京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー

<   2007年 06月 ( 33 )   > この月の画像一覧

いつものように、

「お手!」

「おすわり!」

「ふせ!」

と、やったあと。

昨日、買ってきたオモチャを並べて、ほしみに尋ねました。

「どれにする?」

以前、買ってあげたバケットのオモチャと同じシリーズの”ペットベーカリーシリーズ”のオモチャたちです☆

d0018475_3202140.jpg


じっと真剣なまなざしで、

「よし!」

の一言を待つ、ほしみ☆

その通りに私が言った瞬間、ある1つのオモチャに飛びつきました。
瞬間、ほかのオモチャを引き上げます。

d0018475_3223310.jpg


約1ヶ月ちょっとぶりにもらえたオモチャ☆
何のパンをかたどったのか、全然わからないオモチャですが、とっても嬉しかったらしく、くわえてステップを数回踏んでいました♪

それから振り回したり、歩いたり、飛び跳ねたり♪

d0018475_3243492.jpg


気に入ってくれたみたいで、嬉しいです☆

d0018475_3311140.jpg

[PR]
by kopug | 2007-06-30 23:17 | ほしみな日々(*´Д`*)

フードを買いに行こう♪

先週のある朝―。

「じゃ、いってきます。こぱぐさん、ほしみのごはんが切れそうだけど・・・」

「わかった。今日、ネットで注文しておくね」

「うん。いってきますー」

「いってらっしゃいー」

数日前のある朝―。

「じゃ、いってきます。こぱぐさん、ほしみのごはんが切れそうだけど・・・」

「わかった。今日こそ、ネットで注文しておくね」

「・・・お願いね。じゃ、いってきますー」

「いってらっしゃいー」

そして、今朝―。

「じゃ、いってきます。こぱぐさん、ほしみのごはんだけど・・・」

「ああっ、わ、わかってる、わかってる~~! 今日こそ、注文しておくから!」

「・・・じゃなくて、もう間に合わないから、今日のうちに買いに行ってね」

「・・・・・はぁ~~い・・・・」

「じゃ、いってきますー」

「いってらっさぁーーーい・・・」


というわけで。

どよーんとした曇り空から、時々、降ってくる小雨を避けながら、ほしみのフードを買いに出かけました。

場所は、T島屋の8階・・・つまり、屋上にあるペットショップです。

「ついでにオモチャ、買っておこ~~っと♪」

フードコーナーへ行く前に、まずはオモチャを探索。
前に来たときに買った、”バケットのオモチャ”の隣のフックにつるされた、同じくパンシリーズの中から、今日は奮発して、残り4種類のオモチャを選択☆

手いっぱいに、ふわふわなオモチャを抱っこして、フードコーナーへ行き、いつもの4Kgを追加して、レジへと向かいます。

すると、さきほどから、レジ係の方と楽しそうに話しておられたおばさまが、こちらを振り向かれました。

「あら、可愛いオモチャ。これ、ネコの?」

柔和な笑顔に、こちらもつられて笑顔になりながら、

「いいえ。犬のです」

「あら、何犬、飼ってはるの?」

「パグ犬です」

「あら、可愛い。こんなにオモチャを買うてもらわはるなんて、幸せなワンちゃんやわぁー」

ニコニコしたやりとり☆
笑顔って、ホントに笑顔を呼びますねー♪
なんだか、こっちまで嬉しくなりました(=´∇`=)

ちょっと曇っていた気持ちが、なんだかすっきり晴れやか☆

『そうね。笑顔でいないと、幸せは来ないものね』

と、1人、納得をして店を出ました。

その後は、ちょこっとした買い物をすませ、重い荷物を引きずり帰宅~☆
外は、雨が降ったりやんだりで、なんだかとっても蒸し暑かったけれど、それでもとっても嬉しい気持ち♪

帰宅したら、ほしみがものすごーーーく大歓迎してくれたので、またちょっと目を細めたりして。

明日から、週末です♪
さてさて、どんなふうに過ごそうかな?
楽しみです☆
[PR]
by kopug | 2007-06-29 21:38 | こぱぐの日常(*'-')

