京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

パグンセラーなんです、タロウは♪ ←カウンセラー(;´д⊂)

宮崎にある我が実家にて、11年半前から暮らしているタロウくん☆

彼は、普段から、母が肉を焼けば、

「ヽ(;´Д`)ノ」

高く澄んだ声でおねだりをし。。。

また、父がほねっこを手に取れば、

「('∇')」

これまた、高く澄んだ声でおねだりをします☆

だって、パグなんですもの。
食べることがだ~~い好きなんです♪

・・・と、一見、食べることばかりなパグ犬、タロウくんですが。。。

時々、家族のカウンセラーになることがあります。
それは、たとえば数年前―。

大事な試験に落っこちて、落ち込んだこぱぐ弟。

「絶対、受かってると思ったのにぃ~~~ヽ(;´Д`)ノ」

おそらく、それまでの人生において、かつてないほどの落ち込みぶりだったこぱぐ弟。
たまたま家人がいなかったため、自然と足は居間に向かい。。。

「(⊃д⊂)」

外はお日様サンサン。
けれど、気分はどんより。

そんな彼が、ふと、気がつくと。。。

「ふがふがふが(TдT)」

いつのまに、帰ってきたのか。
外でひなたぼっこしていたタロウくんが、帰ってきて、悲しみを共にしていてくれたのでした。

後に、こぱぐ弟は言いました。

「あのとき、タロウのあの目に救われた・・・」

と―。

タロウくん、おバカじゃないんです♪
しっかり役に立っているではありませんか~~☆

そして、母はというと・・・言わずもがな。

「はい、タロウ。お昼寝するよ~~Ψ(`∇´)Ψ」

「ふが~~Ψ(`∇´)Ψ」

言葉が理解できたのか、縁側からすぐさまケージに入るタロウくん。
母とのの~~んびりした午後が始まります。

ほら、タロウくん、ここでもしっかり役に立っています。

・・・で、父はというと。

「・・・はぁ(;´д⊂)」

私からの電話を切って、ケージの前に座ります。
そして、ぽつりと話し始めました。

「・・なあ、タロウ。お姉ちゃん、お嫁に行っちゃったよ・・・(TдT)」

「ふがふが(;´д⊂)」

なぜだかわからないけれど、なんだか悲しくなってきたタロウくん。
じぃっと父を見上げます。

「お姉ちゃん、いつまで日本にいてくれるんだろうなあ? 寂しいね・・・(TдT)」

「ふがふが(;´д⊂)」

こんなやりとりを聞きつけ、洗い物をやめて、キッチンから振り返った母。
父のとっても寂しそうな背中を見て、こう思ったのだそうです。

『男親って、寂しがりだわね~~Ψ(`∇´)Ψ』

母は強し、
父は寂し、
そして、タロウは・・・強くて寂しがりやさんなのでした☆

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-10-31 23:30 | 老パグ・タロウの日々(´ε`)