京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー

<   2006年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧

本日、パソコン修理中…

アップしたい写真が、あったのに…(T_T)
[PR]
by kopug | 2006-09-30 23:52 | 携帯電話からコンニチハ(^v^)
「眠い・・・(;´д⊂)」

「頭が重い・・・(;´д⊂)」

「だるい・・・(;´д⊂)」

こんな感じだった、今日1日―。
大学生活後半から、就職して、退職する今まで・・・。
まあ、それだけ長い間、続いていたリズムを変えるのだから・・・、当然といえば当然なのかもしれませんが・・・。

正直、ここまで体にくるとは思ってもみませんでした・・・。

ああ、おそるべし・・・生活改革。。。

そんなときは、ぜひぜひ、ほしみに”癒し係”としての責務をまっとうしてほしいのですが・・・、そのへんは、残酷なもので。

今日、こんなことがありました。

それは、干してあった洗濯物を取り込んだ夕方のこと―。

待ち合わせをしていたので、たたむ余裕もなく、

「ま、いっか。帰ってきてから、やろうっと!」

和室に放置。

そのまま、慌しくバッグを持って、出かけます。

そして、それを、

「イカナイデ~~ヽ(;´Д`)ノ」

とばかりに、不安げな表情で追いかけるほしみ。

でも、待ち合わせをしていますから・・・。
そんな彼女につきあっているヒマもなく。

ガチャガチャ

かぎをかけて、出かけよう・・・としたのですが。

マンションの入り口に下りたときに、忘れ物をしたことに気付いて、逆戻り!

ふと、かぎを開けようとした私は、思いました。

『もしかしたら、今、ドアを開けたすぐそこに、ほしみが鎮座しているかもしれない! で、私の姿を見るなり、シッポをフリフリ、とびついてくるかもしれない!』

膨らむ妄想・・・。

ドアを開けるなり、手を広げる私の胸に向かって、

「ふが~~~(TдT)」

と、飛び込んでくるほしみ☆

そんな光景を夢見ながら、ドキドキしながら、ドアを開けると・・・そこには!!

「・・・ありゃ?」

誰もいませんでした。。。

「おかしいな・・・。本棚前の”別荘”かな?」

と、歩き出すも・・・いません。

その目を上げて、洋間を見ます。

「ケージは?」

いません。。。

瞬間、私の頭に、イヤ~~~な予感がよぎりました。

「も・・・もしかして・・・('Д')」

おそるおそる、そ~~~っと和室をのぞくと・・・そこには!!

「Ψ(`∇´)Ψ」

ステップを踏みながら、あちこちの臭いをクンクンクン♪
ついでに、ダンナ氏のくつしたをカミカミしながら、嬉しそうに振り回すほしみの姿がありました!

・・・なんてことでしょう!
・・・というか、ほかに人がいることに気付かないって、なんて鈍いパグちんなんでしょう!!

いろんな思いが頭をよぎった私。

迷わず、こう、叫んでいました。

「こらっ!!! なにやってんの!!!」

すると・・・。

「('Д')!」

ぽとっと靴下を落としたほしみ。
そのまま、はっと振り返って・・・そこに私の姿を見つけ、今度は大喜びで走り寄ってきました。

「・・・なんなんだよ・・・もぉ・・・(;´д⊂)」

感動の再会が、思わぬ現場を見てしまったな~~と悲しむこぱぐなのでした。

~今日の教え~
①外出時は、和室のふすまは閉めよう
②ほしみは、私達が外出しても、意外と早くに立ち直る

ちゃんちゃん(TдT)
[PR]
by kopug | 2006-09-29 23:04 | ほしみな日々(*´Д`*)

生活改革実施中~~☆

ども~~☆

プチ時差ぼけ状態で、なんだか、ぼけーっとしているこぱぐでございます。

・・・というのも、最近、ダンナ氏の仕事が忙しくて・・・、それで、できるだけ早く寝るようにしようということになり。。。

遅くとも12時前には、寝てしまおうという話になったのです☆

で、ほしみのお散歩も、午後10時前後から、午前中の涼しい時間帯へお引越ししちゃいました。

その2日目ということもあって、まだまだ、体が慣れないほしみ嬢は、夕食が終わると・・。

トットットット♪

ニコニコと、パグステップを踏み始めるのです(;´д⊂)

そのたびに、心を痛めて、

「ほしみ~。朝、あんなにお散歩に行ったでしょう?」

と、頭をナデナデする私。。。

あ~~~、早く、慣れてくれないでしょうか?