たくさんの出会い♪

蒸し暑い昼間―。

久々にお友達と電話で話しながら、窓を開けて、ふと見上げると・・・微妙な曇り空。
ただ今、散歩中という彼女に、

「あー、こっち(大阪)も今、ちょっと雨がきそうだわ。もうちょっとしたら、この雲はそっちへ行くんじゃないの? 今のうちに、ほしみちゃんの散歩へ行っておいたら~?」

と言われて、

「なるほど~。確かにそうだね☆」

うなづきながら、身支度開始☆
すると、そのタダならぬ雰囲気にテンションが上がったのか、ほしみはぴょんぴょん、大騒ぎ♪

「ほいじゃねー♪」

電話を切って、ささっとリードを用意して、

「おっと忘れるとこだった~~!」

と、思い出したように、にくきゅうクリームを出してきて、ぬりぬり♪
最近、忘れがちなため、ちょっとカサカサになりつつあるにくきゅうを潤わせてから、さっそく外へお出かけしました♪

そしたら、意外とたくさんの出会いがあってビックリ☆
なんだか、とっても嬉しい気持ちになりました(*^-^*)

まずは、いつもの公園にて、マルチーズちゃんと遭遇♪
彼女は、ほしみがまだ、お散歩デビューして間もない頃から会っていて、ちょっぴりやんちゃなお姫様♪

だけど、とっても友好的な可愛い子です☆
飼い主さんも、ちょっとしたお散歩情報をくれたりしますし☆

今日も、ちょっと楽しいひとときを過ごしました。

それから、再び、公園を歩いていると。

「あっ、ほしだ!ほしー、ほしー♪」

振り返ると、ランドセルを背負った女の子が登場~☆
早いもので、もう小学校高学年になった、ほしみの顔なじみの女の子です。

「ほしー、久しぶりやなー。元気にしてたかー?」

しゃがんで、話しかけてくる彼女に、シッポを振って答えるほしみ嬢♪

おうちでラブラドールを飼っているという彼女は、ワンの扱いにもとっても手馴れていて、ほしみは大喜び☆
だけど、飼っているのがラブだからでしょうか?
ちょっとだけ、抱き方も豪快だったりします∑(゜△゜;)

おそるべし、大型犬の飼い主さん☆

やがて、公園を出て、その子達にお別れを告げ、ちょこちょこ歩いて別の公園へ行くと、誰もいなかったのでちょっとだけノーリード☆

するとそこへ、ダルメシアンの女の子がやってきました♪
この子も、ほしみとは何度か会っている”顔なじみ”♪

お互い、ハイテンションにグルグルおいかけっこしたり、マウントされそうになって、向こうの飼い主さんが焦ったり(笑)。
たわいもない会話をしたりして、のんびりしたひとときを過ごしました。

「わーっ、ちっちゃいねー♪ うちも、家にいるときは、ちっちゃい子みたいに可愛がっているけれど、こうやって外に出て、よそのワンちゃんを見てると思うのよね。”やっぱり、うちの子って大きいんだわー”って」

「そうですねー♪ ホント、大きいですね♪」

言いながら、腰を低くしてダルメシアンちゃんに目を合わせると、それまで私に無関心だった彼女が、じーっとこちらを見つめ返してきて・・・そして、

ペロペロペロ♪

アゴにチューされちゃいました(^-^)

ほんのちょっとだけ焦る飼い主さん&ほしみ♪

『そういえば、何かのテレビで、ワンと接するには、その視線の高さまで身をかがめるといいって言ってたっけなー』

と思い出しながら、彼女をナデナデ☆

そんなこんなで、これまた楽しいひとときを過ごし、

「じゃあ、またねー♪」

「さよーならー♪」

と、お別れをしました。

ほしみも本当に楽しかったのか、離れがたくて、そのまま彼女に着いて行ったりして。

けど、私が、

「ほしみーおいでー。置いていくよー」

と、声をかけたら、大慌てで走って来ちゃいました(笑)。

「よしよし、エライエライ♪」

それにしても、我が家ではそれなりに大きく見えるほしみ☆
外に出ると、やっぱり小さいんですねー・・・って、当たり前かもしれませんが(;´д⊂)

まあ、そんなこんなで、今日もとってもいい時間を過ごせたのか、ほしみは帰宅するなりお水を飲んでグッタリ。

扇風機の下で、ぶーぶー眠り始めたのでした☆

「よかったね、ほしみ。明日はどんな日になるのかな?」

そう言いつつ、パソコン開いて、天気予報をチェックした私。





アチャー・・・・・・明日は雨みたいです(;´д⊂)
[PR]
by kopug | 2007-06-28 18:15 | 生パグとの出会い(^_-)
一昨日、久しぶりに徹夜をしたせいでしょうか?

