京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

母との電話☆

ドモ♪

最近、腐ってしまった床が、ようやくマシになってきて、なにげに喜んでいるこぱぐでございます☆

今日は、昨日の雨が嘘のように晴れて、なんだかいい気持ち☆
実家の母からも、先日、帰省の際に撮った写真が届いたとの連絡があり、

「タロウが行く葬儀社の建物の写真があったけれど、なんだか後光が差しているように、とってもキレイな光を浴びているのね。だからお母さん、”タロウが励ましてくれているのかもしれない。頑張らなくちゃ!」

と、力強い声で話してくれたので、

『お母さんはお母さんなりに、タロウの死を受け止めていっているんだなあ・・・。おじいちゃんおばあちゃんが亡くなって、辛いことが続いてしまったけれど、前を向いて行こうと頑張っているんだなあ・・・』

って、逆に私が励まされたような気持ちになりました。

宮崎に生まれ、ずっと宮崎で生きてきた、田舎者の母ではありますが・・・。
最近、帰省するたびに、そんな母の良さに接し、そのたびにあらためて、”母の良いところを学ぶことのできる自分でありたい”と思う機会が続きます。

・・・ま、そばにいるとそんなこと、照れくさくて言えなかったりしますが(;´д⊂)
けれど、いつかはちゃんと言いたいと思います・・・できれば、そう遠くない未来に。



最近。

母も父も、電話をするたびに、尋ねるようになりました。

「ほしみは今、何してる?」

ほんのちょっと前なら、尋ねる側は逆で、

「タロウは今、何してる?」

だったのに。
”世代交代”でしょうか?
なんだか、とっても変な気がします。

そして私が、

「今、寝てるよー」

とか、

「今、オモチャをカミカミしてるー」

とか言うと、

「そっか~・・・。タロウもよく、そうしてたもんね~」

と、感慨深くつぶやいて、そこから思い出話が始まります。

きっと、思い出話自体はいつもと、そう変わりなくて。
何度も何度も、2人して同じ話をしては盛り上がっているのだけれど、・・・でも、やっぱり、なんだか幸せ気分になれるんですよね。。。

そして、思い出すのです。

あの、パグにしては伸び放題のなが~~くて、ちょっとだけ硬いけれど、お日様のにおいのするフワフワした毛を―。


彼が教えてくれたことは、本当に数限りないけれど、その中で、本当に思うのは、

”人を大事にすること”。

家族でも、誰でもそう。
縁のある人は、できるだけ、自分の力を尽くして、誠実に接していく・・・・・。

当たり前のことかもしれないけれど、とっても大切なこと。

こうやって、タロウが遺してくれたものを大事に大事にしていこう・・・☆

母の電話を切って、あらためてそう感じた、こぱぐなのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-05-31 23:49 | 老パグ・タロウの日々(´ε`)