・・・って、私自身が、なかなか慣れないんですけどね~~。。。

午前2時前後に寝ていたのを2時間早めて、午前中は二度寝の誘惑を断ち切って・・・。

ハッ('Д')

もしかして、私・・・・ダメ主婦になってたかも・・・('Д')!?

・・・・・・まあ、これから、頑張るってことで♪

今日も、朝から、ほしみの散歩へと行って来ました。

あやねえさんとこのさなちゃんに鍛えてもらったためか、わんこ同士の挨拶も、ずいぶんできるようになりました。

今日も2わんこに、出会ってクンクンクン・・・♪

お互い、鼻を突き合わせて嗅ぎあったあとは、今度はおしりの臭いを確認~☆
このとき、なぜだか、クルクル回ります。

そして、納得するまで臭いをかがせ・・・・ていたら、それこそ、日が暮れてしまうので(笑)、

「じゃあ、さようなら~~」

ころあいを見て、引き剥がします。

・・・と、ここで、気になることが起きるのです。

「わんわんわんっヽ(`Д´)ノ」

吼えられるんですよね、なんか。。。
で、ほしみも吼え返したりして。。。

2匹とも、臭いを嗅ぎ合っているときは、シッポをフリフリしているのに。

なんでかな~~~、ケンカでしょうか?
でも、それほど、気に入らないって感じにも見えないし。。。

「うぅ~~~ん・・・なんなんだろ???」

首をひねる私。

けれど、そこでほしみが、ぶるぶるっとして、いつものステップを踏みながら歩き始めると、

「ま、いっか~~~、そのうちわかるでしょ。挨拶ができるようになっただけで、ずいぶん進歩してるんだしね~~♪」

親ばか丸出しの笑顔で、散歩を続けたのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-09-28 22:24 | ほしみな日々(*´Д`*)

座椅子でお留守番?

「は~~っ、着いた♪」

夕食の買出しを終えて、自転車を止めた私。

カゴにいっぱい詰まった買い物袋を、順順に取り出して、手に持ち替えます。

「お洋服の袋と~~、野菜の袋と~~、飲み物の袋と~~、ドラックストアの袋~~、それからミスドの箱~~」

あと、今日は荷物が多いので、あらかじめ、バックから鍵を出して・・・準備完了☆

さっそく、我が家へと上がっていきます♪

到着し、鍵穴に鍵を差し込み、ドアを開けると・・・走ってきました! 黒い影が!!