今日は、なんだか力の入らない1日を過ごしました。

・・・なんていうか、こう、体内時計がしっかり動いていないというか・・・夕方と朝方が逆転したような、そんな錯覚を覚えるというか。

・・で、イマイチ、スイッチの入らないほしみはといいますと。

私に合わせて、のんびりしたり、ボーっとしたり。

ワンコは、一番長い間、一緒にいる人に似るって言いますが・・・まさに、そんな感じ。
とってもマイペースに、のほほんとしておりました。

あ、でも私が、リードの置いてあるところまで行ったときは、きちんとお座りして、

「(´・ω・`)」

リードと、私の顔を何度も・・・あつぅーーーいまなざしで見つめるのを忘れずにいましたっけ(笑)。

ふくれているというか、マジメというか・・・。
とにかく、すごく高温なまなざしなんですよねー・・・あれは・・。

私はパグではないからわからないけれど、お散歩って本当に嬉しいんでしょうねー。

めすなのに、男前な顔をするなーと感心する瞬間です(=´∇`=) ←親ばかーん☆

それで私が、

「一緒に行く?」

と、尋ねると、はじめは、

「えっ、今、何て言った!?」

ってな顔になって、そのままたっぷり3秒は固まって。
それから、

「キャンッΨ(`∇´)Ψ」

と、一声鳴いて、辺りをグルグル駆け回るのです。

あの喜びようは・・・本当にスゴイ!
見ていて、なんだかこっちまでが笑顔になる、そんな可愛い光景なのです☆ ←親ばかーん♪



・・・で、今日も一応、お散歩へ行こうとトートバックを持ったところで、ハッとした私。

「あ。トイレシート、そろそろ買いに行かなきゃ!」

思い直して、そのまま自転車のカギを手に取り、家のドアを閉めました。

すると。

「ギャンギャン・・・・ギャン・・ウゥゥ・・・ヽ(`д´)ノ」

すっかり、自分も一緒に行けると思っていたのか、ほしみは大騒ぎ。

まさに裏切られた気分になったのか、どうやら、しばらくの間、抗議し続けていました。

ごめんね・・・ほしみ(;´д⊂)

けれど今は、一応、梅雨ですから。
明日、晴れるかわからない状態で、あんな重たいものを運ぶことを後回しにして、後々、痛い目にあいたくもないですからねー・・・。

とりあえず、そのままホームセンターへ☆

「来週、ダンナ氏ママが来るからな~」

と、いつもより”匂いがしない”、”吸水力バツグン!”なるうたい文句のものを買って、帰宅しました。

・・で、そのあとはお散歩☆

本当に待ちかねていたのか、いつもよりもたくさん飛び回ったほしみ☆
日が暮れた町並みを歩き始めました。

日中は蒸し暑かったけれど、夜になったところで少しマシになったので、ほしみの息も比較的、乱れずに歩き続けることができたようで・・・。

お互い、とってもゴキゲンでお家へ帰ることができました。

そして、ちょっと微妙だった体内時計も、なんとか元通りに♪

やっぱり、ワンコと暮らすってイイですねー☆
大変なこともあったりするけれど、でも、やっぱり、いろんなことをもたらしてくれますし♪

さてさて、明日はどんな日にしようかな♪



・・・・・・あ!

