京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ご近所パグ・ペロちゃんに会う2

『家について、荷物を置いたら、狂犬病予防接種のハガキを持ってー、ほしみを自転車に乗せてー・・・・・・』

帰宅したあとの予定を頭の中で確認しながら、ひとり、家に向かって歩いていたときのこと。

飼い主さんと一緒にご機嫌で道を歩くワンを見つけて、ふと、あることを思い出しました。

「そういえば最近、よそのパグちゃんに会ってないなー」

最近、微妙に暑かったり、雨が降ったりで、我が家の近所に少なくとも3パグはいるはずのパグに会う機会がないのを思い出したのです。

ベランダごしに、たまに、ほしみと同じ声で鳴くパグ犬・ララちゃんの声を聞くことはあるんですけどね~。

でも、それくらい。

『なんだかちょっと寂しいな~』

そう思ったときのことでした。

目の前の曲がり角からひょっこりと、ものっすごい嬉しそうな顔をしたパグちゃんと、そのリードを持った男の子が現れたのは!!
しかもこのコンビ、何だか見覚えがあります・・・そう、そうだ、以前、近所で遭遇したパグ犬・ペロちゃんっぽい!!

で、思わず、私は声をかけました。
ビックリしすぎて、挨拶もナシに単刀直入に本題に入ってしまいました。

「ペロちゃん、ペロちゃん、ペロちゃんだよね!?」

「・・・!? う、うん!!」

一瞬、引きつった表情を浮かべながらも、大きくうなずいてくれた男の子を前に、私は、今更のようにあることに気がつきました。

『そういえば私、ほしみ連れてないーーー!!』

物騒な昨今です。
パグの名前を連呼して、いきなり駆け寄ってくるのは、どこからどう見ても不審人物です。

で、慌てて私は自己紹介しました。

「ほしみの飼い主だよ~」←何が”だよ”だよ~~~。。。

「ああ・・・!」

そこで初めて、この不審人物が誰なのか理解したらしき男の子は、にっこりと立ち止まってくれました。

今日も元気なペロちゃんは、私の顔をペロペロペロ♪
それで私がムツゴロウさんばりに、メロメロになっているところで、男の子はちらっと背後を見ました。

「お母さんが一緒なんだ。後から来るよ」

なぬ、”お母さん”ですと!?
ってことは、パグ愛好家?

そうこうしているうちに角を曲がって現れた、男の子のお母さんらしき人。
で、その人を前に、私はというと。

『この人もパグが好きなんだ~。仲間、仲間♪』

と、ニヤけながら見つめていました。。。やっぱり不審人物です。。。

見かねた男の子が、私を紹介してくれてるし。。。

「ほしみちゃんの飼い主さん」

「ああ・・・! 本当にご近所さんなんですね~」

にこやかに話す、男の子のお母さん。

「ぼくのうち、すぐそこなんだよ」

と、嬉しそうに指差す男の子。
そして、お母さんの後ろで、それをニコニコ見つめる女の子。

お散歩大好き、人大好きと言わんばかりにはしゃいでいるペロちゃん。

かわいいなぁぁ~~~かわいいなぁぁ~~~♪

一瞬、着いていきたい誘惑にかられましたが(行くな!w)、今日はほしみの狂犬病の注射に行かないといけないし、早々にお別れ~。

とってもご近所さんだとわかったから、また、会えるといいな♪
今度はほしみも一緒に、ブーブーご対面(再会の巻)をしてみたいと思いながら、ニヤニヤと家へ戻った私だったのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2010-06-21 23:38 | 生パグとの出会い(^_-)