京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー

<   2005年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

特にこれと言って予定のない、そんな朝―。

ダンナ氏ママ宛てに電話をかけてきたのは、叔母さん―。
つまり、彼女の妹さんでした。

「あのさ~。私、花市に行きたいのよね。送っていってくれない?」

「あら、じゃあ、うちの息子と嫁も一緒に連れて行こうかしら? 予定もないみたいだし」
そんなやりとりがあったかは不明ですが(だって中国語わからないんだもん)、とにかく、ダンナ氏ママに誘われて、ダンナ氏と私は車に乗って出かけていきました♪

途中、妹さんを拾って、さあ花市場に到着♪

なが~~いバイパスの下に、ずらりと並んだ店の数々―。
なんでも、骨董市と花市と鉱石市ってな具合に、順番にゾーン分けしてあるそうで。。。
d0018475_036848.jpg


「へ~~、すごい人だね~~♪」

初めての場所に、半ば興奮気味の私。

「じゃね~~♪」

入り口で手を振る叔母さんと別れて、さあ、探索です♪

「まずは骨董市~~♪」

100メートルはあろうかというゾーンに、ぎっしりと並ぶお店♪

なにやら、高そ~~な置物から、なぜだか、アニメのフィギュア(しかも、なぜか手作り)まで。。。

どこからどこまでが骨董なのか、よくわからないものがたくさん並んでいました。

「あ、健康グッズだ」

「あ、石鹸?」

「あ、青汁?」

「あ、木の仏像!」

たまに骨董市に行く私からしてみれば、かな~~りの衝撃!
いやぁ、台湾、おそるべしです・・・Σ(゜д゜|||)

…で、首をひねりながらも、上がりまくったテンションを覚ますために、一休み♪

あいにくの小雨模様だったけれど、公園では花の展覧会の真っ最中♪

たまに、盲目の方が歌を歌って喝采を浴びているのを目にしたり(←休日にやる小遣い稼ぎみたいなものなんですって)。
遊具で遊びまわる子供たちを見かけたり。

みんな、雨なんてなんのその☆

思いっきり、休日を楽しんでいます(*^-^*)

自販機のジュースも、まあまあ売れているみたいですし♪

d0018475_36313.jpg


…アクエリアスって、水瓶座なんですね。。。
知らなかった…。
ていうか、日本で大好評って…人気ないのかな??