「ハッハッハッハッ・・・('∇')」

シッポふりふり、大喜びのほしみ嬢です。

靴を脱いで上がる足にからみつく彼女を、なんとかかわして、キッチンへ到着~☆

冷蔵庫へ入れる前に、荷物を置きました。

すると・・・、

「('∇')♪」

さすがはわんこです、ほしみ嬢☆
他の袋には見向きもせずに、ミスドの箱へと直行しました~。

「フンフンフンフン・・・(?_?)」

あま~~いにおいがするのでしょうか?
目を飛び出すばかりに、意識を集中して、匂いを嗅ぎます。

それを、

「かわいいな~~♪」

と、見ていた私。

数秒後、はっと我に返って、

「だめっ!! これは、ママとパパが食べるの!! 今日は100円DAYだから、特別に買ってきたのよっ!」

ちなみに、この"特別に”は、ダイエット中なのにという、自分への言い訳だったり・・・(笑)。

それはともかく、箱を非難させ、冷蔵庫へ買ってきたものをしまって。。。

「・・・小腹がすいちゃったな・・」

時計を見ると、午後3時過ぎ―。
ダンナ氏が帰ってくるまでに、まだまだ時間があります。

「どうしよっかな~~~?」

ほしみに問い掛けて、彼女が首をかしげたのを見て。。。
私はひらめきました。

「そうだわ♪ 本でも読みましょう♪」

さっそく座椅子に乗って、読書タイム~~~♪
・・・と、ほしみは当然のように、椅子に座ってきます。

「・・・ちょっと、ほしみぃ~~~、邪魔しないでよ~~~」

でも、ほしみは椅子に座り、私のおしりの辺りをカリカリカリ~~とひっかきますヽ(;´Д`)ノ

「なにすんのよ~~、もぉ~~~!」

・・・と、怒ろうとした瞬間でした。

ピー

おしりの下で、何かが鳴ったのは。。。 ←おならじゃないですよ、念のため

「え?」

びっくりして、立ち上がると・・・そこには、ほしみのお気に入りの”にんじんのおもちゃ”がありました。

「にんじんなんか・・・置いていったっけ?」

首をひねる私。
当然、そんな覚えはありません。

そして、やっとにんじんを取り返して、大喜びのほしみ☆

「もしかして・・・、私がいない間に、座椅子に伏せして、にんじんで遊んでた・・・?」

そういえば、ほしみの実家のオーナー・くろぱぐさんが、こんなことを言ってましたっけ。

「犬って、飼い主の臭いが、一番、興味があるんですよ~~♪」

最近、愛用している座椅子―。
もしかしたら、ほしみ的には、ここが一番、私が近く感じれる場所だったのかもしれません。

・・・で、そこで私をじ~~~っと待っていた、と・・・。

泣かせるじゃあありませんか、ダンナ氏♪ ←まだ、帰ってないし。。。

親ばか全開で、ほしみを抱きしめ、

「可愛い奴だね~~~、キミは~~~♪」

と言った私は、その後・・・。

「ダメ、これはあなたは食べれないの!」

「フンフンフン('Д')」

ほしみの魔の手(?)をかわしながら、1人だけ、バナナをかじっていたのでした。

「・・・親ばかとバナナは、別の話なのよぉ~~ん、ほしみちゃん♪」

なんて、悪魔みたいな顔をして笑いながら。。。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-09-27 23:49 | ほしみな日々(*´Д`*)

