち。。

それで残った最後のパンが、”メロンパン”なのです。
もう1つ、あと少しで引退勧告されそうな”食パン”もありますが、やっぱり現役は”メロンパン”♪

・・というわけで、今日はその遊び方についてお話したいと思います。


メロンパンの遊び方その1

<音を出して噛みながら飛び回っている♪>

これはよくやってますねー。
だいたい、何の予定もなく、ボーっとしているときに退屈しのぎで噛んでいたら、だんだん興奮してきて。。。

気付けば、ステップを踏みながら噛んで音を出し、それにさらにテンションが上がる・・・ってなことも結構、あったりします。



その2

<遊んでほしいとき、噛みながらこちらに押し付けてくる>

これもシチュエーションとしては、似たようなときにやっているのですが。
明らかに違う点があって、それは”一緒に遊んでほしい”と思ったときにやっているらしいってことなのです。

たとえば、カミカミしながら近付いてきて、身を低くしながら、こちらの手やひざを、片手で、

トントンッ

と、たたいて。

「ん?」

こっちが気がついて、

「あ、パンを投げて欲しいのね?」

そのまま手を伸ばして、おすわりした彼女の足元にあるパンを取ろうとすると・・・あら不思議。

「Ψ(`∇´)Ψ」

手が届く寸前で、ぱくっとくわえて、そのままくる~~んと回って。
嬉しそうに鼻息を荒くしながら、両手を前に倒して、”遊ぼう!”と誘ってくるのです。

取り上げようとする手をかわしながら、ぴょんぴょん飛び跳ねるほしみ。

やがてパンを奪われて、

「投げるよ~~」

なんて言われ様ものなら、もうハイテンション!
じっとパンを見上げて、大喜びで突進していきます。

そして投げられたのをくわえて、帰還~~☆
ほしみの好きな遊びの1つです。

でもたまに、投げられたパンを見失ってしまうことがあります。あと、自分の手の届かないところへ着地してしまったり。

そういうときは、彼女なりに背を伸ばして”高いところ”を見上げながら、あちこちパトロール☆
何度もやっている遊びですから、もう”落下パターン”は彼女なりにデータがとれているのでしょう。
熱心に探して、ちゃんと持ってきてくれます。

そこが手に届かないところの場合は、彼女なりに、

飛んだり、
跳ねたり、
隙間に入ろうともがいたり、

いろいろ努力して、それでもダメなときは、怒りの声を上げます。

「キュンキュン!!」

だったり、

「ワンワン!!」

だったり。

どちらもそんなに大きい声ではありませんが、思いっきり”いらだち”と”くやしさ”がにじみ出ていたりするのがおもしろいです♪

それでももちろん、大好きな遊びみたいですが♪


そして最後・・・・。

その3

ズバリ、”アゴ枕”として使っています。
頻繁ではなくて、彼女なりに気の向いたときに・・・らしいですが。

もしかしたら、パグは鼻がぺっちゃんこ気道を確保するため・・・だとか、ちゃんとした理由があるのかはわかりませんが・・・。
時々、”アゴ枕”として使って、お昼寝をしていることがあります。

長くなるときは、ちゃんとケージに戻って、大好きなベッドのふちにアゴをのせて眠っていますが。

もしかしたら、”枕ランキング”なるものも存在しているのでしょうか?

謎です。。。。。



そんなこんなで、今日も大好きなメロンパンで遊ぶほしみ☆

このぶんだと、”引退勧告”するのもそう遠くないかもしれません。

「・・・次もパンシリーズにしようかな?」

ワンに遊びを提供するのも、一苦労です・・・ハイ(笑)。
[PR]
by kopug | 2007-09-12 23:56 | ほしみな日々(*´Д`*)