とまあ、あちこちウロウロしたあと。
せっかくの花の展覧会☆
私も記念に撮っちゃいました♪

d0018475_37951.jpg


花の展覧会―。
ダンナ氏が看板を読んでくれることには、なんでも、1つの団体でテーマを決めて、作品を作り上げるものだったようです☆

「へえ~~。入る前は、盆栽みたいなのが、ただひたすら並んでいるって思っていたけどね~~。びっくりだわ」

「そかそか~~」

傘を広げたり、閉じたりしながら、お空とにらめっこしつつ歩く私たち。

「じゃあ、市場に戻ってみようか~~♪」

ダンナ氏の提案にうなづいて、私は交差点を渡り、バイパス下まで戻ってきました。

…だから、写真のフクロウのテーマが何なのかは、見落としてしまいましたが…。←ダメじゃんヽ(;´Д`)ノ

さてさて、花市です♪

たくさんの人、人、人♪
たくさんの花、花、花♪
そして、たくさんの果実、果実、果実……

「…って、えっ!?」

思わず足が止まりました。

「ダンナ氏、これ、何!?」

「ああ、梨」

事も無げに返事した彼は、そのまま、私の手を引っ張っていきます。

「え、え、え~~~~~???」

引っ張られたまま、首をひねる私。

『そりゃあ、確かに、くだものは、果実になる前は花だけどさぁ…でもぉ…???』

1人、討論を重ねつつ、やがて、現れた可愛いわんこに目を奪われました。

「ひゃ~~、可愛い♪」

ここで、ダンナ氏の質問です。

「はい、可愛いは?」

「…えと、クーアイ…?」

「発音が少し違うな。クーアイ」

「クーアイ?」

「クー」

「クー?」

「アイ」

「アイ?」

「はい、よく出来ました(*^-^*)」

「シェイシェイ(*^-^*)」

言いながら、肩にかけるようにして抱っこされたマルチーズちゃんとすれ違います。

とっても可愛い洋服を着せられて、あちこちキョロキョロ♪

『愛されてるのね~~(*^-^*)』

思わず、目を細めずにはいられませんでした。

…と、次に目に入ったのは、数人ばかりの白衣の集団。

何やら、通行人に声をかけて、呼び止めた人をすぐそばの長机まで連れて行っています。
「何をしているの?」

「…ん?」

と、ダンナ氏、しばし光景を眺めて。。。

「ああ、血圧はかってくれるんだって」

「へえ~~。なんだか、あやしくない??」

怖いことばかりの昨今。
京都にて、キャッチセールスに声をかけられまくりの私が眉をひそめます。

しかし、ダンナ氏はのんきなもので―。

「いや、大丈夫でしょう。次、行こう♪」

どんどん歩いていきます。

「?」

疑問は残ったけれど、そのまま粘っても、よくわかりそうになかったし。。。
それに第一、迷子になっては大変ですヽ(;´Д`)ノ

こぱぐ、素直に引きずられていきます。

左側に続くのは、花やら果物やら。。。
そこで、通路を挟んで右に目を移してみると。。。

「金魚!?」

小さな水槽に、スイスイ、金魚やら熱帯魚が泳いでいます。

『な、なんで金魚??』

ここで、1人討論が再開☆

『金魚はエサを食べる…エサは…花じゃないな…この線はボツ。水槽には水草がある…これかな?』

と、一応の結論はついたけれど、それじゃあ、釣り餌やら水槽の飾りやら…あと、石の置物はどうしましょう?

…って、石!?

「ほら、鉱石市が見えて来たよ~~♪」

ダンナ氏の指差す方向を見ると、まっすぐ先―。
花市のゾーンが途切れて、ちょうど交差点を渡った向こうに石の市の文字が見えました。
「へえ~~、鉱石市か~~♪」

再び始まる新しいゾーンに胸を膨らませて、突き進みます。

さっきの花市よりは少し、人出も減るけれど…いる人々は真剣!
出店の前には丸椅子があり、そこにお客さんが腰掛けて、交渉をしています。

さて、ここで問題です☆
私はどこでしょう? ←正解者には、パグの中国語発音(日本語ちっくにしかできないけれど)を一番に教えてさしあげましょう♪

d0018475_3111597.jpg


「ひゃ~~~、こんなにたくさんあると、目がチカチカしちゃうね~~ヽ(;´Д`)ノ」

店員さんに話しかけられそうになるたびに、びびって進む私に、ダンナ氏が言います。

「さっき一緒に来た叔母さんが言ってたけどさ~。こういうのって、目利きじゃないと、変なものをつかまされるから、用心した方がいいってさ~」

「へ~~」

確かに。。。
これでもかっていうくらいのたくさんの鉱石。
そのほとんどが、キラキラ輝いているわけで…素人には、とてもじゃないけれど、本物だの本物でないの、値打ち品だの値打ち品でないだの、なぁ~~んて、わかりそうにありません(;´д⊂)