とりあえず、ダンナ氏ママが来る前に、もう一度、大規模な大掃除をやらなくては・・・。。。

あと、ママと一緒に出かけたい場所もピックアップしておかなくちゃ☆

・・と、その前に、ママが台湾へ帰ったあとの飲み会の場所を決めなくちゃ・・・(´∀`)


ちょっとだけバタバタしそうな予感ですが、前向きに楽しみたいと思います♪
がんばるぞー、オーΨ(`∇´)Ψ
[PR]
by kopug | 2007-06-27 23:49 | ほしみな日々(*´Д`*)
ほしみがやってきて、数ヶ月の間―。

もっと言うと、歯が生え変わるまでの間、彼女は辺りのものをやたらと噛んでいました(;´д⊂)

ふっと振り向けば、カミカミ・・・。
じっと見つめていても、カミカミ・・・。
いつでも、カミカミ・・・(;´д⊂)

人間でもそうだけれど、どうやら、”歯茎がウズウズして、たまらない”らしく、やたらとあちこちを削っていたような記憶があります。(;´д⊂)

まあ、本犬とすれば、別になんでもいいってわけではなくて、ちょっとした段差になっている敷居とか、棚の隅とか・・・。とにかく、固めのものの方がよかったみたいですが。

で。

やがて、歯がほとんど生え変わって、あのうずきから解放されたほしみ嬢。

今は何も噛んでいないかといいますと・・・・・けして、そうではなく(;´д⊂)

よく、落ちていたものを拾っては、カミカミ・・・。。。
この調子で、私のリップグロスも、中身が出る寸前までカミカミしてましたし、化粧水のフタもカミカミしていました。。。

もしかしたら、人の子に通ずるところがあるかもしれませんが、

”静かにしてると思ったら、何かをやっている”

んですよねー・・・。

最近では、私の中で何かアンテナみたいなものが発達してきたらしく、

「・・・・むむ! ほしみが何かをやっている!!」

ってな感じで、わりとすぐにピピッときて、

「こら!」

と、一言。
ビクッとしたほしみ。
そこをすかさず、そのままの低い声で、続けます。

「出せ!!」

すると最初は、こちらを上目遣いで見ながら、シッポを小さくふりふりして、まるで、

「ねえねえ、怒らないでよー。いいでしょー?」

と、ご機嫌をうかがうかのようにしているのですが、二度目の、

「出せ!!」

に、ションボリして、噛んでいたものをペッと出したり、こちらが口に指を入れてものを取り出すのに協力したり。

そんな感じで私は、少しボロボロになったものを取り出すのです。

なんだかなー・・・もぉ。。。

でもでも、

「もしね、ダンナさんが大事な本とか置いていたりするでしょう? そしたら、それをほしみちゃんが噛んでしまったとしても、ほしみちゃんは悪くないんです。ダンナさんが悪いんです」

という、くろぱぐさん理論に基づいてみれば、悪いのは私なんですよねー・・・・・・。

テーブルの上に、化粧ポーチを置きっぱなしにしておいた私の・・・(;´д⊂)

けど、一番の原因は、お気に入りのオモチャが壊れたというところにあるのかもしれません。

ほしみが悪いことをするのは、だいたい、壊れたそれらが没収されているときに起きがちですから。

「そういえば、一週間前に、バケットのオモチャを壊して、取り上げたっけ・・・」

それらを踏まえて、ふと、思い出す私。


ほしみのカミカミ行動。
いろいろ理由はあるけれど、一緒に暮らしていくことを選んだわけなのだから、彼女の習性にできるだけ合わせてあげないといけないなーと思う、そんな今日この頃なのでした。
[PR]
by kopug | 2007-06-26 22:46 | パグ考(●´―`●)

忙しい日の中で…

ふと、携帯のバイブ音が聞こえてー。

「あれ?誰かメールでもくれたかな?」

と思い、耳をすませてみると……!

「ぶー…ぶー…ぶー」

な、なんと、ほしみの声でしたガ-(゜Д゜;)-ン!

正確には、のどを鳴らす音みたいなものですが…それにしても、びっくり!