お昼前の初散歩☆

「午前中か―」

つぶやくのは、カレンダーの前―。
書いてある予定を、頭の中で配分していって・・・、もう一度、つぶやきました。

「午前中か―」

そう。
今日は、ジムに行く日♪
行くのは午後だから、・・・その他の予定をどんどん詰め込んでいくと、残った場所は。。。

「やっぱり、午前中しかないか・・・」

ため息を落としたその先を見つめると・・・そこにいたのは。

「フンフンフン・・・('∇')」

ほしみ嬢でした。

・・で、私はそんな彼女と、じ~~~っと見つめあい・・・尋ねたのでした。

「一緒に行く?」

「('∇')?」

首をかしげるほしみ☆

それで、ためしにリードを見せてみると。

「∑(゜△゜;)」

と、一瞬、驚いて固まってから・・・、

「Ψ(`∇´)ΨΨ(`∇´)ΨΨ(`∇´)Ψ」

そこらじゅうを走り始めました。

・・・というわけで、涼しい今日☆
初めての”午前中お散歩”をすることになりました。

アスファルトに降りるなり、全力ダッシュをしようとする彼女に、

「まだまだ~~~。今から飛ばしてちゃ、ダメだよ~~ε=(~Д~;)」

引き止めて、どんどん歩きます。

そして、時折、立ち止まった彼女が、

ぶるぶるぶる~~~~~

っとして、

タンタンタタン♪

と、お決まりのステップを踏んだあと、また、歩き始める・・・そんなことを繰り返して、通りかかったスーパー前―。

駐車場整理のおばさまに、話し掛けられました。

「あら~~~、あんた、可愛いね~~♪」

”犬好き”オーラを感じ取ったのか、即座に飛びつくほしみ。

「Ψ(`∇´)Ψ」

「こらこらこら~~~・・・。汚しちゃうでしょう?」

「いいわよ~、これくらい。ねえ、あんたは汚くないもんね」

「Ψ(`∇´)Ψ」

しばし、喜びタイム~~♪

今日、初めてのふれあいが、よっぽど嬉しかったのか、ほしみ、歩き出すときに何度も何度も振り返っておりました。

・・・で、こころなしか、テンションが少しダウン・・・。

かと思いきや。

「おっ。お散歩か~? よかったな~~♪」

ビルの前で掃き掃除をしていたおじさんが、すれ違いざまに、ほしみの頭を撫でてくれました。

「Ψ(`∇´)Ψ」

即座に、テンションが上がるほしみ☆
おじさんを見送りながら、ぴょんぴょん飛び跳ねていました。

「・・・って、ほしみ~~~。恥ずかしいよぉ~~~~(⊃д⊂)」

赤面しながら、なんとかなだめて歩き始めます。

ビデオショップが見えてきました。

・・・と、その前に着いたとき。

「あら~~~、わんちゃんだ~~~」

1,2歳くらいのお子さんを連れたママさん軍団に、声をかけられました。

「Ψ(`∇´)Ψ」

喜ぶほしみ☆

ママさんの1人が、頭を撫でながら、私に尋ねます。

「これ、パグ?」

「はい、パグです~~♪」 ←最近、ブルって言われて凹んだので、とても嬉しかったり(笑)

すると、別のママさんいわく。

「え、黒いよ~~?」

それをきっかけに、ママさんたちが、次々と声を上げられました。

「あら、ほんとだ! 黒いわ~~! 私、黒は初めて見た~~~!」

「わ~~~、黒い~~~!!」

「黒って、珍しいのよね~~。茶色は、あちこちにいるけど・・・」

「ほんとに黒いね~~」

あまりの”黒”の嵐に、私はちょっとタジタジ・・・。

『・・・こんなに、黒、黒って言われたのは、初めてかも・・・』

ちなみに、ほしみはやっぱり、ぴょんぴょんしていましたが。。。

・・・というわけで、”黒”の会話が落ち着いたところで、サヨウナラ(^。^)/~~~

少し疲れたほしみをバッグに入れ、ビデオショップに入ります。

「え~~っと~~~。今日は、コレにしようっと♪」

ルンルン気分で、カウンターへ向かった私☆
さっそく、DVDを差し出します。

「いらっしゃいませ。会員カードをお願いします~」

「はいは~~い、カード、カード・・・・・・♪」

お財布を開けて、探し始めます。

「('Д')!!」

・・・そして、1時間後―。

「あぁ~~~、もぉ、意味ねぇぇ~~~~ヽ(;´Д`)ノ」

帰宅し、今度は自転車に乗って、再びレンタルショップへ向かう私の姿があったのでした。

ちゃんちゃん(;´д⊂)
[PR]
by kopug | 2006-09-26 22:55 | ほしみな日々(*´Д`*)

座椅子、登場☆

突然ですが、我が家にはソファがありません。

家具屋さんの前を通りかかったり、通販カタログを見たりするたびに、

「いいなぁ~~~・・・(*'-')」

と、ため息をつくものの・・・、でも、我が家は2DKの狭いおうちですから・・・。

いまだに、こう・・・思ったような・・・、ステキなソファを手に入れることができずにいるのです。

「きっと、今より、うんとオシャレな感じな家になるんだろうけどね~」

あと、腰にもいいはずですし~~・・・。

・・・というのも、私は椎間板ヘルニア持ちで、わりと腰にきちゃいやすいのです・・・(;´д⊂)