あっというまに通り過ぎてしまいました。

そして、うちまでの帰り道―。

ゆっくりと散歩しながら、家まで帰宅。

「いや~~、いろいろあるのね~~…台湾って…ヽ(;´Д`)ノ」

「うん、そうでしょ? ほかにはどっか行きたいとこ、ある?」

そう尋ねられた私は、迷いもなく、こう言いました。

「…んと、モスバーガー☆」

「京都で行けやヽ(`Д´)ノ」

こうして、のんび~~り帰宅した私たち。

途中で立ち寄ったコンビニで、クロネコ宅急便のステッカーを見つけて、びっくりしてみたり。。。

そんな平和な時間を過ごして、ダンナ氏ママや叔母さんと夕食のテーブルを囲んだのでした☆

・・・叔母さんが帰ったあとに、ちゃ~~んと年越しそばを食べちゃったりして♪

2006年もいい年になりますよ~~に♪

d0018475_3142639.jpg

[PR]
by kopug | 2005-12-31 23:31 | ちょびっと台湾(^0^)
「あ、携帯がない(;´д⊂)」

と、騒ぎ出したのは、搭乗口の列にて。
JRの特急で無事着いて、某航空会社のカウンターから、なが~~く伸びた列に並んだときでした。

「え、マジで?」

驚くダンナ氏。

私はあらためて、カバンをゴソゴソあさります。

・・・そして、数分後―。

「やっぱり、ない・・・」

半ばパニック状態に陥った私に、そんな私に半ば慣れてきたらしいダンナ氏が、尋ねました。

「どこで落としたの?」

「えっと、京都駅に着いたときは、まだ、持ってた・・・。うん、間違いない。それから、おにぎり買って、特急で食べて、ちょっと寝て・・・、で、起きて、出た。そして、今」

・・・って。
携帯はどこに行った、私(;´д⊂)

慌てて、携帯に的をしぼって思い出します。

「特急の中で、携帯を見たのね・・・、時間を確認するために。そしたら、ダンナ氏が寝るって言い出して。。。私は起きてるって言ったの。・・・そして、携帯を見てた・・・ら、眠くなって・・・寝た・・・備え付けの小さな机の上に置いて・・・」

バカンスを待ち焦がれる人々で、ごった返す行列の中―。
1人青ざめてつぶやき続けた私は、はっとして、大声を上げました。

「そうだ、特急の中だ!!!」

大変です、携帯を失くしちゃいました(;´д⊂)
しかも、退職して、何かと切り詰めていかなければならない時期に(;´д⊂)

・・・ていうか、私、あの携帯、気に入っていたのにぃ~~~(TдT)

再び、1人、パニックに陥った私は、駆け出しました。

「ま、気をつけてや~~(;´д⊂)」

二人ぶんの荷物を抱えて、見送るダンナ氏に見送られて。。。

で、エスカレーターを駆け下り、空港ビルを出、連絡通路を全力疾走し。。。

「あのっ、すみません(;´д⊂)」

改札口で、時刻表やらパンフレットやらを、トントン揃えていた職員さんに声をかけました。

「はい、なんでしょう?」

やさしげな彼が、そう言い終える前に―。

「携帯を失くしてしまったんです(;´д⊂)!!」

激しく訴える私。
職員さんは、少しうろたえたものの、いったん事務室に引き上げて、メモとボールペンを置いてくれました。

「これに連絡先とお名前を書いてください」

「はいはい~~」

無地のメモに、さらさらっと書くと、その下の空白を指差して―。

「じゃあ、特徴を書いてください」

「特徴・・・?」

そんなのあんまり意識したことなかったしなぁ~~~・・・と思いつつ、さらさらっと書きます。

”PUGと書いたストラップ付き”

「はい」

と、お兄さんに渡そうとすると。。。

「そうじゃなくて、携帯会社と色とかにしてもらえませんか(;´д⊂)」

とのこと。

『なによぉ~~~。パグ、知らないの~~~、パグ~~~ヽ(`Д´)ノ』

そう思ったけれど、さすがにそれを訴えるのはお門違い。
言われるままに、会社名と色を書き記していると、

「あ、そこの会社の黒と白? ちょっと待っていてくださいね・・・」

と、事務所に引き返していったお兄さん。
すぐに、戻ってきた彼の手には、・・・間違いありません。
パグのストラップつきの私の携帯が握られていました。

「よかった~~~よかった~~~。ありがとうございます~~~(;´д⊂)」

何度もお辞儀する私に、お兄さんは首を振って答えます。

「さっき、お掃除の人が持ってきてくれたんですよ~。○号車で拾ったって♪」

掃除のお兄さん・・・?