「そっか。ほしみののどの音は、携帯に似てるのねー」

パグとの暮らしは、日々、発見なんだなと思うこぱぐなのでしたo(^-^)o
ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-06-25 22:54 | 携帯電話からコンニチハ(^v^)

雨ですねー。

今日は、日曜日☆

・・・でも、梅雨らしく雨・・・だったので・・・。。。

「今日は出かけようかなーとか思ったのにねぇ・・・」

「ま、しょうがないかー・・・」

ということで、家でちょこちょこ用事を片したり、本を読んでみたり、それからほしみと力いっぱい遊んだりしながら、とっても平和な1日を過ごしました。

まあ、お散歩に行けなかったぶん、ほしみはとっても不満そうに、いつまでも玄関を眺めていましたが・・・(;´д⊂)

以前、ほしみを迎える前に読んだ本で、

”雨の日にいつもお散歩へ行っていなかったら、そのうち、外が雨だと知るたびに、今日は散歩ではないと気付くワンになる”

というような話があったので、このまま、雨の日にはお散歩へ行かなかったら大丈夫なのかな・・・と思ったり。

でもでも、今は梅雨なので、雨が降り続けたりしたら、連日でお散歩は難しくなるってこともあるかも・・・?

「・・・去年はどうしてたかなー・・・」

ブログを読んだりして、過去を思い出しながら、今後の対策を考える・・・そんなこぱぐなのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-06-25 02:42 | ほしみな日々(*´Д`*)
昨日のこと。

獣医さんから電話がかかってきて、

「先日のお支払いをカードでして頂きましたよね? 実は私、うっかりしてて・・・。そのカード、うちの方では取り扱っていない会社のカードだったみたいで・・・。会社の方から、引き落とせないって電話があったんですよ。それでお手数なんですけど、近いうちに、別の会社のカードを持ってきてもらいたいと思ったんです」

とのお話。

”先日のお支払い”とは、ディズニーに遊びに行っているときに預かってもらっていた、あのときの宿泊代のこと☆

『・・・そういえば、あのとき、先生がお忙しいときに取りに行っちゃったからなー・・・。しかも、診察時間外に・・・(;´д⊂)』

そりゃあ、バタバタしますよね・・・。。。

頭の中で思い出して、反省してしまいました。

さっそく、今日、支払いに行って来ました♪

そしてついでに、爪きりもしてもらいました♪

・・とその前に、

「最近、なんだか太ったような気がするんですけど・・。体重も計ってもらえませんか?」

と、お願い。

すると先生、衝撃的な一言をおっしゃいました。

「はいはーい。えっと・・・6.3キロですね☆」

「ろく・・・てん・・・・さん・・・・((((゜д゜;))))!?」

愕然とする私。
それもそのはず、ほしみはつい最近まで、6キロで。
上空から見下ろしても、  ←上空って・・・。。。

「うん、いいくびれが出来てる♪」

って感じだったのですが・・・最近、そのくびれが薄くなってきた・・・・・と言ったらおかしいけれど、凹みが減ったというか・・・。

とにかく、

「アレッ?」

ってな感じになってしまっていたのです。



そう、体型が崩れてきていたのですヽ(;´д`)ノ



でもそこは、わりとアバウトなところのある私ですから。

「ま、気のせいでしょ☆ う○ちがたまってるだけかもしんないし♪」

とか言って、能天気に考えていたのでした。

・・・・・心の奥底で、”ちがう・・・ちがう・・・そうじゃない・・・”って言っている自分を小部屋に閉じ込めてヽ(;´д`)ノ

それがやっぱり、0.3キロ太ってしまったとは。。。

人間の0.3と、パグの0.3は全然違いますヽ(;´д`)ノ



とにかく、私は大混乱ヽ(;´д`)ノ

1人、頭の中でグルグルと、

「てん・・・・さん・・・・・てん・・・・さん・・・・・・ヽ(;´д`)ノ」

と、独り言のように繰り返していました。



・・・で、話は戻って、体重を計り終えたほしみ☆

看護士さんが抱きかかえてくれて、獣医さんがハサミの準備をして。
さあ、爪きりの時間です☆

・・・と、ところが!!

「あれっ、ほしみー。あなたどうしたのー?」

獣医さん、ビックリ!

ほしみはものっすごくイヤイヤを始めました。

獣医さんの手をすり抜けようと、必死でもがき続けます。

でもなんとか、両足の爪は切って・・・さあ、前足・・・とかまえたとき!