困った、困った。。。

・・・というわけで、昨日の夕方―。

久々にファミレスで食事をした帰り道、いつものホームセンターに立ち寄ったとき、ダンナ氏が言い出しました。

「こぱぐさん~。座椅子、買ってみない?」

「座椅子? 座椅子って、あの・・・ちょっとダサいやつ?」

眉をひそめる私に、ダンナ氏は、腰痛の大変さと座椅子の便利さを切々と訴え・・・。

「じゃあ、見に行くだけ行ってみる・・・」

ようやく、私のハートをGETすることに成功し、家具コーナーへと向かったのでした。

でも、正直、そんなに気乗りしてませんでしたから・・・。

コーナーに着くなり、ちょっと投げやりに、

「あー、これ、ちっちゃいね~。じゃあ、これにする~」

と言っちゃったりして。。。

慌てたダンナ氏に、

「いいの? 本当にこれでいいの?」

と、念押しされて・・・、ちょっとため息。

「わかった~。マジメに選ぶよぉ~~~・・・」

「マジメじゃなかったのかよ・・・もぉ・・・」

あきれるダンナ氏とともに、少ない商品に座り始めました。

で・・・。

「あ~~でもない、こ~~でもない」

と言った結果―。

「これ、いいなぁ('∇')」

ようやく、決定~~☆

黒くて、ちょっと長めの背もたれと、肘置きがついた座椅子です♪

ただし・・・。

「えーーーっ、こんな、定年退職したお父さんが使うようなのが、いいのーー?」

と、ダンナ氏が言うような、そんな座椅子ですけど・・・ヽ(゜ー゜;)ノ

「いいじゃん~。すわり心地がいいんだし~~♪」

上機嫌の私に、ダンナ氏は何度も、念押しします。

「でも、いいの? こぱぐさん、まだ20代なのに?」

「いいの、いいの~~♪」

「ほしみにかじられるかもよ? "美味しい~~、この偽皮~~♪”って」

「”にせかわ”って何よ・・・。いいの、いいの~~♪ きっと、ほしみはこれを気に入らないだろうし~~♪」

「そんなことないよ~~。気に入って、カジカジするよ~~~!」

「そんなことないよ~~。ほしみはフワフワしたものが好きだから、こんな固いものは嫌いだよ~~。へへへ~~♪」

「・・・じゃあ、それにしよっか~~・・・」

そして、エッチラオッチラと持って帰ったのでした。

・・・で、今日―。

「ちょっとトイレ~~♪」

と、読んでいた文庫本を置いて、立ち上がり・・・戻ってきてみると!

「スースー・・・(つ∀-)」

d0018475_22393011.jpg


「((((゜Д゜;))))!?」

ほしみです。
ほしみが、熟睡しています!

私が無理やり、椅子に戻っても、テコでも動かずに!!

「がーーーん・・・。もしかして、このままじゃあ、ガブガブされる日も近い・・・?」

ちょっとショックを受けながらも、意地になって、そんな彼女と場所を取り合う私なのでした。

ちゃんちゃんヽ(;´Д`)ノ
[PR]
by kopug | 2006-09-25 22:44 | ほしみな日々(*´Д`*)
もう、すっかり充電完了したのか―。

ほしみは、とっても元気でした☆

でも・・・、はしゃぎすぎた飼い主は、そうではなかったようで。。。

「うぅぅ・・・。ほしみぃ~~~、もうちょっと静かに・・・じぃ~~っとしておいておくれ~~~」

と、お昼寝モード☆

それならばと毛布の隅っこに丸まって、一緒にお昼寝をすると・・・。

「うぅ~~~、動けないぃ~~~ヽ(;´Д`)ノ」

ほしみが重石になって、なかなか寝返りをうてずに、ついには金縛りにあった夢を見てしまったのでした。

「・・・うぅぅ、うまく眠れなかったぁ~~~・・・(;´д⊂)」

ガッカリすると同時に起きたのを見て、ほしみも飛び起き、ぴょんぴょん跳ね始めたのでした。

そして、外出するときは、まるで、

「今カラ迎賓館行クノ~~~!?」

とばかりに、もう、ありえないくらいに大騒ぎ☆

でも、当然、連れて行ってもらえるはずもなく・・・しかもお留守番。。。

「ε=(~Д~;)」

夢のようなことは、そうそう続かないと思ったのでしょうか?
ガッカリしながら、二人を見送るほしみなのでした。

「ご飯食べたら、すぐに帰ってくるからね」

と言う、そんな私達をうらめしそうに見上げながら。。。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-09-24 23:54 | ほしみな日々(*´Д`*)