頭の中に、ある光景が浮かんできました。

ダンナ氏にせかされて、電車を降りた私。
それを待っていた、若いお掃除のお兄さん2人組みが、深々とお辞儀をしてくれていましたっけ。

「ありがとうございました('∇')」

・・・ただ、それだけなんですけど。
でも、その挨拶に、なんだかとっても礼儀正しさというか・・・さわやかさを感じて、朝からいい気分になりましたっけ☆

掃除のお兄さん。
JRのお兄さん。

・・・おかげで、とっても助かりました。

何度となく携帯を失くしている私。
ゆえに、お兄さんたちの感じに、すご~~く喜びを感じつつも、関空から飛び立ったのでした☆

いざ、台湾へ向けて♪
[PR]
by kopug | 2005-12-30 23:22 | ちょびっと台湾(^0^)

しゅっぱ~つo(^-^)o

寝不足です(>_<)
ぼけっと用意しつつ、

「さ、財布がない~∑( ̄口 ̄)」

と、慌てふためくダンナ氏をなだめる私。

「お財布、なくてもいいじゃん。お金なら貸すし」

「だめなのー。外国人登録証の提示、求められることがあるからー(T_T)」

………そりゃ、探さなきゃ(-"-;)

在来線で行く予定が、関空行き特急になった瞬間でした(^_^;)

教訓・海外旅行の用意は、前日までにしましょう。………って、基本かも(^_^;)
ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-12-30 08:11 | ちょびっと台湾(^0^)

退職いたしました(TдT)

どうも~☆

こぱぐ(無職)でございます♪

今日、ついに退職しました~~ヽ(´ー`)ノ

別に未来永劫のお別れではないから。。。
それはそれは、あっさりと終わる―そう思っていたのですが。

フタを開けてみれば―。

「(TдT)」

号泣。
もう、みっともないくらいの号泣してしまいました。。。
それはもう、卒業式みたいに。。。

あ~~、もう、あんなに泣いたのって、どれくらいでしょう?
う~~ん、思い出せないや。。。

私があんまり泣くので、同僚の人たちももらい泣き状態。。。
後輩の子なんて、

「こぱぐさん、また会えますよね(TдT)?」

って、さらに涙腺を刺激されるようなこと、言ってくれるし。。。

「(TдT)」

こぱぐ、号泣の巻です(;´д⊂)

来月には、送別会を開いてくださるというのに。。。
もう、会えないわけではないのに。。。

今、思い出すと、恥ずかちい(⊃д⊂)

でも、初めての職場だったしな~~。
自分でもそれほど意識はしていなかったけど、思い入れはあったのかもしれません。

は~~、変な感じ。。。

いや~~、辞めるってこんな感じなんですね~~。。。

もっと、いっぱいいっぱい、感謝の言葉を言いたかったのに。。。

結局、言えばもっと、涙が出てきそうだったので、言えずじまいでした・・・(;´д⊂)

ほんと、今までありがとうございました、みなさま☆
記念に渡した、おそろいのパグハンカチ、大事にしてね♪

それはさておき。

ついにフリーの身になった私。
明日、一足先に休みに入っていたダンナ氏とともに、台湾へ行きます。

・・・家を出るのは6地台・・・。
・・・そして今は、2時台・・・。

荷物は、まーまー積み上げましたが。。。なんだかな~~、こりゃ、寝不足決定ですなぁ~~・・・。

さあさあ、そろそろピッチを上げて用意して、明日に備えることにします。

おやすみなさ~い☆
[PR]
by kopug | 2005-12-29 23:50 | こぱぐの日常(*'-')

退職前日☆

さて、今年も残すところ、あとわずか。

同時に、今の職場での日々もあとわずか。

というわけで、今日はいつものカバンとは別に、大きな荷物を抱えて出勤しました☆

「・・・おっ、重い・・・(;´д⊂)」

それもそのはず。
1つめの紙袋の中には、どら焼きが数十個。
2つめの紙袋の中には、デパートできちんと包装してもらったハンカチが数枚。

1つ1つの重みはたいしたことはないけれど。。。
あわせると、まあ、それなりの重さになるってしまったのです~~(;´д⊂)

これぞ、毛利元就さんの法則ですね。

”1本の矢はたやすく折れてしまうが、3本の矢は、なかなか折れない”

・・・ん?
少し、違ったかな??

ま、それはいいとして。。。 ←いいのかい!?

退職まで、残すところ、あとわずかになってきました~~ヽ(´ー`)ノ

学生時代、バイトとして入り、そのまま正社員となったこの職場―。

それまで、世間知らずの大学生だった私は、そのまま、

『この状態が続くなら、新しいところへ行って就職するよりもいいじゃん~~ヽ(´ー`)ノ』

って感じで、ちょっとお気楽に入ったのが、大失敗!