「ヽ(;´д`)ノ」

ほしみ、後ろで見ている私に、助けを求めるように、さらに激しくジタバタし始めました。

そのジタバタは、2人がかりでやってもダメだったようで。。。
ついに獣医さんは、もう1人の獣医さんに助けを求めました。

そして、ハサミを交代して、さきほどの獣医さん&看護士さんが抱え込み・・・。

けれどほしみはよっぽどイヤなのか、どんどん呼吸が上がっていきますヽ(;´д`)ノ

・・・で、結局。

「なんとか切れたー・・。まだ長い気もするけど、これ以上切ったら血だらけになるしなー。このへんにしとこかー」

ハサミを置きながら、獣医さんが言って・・・ほしみ解放~。

そのまま床におろされて、待合で待っていた私のところへ、一瞬だけよろけながら戻ってきました。

「この子、よっぽどイヤな目にあったのかなー? こんなに嫌がるだなんて・・・」

はじめの先生が首を傾げると、ほしみは爪きりが終わって満足したのか、ルンルン気分♪
そんな姿を見ながら、私は思い出しました。

「・・・そういえば、前にペットショップで切ってもらったとき、一瞬だけ”キャンッ!!”って言ってましたっけ」

「じゃあ、そのときで懲りちゃったのかなー・・・。あんまり無理して押さえ込んで切っても、パグの場合、軌道がね・・・あれでしょ。だから、呼吸が心配になるのよね」

「なるほどー・・・。こまめに通って切ってもらえば、慣れますかねえ?」

「うぅーん・・・。でも、キライな子はホントにキライだからねー・・。難しいかも」

「そうなんですかー・・・。しっかし、こんなにキライになっているとは・・・(;´д⊂)」

私の知らないところで、ほしみのキライなものが1つ、増えていたとは。。。


よっぽど痛かったんでしょうねー・・・むむむ。。。

そんなこんなで、帰るころにはすっかりテンションも戻っていたほしみ☆

嬉しそうに歩く彼女を見つめながら、私は、

「爪きり、そんなに痛いんだー・・・」

と、1人、つぶやいていたのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-06-24 01:46 | 病院へ行こう('∇')
日々、過ごしていると、ふと、

「なんだか体調が悪いなー・・・」

と感じることがあります。

まあ、この場合は、風邪ひいて高熱があるとか、立ち上がるだけで吐き気がするとか、そんなディープな話ではなく・・・、それほどたいしたことはない言わば”かる~い状態”なんですけれど。

けれど、こじらせてしまったら病院代が勿体無いしと、朝いったん起きたものの、一応、大事をとって休もうとします。

・・・と、そこで、1年前なら―。

出勤前のダンナ氏が、

「そうー? しっかり寝て、体調を復活させてねー」

と言ってくれたりしたので、そんな彼の出勤後、少し休む・・・。

そんなことがあったりしたのですが・・・。。。


ほしみがやってきて以来、そのパターンが変わってしまいました(T-T)


もちろん、ダンナ氏のトコは変わりなく、

「お大事にー」

ってな感じで、出勤していきますが、今までなら一人だったけれど、1年半ほど前からは、そこで私と同じく、お留守番をする子がいます。

黒パグ・ほしみです。

そして彼女は、朝、一度起きたら、なかなか寝かせてくれないという習性を持っているのです(T-T)

・・というのも、ほしみ的には、”ここまでは大丈夫。でも、ここからはダメ”ってな線があるらしく。

「おやすみー・・・」

と、ふとんをかぶった瞬間、シャシャッと飛び掛ってきてヽ(;´Д`)ノ

髪をカミカミ、ベーロベロ、おまけに鼻水プシュン!!