今日はオフ会♪

今日は、祝日☆

というわけで、先日行った、ドッグアミューズメント迎賓館―。
こちらで、パグオフ会があったので、またまたやってきました。

前回と同じように、立ち止まってポーズを取らせようとした私達。
すると、ほしみは向きを変えて、入り口を見つめました。

ほしみ「・・・ん? あれは、待ち合わせたlimeくんとangelさんではないか?」

d0018475_20572558.jpg


そしたら、振り向かれたお姉さんがいらして、一言・・。

「もしかして、ほしみちゃんですか~?」

「おぉ、もしかして、angelさんですか~!?」

ってなわけで、ご挨拶~~☆

そして、エレベーターにて2階へGO~~♪

会場のドッグカフェまでやってきました。

d0018475_21294883.jpg


開始時間まで、あと数分―。

行列のできた入り口で、まずは会費を支払って~~、ノートに飼い主の名前とパグちんの名前を書いて~、名札とペンを受け取り、さくさくっと記入します☆

d0018475_21342042.jpg


そして、席へ移動~~♪

今日も一緒のあやねえさんが座るテーブルへ、みんなで腰掛けます。

d0018475_21364238.jpg


ほしみ「limeくん、そのアロハ、決まってるね~~♪」
limeくん「そう~? ほしみちゃんも似合ってるよ~~♪」

なんて話でもしているのでしょうか?
向かいにいる、さなちゃんはというと、ちょっと回りが気になるご様子☆

参加者パグちんは、30わん近く。
それだけいれば、当然です~~♪

終わる頃には、カフェの方も、

「いつもこんなに集まるんですか~~!?」

って、びっくりしておられましたし♪

・・・と、そんなこんなで、気付けば13時♪

主催者さんの言葉とともに、オフ会が始まりました~~♪

迎賓館のスタッフマネージャーさんからも、ご挨拶です~~☆

飼い主さんのそばで、パグたんも熱心に聞いております(?)

d0018475_21432815.jpg


ほら、こちらも♪

d0018475_21453137.jpg


やがて、それぞれの自己紹介を終えて、・・・さあ、ご歓談タイムです~~♪

ほしみ、先日、ここで買った赤いシャツに袖を通し、ルンルン気分で歩き回り始めました。

その横には、angelさんに甘えるlimeちゃんの姿が・・・。

d0018475_2241264.jpg


ほしみと同じく、オフ会は初めてというlimeちゃん。
初体験が、いきなり多数パグで少し動揺しているのでしょうか?

『ごめんね、angelママを誘っちゃって♪ でも、これを機会に、また、limeちゃんと遊びたいのよ。許してね♪』

と、心の中で詫びて、あちこちに目を転じました。

”わきあいあい”です♪

d0018475_21535288.jpg


d0018475_21551133.jpg


d0018475_21555757.jpg


おぉーっと、ぶたさんの着ぐるみ、決まってるね♪

d0018475_220181.jpg


ほしみ「あっ、あのフリフリ服、かわいいな~~。ママ、買って~~・・って、ママちゃうし!!」

d0018475_2214419.jpg


さなちゃん「私も楽しいわよ~~♪ チュ~~♪」

d0018475_223075.jpg


パグ渋滞が起きてます(笑)。

d0018475_2241723.jpg


そして、そんな状況に、limeちゃんはビックリ(;゜0゜)

d0018475_2245564.jpg


若い♂パグ、さなちゃんの魅力に負けたのか、せっせと追い始めました。

d0018475_2272923.jpg


ほしみも、ついでにご挨拶します☆

d0018475_2285083.jpg


そして、angelさん、limeくんを抱っこして群れの中へ~~☆

d0018475_2211081.jpg


limeくんに、次に会えるために・・・私も心の中で応援しましたヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸 ←心の中だけっ((((゜Д゜;))))!?

そして、戻ってきたlimeくんに悪戯しようとたくらんだダンナ氏。
彼のいるカートのすきまに、ほしみを入れてみました。

「よっし、これで、ほしみと一緒だよ~~♪」

でも。。。

シャイなlimeくんは、飛び出していってしまいました。

ほしみ「寂しいな・・・。でも、それにしても、limeくん、すごい運動神経だね(*^-^*)」

d0018475_22142094.jpg


疲れたのか、テーブルの下に座ったほしみ☆
すぐさま、パグちゃんがやってきて、グルグルし始めました。

こぱぐ「・・・って、足元でかよ~~~ヽ(;´Д`)ノ」

d0018475_22205244.jpg


そんなこんなで、今日の人気投票ナンバー1のでかパグちゃんと一緒に、”ハイ、チーズ♪”

ほしみ「す、すごく大きいよぉ~~~ヽ(;´Д`)ノ」
でかぱぐちゃん「まいったか('∇')」

d0018475_22224871.jpg


・・・さて、さきほどから、♂パグちゃんに気に入られて追いかけられていた、さなちゃん。
気付けば、こんなことになってました!

d0018475_2226120.jpg


・・・・・あやねえさん・・・、お疲れ様です!!

で、それを同じテーブルから見つめるのは、limeちゃん☆
席を外したangelさんに代わって、ダンナ氏が抱っこしています☆

d0018475_22273686.jpg


そして、テーブルの下から見上げるほしみ☆

d0018475_22285720.jpg


・・・というわけで、終始、なごやかなムードのまま、会はお開きに・・・。

最後に、記念撮影です~~♪

d0018475_2234943.jpg


limeちゃん「きれいに撮ってくれた?」

d0018475_2236505.jpg


「おつかれさま~~~♪」

「ありがとうございました~~♪」

「またね~~♪」

たくさんの声とともに、解散。。。

そんなとき、angelさんが、カフェのレジで何やらお買い物をされ・・・、その様子をlimeちゃんはじ~~っと見つめていました。

limeちゃん「何、買ったの?」

d0018475_22391992.jpg


さてさて、オフ会は終了しましたが、せっかく来たのに、これだけじゃあ寂しい♪

というわけで、ほしみは生まれて初めて、階段をのぼり・・・、

d0018475_2241095.jpg


何人かの方と一緒に、屋上のドッグランへ上がりました☆
頭上にテントが張ってあって、日影がある、パグちんにとってはありがたいドッグランです☆

さあ、先客のミニチュアダックスちゃんにご挨拶です~☆

d0018475_22421124.jpg


でもやっぱり、ちょっとだけ疲れたみたいです(^-^;)。

d0018475_22433134.jpg


男気あふれるlimeちゃん☆

d0018475_22454375.jpg


ほしみは、なんだか、だらんとしていたので、服を脱がしてあげることにしました。

ほしみ「見ちゃイヤ~~ン(;´д⊂)」

d0018475_2247347.jpg


残ったパグちゃんずで、記念撮影をしました。

d0018475_22481677.jpg


同じ椅子に、パグのうなぎちゃんがやってきました。

d0018475_22541613.jpg


ハワイアンの花飾りが、とってもよく似合います♪
こんな感じも、ステキですね~~♪

オフ会は終わったというのに、なんだか、まだまだ”わきあいあい”です☆

ほしみ「疲れちゃった・・・」

d0018475_22493195.jpg


でも、また遊んでるし。。。

d0018475_22505313.jpg


そんなこんなで、ついにこちらもお開きに♪

みなさんとお別れして、ドッグカフェでお茶することにしました♪

ほしみの今日のメニューは、”むらさきいものモンブラン”です☆

d0018475_22565920.jpg


おーっと、ほしみ嬢!
食べ方のコツをつかんだのか、今日は食いつきが早いです!!