私はというと、

「ひぃぃ~~、やめて~~~ヽ(;´Д`)ノ」

と、叫び、むりやり彼女を抱え込んで、一緒に寝かせようとするも・・・ひらりと身をかわされて、”くのいち”よろしく、ぴょんぴょんぴょん♪

「うぅぅ、こうなりゃ実力行使だぁ!!」

なんて強気なことを言いながらも、布団をかぶってひたすらカバーする私。

けれどほしみは、それすらも遊びとみなしたのか、ひたすらアタックし続けます。

時々、布団の上にまでよじ登ったりして。。。

こうなると、その笑顔も悪魔に見えてきたりして(T-T)

今朝、ふと、そんなパターンが多くなっていることに気がつきました。

今日も起こされ、ほとんど力の入らないまま、ちまちまと部屋の片づけをしている間に・・・。

・・で、何気なく目をやると、さっき悪魔のように飛び跳ねていたほしみは、スヤスヤお昼寝中。

「・・・・・・って、キミだけお昼寝してるし((((゜Д゜;))))!!」

愕然とする私。

いまさらながら、ほしみのマイペースさに恐れ入った・・・そんなこぱぐなのでした☆

・・・え、私もマイペースですって・・・?

・・・・・・・・・・・・・・マ、イージャナイデスカ(´∀`)

おあとがよろしいようで♪ ←?
[PR]
by kopug | 2007-06-23 04:02 | ほしみな日々(*´Д`*)

四十九日です。

昨日のこと。

母から、電話がありました。

「小包、ありがとう。届いたよ」

まずは、一昨日送った小包の到着を伝えて・・・、それから母は涙声で、話を続けました。

「こぱぐさぁーん・・・・・。タロウ、もう、いないんだねぇ・・・」

「・・・うん。それ見たとき、私もそう思ったよ」


”それ”とは―。
今回送った、小包の中にあった写真のこと。

四十九日法要まで、私がこれまで撮影したものの中から選んだものに、PCで文字を入れて、現像してほしいと頼まれていた、タロウの写真でした。

d0018475_0535823.jpg


これは今回、葬儀社に預ける遺骨とともに、おさめる写真。
タロウの生前の姿を残す、大事な大事な写真です。



・・・・・・その割には、通りがかり、たまたま寝ているタロウを発見して、立ったまま、片手だけ下に伸ばして撮影したという、すっごく適当に撮った写真だったりしますが・・・・・・ヽ(;´Д`)ノ



けど、こういうのに限って、なぜか、ほかの気合を入れて撮ったものより出来がよかったりするんですよねー、ほんと。。。



それはさておき。

PCで文字入れをしている時には感じなかったのですが、実際に現像ができて、最寄のカメラ屋さんに取りに行ったとき、私も母と同じことを思ったのでした。


「あぁー、タロウはやっぱり、死んじゃったんだなー・・・・・」


そしてこれは、ワンコに限ったことではないのですが、こうした作業を1つ1つやっていくことが、死を受け入れるという過程なのかなとあらためて感じてみたり・・・。

一見、それほど体力を使うことのない、軽い作業でも、”それをやる”ということは、とても辛いし重いことなので、できれば誰かに代わってもらいたくもなるんですけどね・・・。

けれど、それが生きていくということだから。

母には、つらいことが続くけれど、頑張ってほしいと思いました。
そしてできる限り、支えようと。


・・・で、日付かわって、今日。

午後から、タロウの四十九日法要がありました。

そして、夕方。
実家から電話がかかってきました。

「法要、行って来たよー。タロウ、お空に行っちゃったねー」

昨日と比べて、なんだか元気なのは、父がそばにいるからでしょうか?

『昨日はお父さん、夜勤だったもんね・・・』

そう思い返す私。
すると、母は意外なことを言いました。

「これから、タロウはお空で頑張るんだから、お母さんも頑張らなくちゃね・・・」

受話器の向こうで、自分に言い聞かせるようにゆっくりと。

聞きながら、うんうんうなづく私。

寿命が違うから、たいていの場合、私たちよりも先に逝ってしまうのは仕方がないけれど・・・。

それでも、いなくなったあとに、感謝のキモチがいっぱい残る関係というのは、やっぱり素敵なことだし、そんなタロウに巡り会えた私たちはとっても幸せだな~~・・・と。
家族みんな、とっても悲しいのは、とっても幸せだったからなんだな~と・・・。

電話を切ったあと、そんなことを考えていたこぱぐなのでした。
[PR]
by kopug | 2007-06-22 01:19 | 老パグ・タロウの日々(´ε`)