d0018475_22575919.jpg


ぺろぺろぺろ~~~の、がぶっと♪

d0018475_22585658.jpg


あっというまに完食しちゃいました。

d0018475_230396.jpg


「はやっ!! ・・・私達のぶん、まだ来てないのに・・・(;´д⊂)」

もらったお水を満足そうに飲む彼女を眺めながら、私達はうなづきあったのでした。

やがてやってきたデザートを食べた私達は、帰途へつき。。。

帰り着いたあと、ほしみは満足したかのように、グーグー眠ってしまったのでした。

参加者のみなさま、お疲れ様でした~&ありがとうございました~♪

主催者さんは、もっとありがとうございました~~♪

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-09-23 20:53 | 生パグとの出会い(^_-)

今から…

大阪に行きます☆
パグオフ会なのです♪

あぁ、めっちゃ楽しみ~(^-^)/
[PR]
by kopug | 2006-09-23 11:44 | 携帯電話からコンニチハ(^v^)
これぞ、文化の違いってやつでしょうか?

・・・なんて、いきなり書くのは、訳がありまして。。。

我が家は、ご存知の通り、夫が台湾人、妻が日本人の国際結婚カップルです。

だから、テーブルマナーやら何やら、細かな違いがあったりして、そのたびにびっくりしたりすることも多いのですが・・・。

今日、新たな違いが発覚しました。

それは・・・・・”夜道を女性が1人で行くのは、必ずしも危険ではない”という感覚を持っているということ。

私が田舎の人間だからでしょうか?

ずっと小さい頃から、

「女の子は、夜道を1人で歩くもんじゃないよ」

と、言い聞かせられてきました。

だから、特に疑いを持つことはなく・・・。

『そうか。夜道を1人で行くのは、危ないんだ』

と、当たり前のように認識していたのであって。。。

当然、進学しても、社会に出ても、そうじゃない意見を聞くことはなかったし、実際、そんなもんだと思っていたのですが・・・あらびっくり!

人生の伴侶である、我がダンナ氏は、全然、そうじゃないと思っていたみたいです。

いや、厳密に言うと、”危険でない道なら、夜、何時でも、1人で行っても、全然大丈夫”ってことらしいのですが・・・。←その”危険でない道”ってのが、多すぎる(゜▽゜;)

私にとっては、それもびっくりで。。。

そういえば、以前、親戚のおばさんに、

「夜道を歩くだなんて、危険よ~。こぱぐちゃん!」

って言っていたのを、

「大丈夫~~。うちの近くは安全だから♪」

なんて、のほほんと返していましたっけ。。。

心配してくれたことといえば、飲み会で遅くなることぐらい・・・。
これはたぶん、道が危険云々という話ではなくて、千鳥足で、あちこちふらつく私の心配なのでしょう。

私の常識と、彼の常識の相違―。

別に私が犯罪に巻き込まれていないから、問題はないのかもしれないが・・・。
・・・というか、巻き込まれたら、心配してくれるのか!? と思ったり。

「うぅ~~~ん、国際結婚って・・・難しい・・・(;´д⊂)」

と、改めて思った、深夜のビデオショップ―。

ためしに、12時までうろついてから帰ったのですが、やっぱり、フツーにこう言われて終わりでした。

「あ、おかえり~~♪」

・・・・・・・なんだか、・・・うまく言えないけれど、不快度指数、急上昇!

「いいよ、もう!! 明日、ほしみと一緒に出かけて、ふたりだけで楽しんできてやるから!!!!」

気分転換にゲームにいそしむダンナ氏の後姿に向かって、イーッとした私なのでした。

ちゃんちゃんヽ(`Д´)ノ
[PR]
by kopug | 2006-09-22 23:28 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)