部門唯一の社員として、バイトさんとお話したり、上司と話したり。。。
社会人って、思ったよりもずっと大変でした・・・(;´д⊂)

でもって、最初の1年半くらいは、全然うまくいかなくて。。。
ほめられることよりも、怒られてしぼむことの方が、ずっと多くて。。。

けれど、親を押し切って、京都に留まったから・・・、電話でもそんなに愚痴ることもできなくて。。。

いや~~、暗かったですたい☆

『みんなと仲良くしたいな~』

とか、

『もっと上司に認めてもらいたいな~』

とか、

『もしかして、私って、社会人失格Σ(゜д゜|||)!?』

とか。。。

いっぱい、いっぱい悩みましたっけ。。。

ちゃんと自分の気持ちや状況を整理しようと思って、日記もいっぱい、いっぱい書きました。

でも、結局、”なるようにしかならない”って開き直ったら、みんなが助けてくれて、うまいこといくようになったんですけどね~~Ψ(`∇´)Ψ

やっぱ、人間、自分1人で思いつめていては、うまくはいきませんな~~。

行動してみれば、意外と簡単に楽になれて、とっても嬉しかったです☆

ありがとうございます、職場のみなさん☆

こんな私も、明日でついに最終日ですが。。。

きちんと終われるように、頑張ろうと思いますヽ(´ー`)ノ

明日、頑張るぞ~~Ψ(`∇´)Ψ
[PR]
by kopug | 2005-12-28 23:28 | こぱぐの日常(*'-')
「(;´д⊂)」

と、目をしばたかせて、ちょっと辛そうなのはタロウくん。

言わずと知れた、このブログの影の主人公。
宮崎生まれの宮崎育ちの生粋の九州男児(パグ)です。

「だいじょうぶ、タロウ?」

大好きな母に顔をのぞきこまれて、ちょっと嬉しそうにシッポを振るけれど。。。

「(;´д⊂)」

時々、やっぱり辛そう。。。
瞬きするたびに、”目やに”が出てきています。

「どうしたんだろうね~~。タロウ?」

呼びかけられた、愛息子くん。
母の問いに、”さあ、わからん”とばかりに目をパチパチやっています。

そう。
実は、ここ最近―。

タロウの目が、少し悪いんです。

いや、正確には、視力が悪いというわけではなくて、健康ではないっぽいの方の”悪い”なんですが・・・まあ、それは置いといて。

母は、とても心配していました。

だって、お腹こそ痛めてはいなけれど、タロウは大事な我が子。
うちの次男坊なんです・・・(TдT) ←年齢はおじいさんですが。。。

母の脳裏に、ご近所のパグ友さんの言葉が蘇ります。

「こぱぐママさんとこは、T先生に診てもらってるの? うちは(同じ市内の)I先生だったけれど、閉院なさったから、どうしようかな~~って思っててね~」

「で、どうされたの?」

「宮崎市の宮崎大学付属の動物病院に紹介してもらったの」

大学付属の病院―。
昔、父が歯科でお世話になって以来、とんとご無沙汰している病院です。

『あんなところに、獣医科があったんだ~~』

驚く母に、パグ友さんは続けました。

「割合、安くて、きちんと診てもらえて、いいわよ~~。タロウちゃんもそこで診てもらったら?」

動物病院の獣医科―。
そこは、その名の通り、獣医のスペシャリスト。
今流行のセカンドオピニオンを引き受けてくれることも多いという、専門機関。

なるほど、そこで診てもらえば、いろいろと便利かもしれません。

『・・・でも・・・』

母は迷いました。

「それで、お母さん、どうしたの?」

今日の夜―。
宅配便の到着を知らせるついでにかけた電話で、私は尋ねます。

母は、ふ~~っとため息をついて、こう言いました。

「一応、T先生のところに行ってきたよ。やっぱり、タロウがうちに来てから、ずっと診てもらっている先生だしね」

「で、何て?」

大事な大事なタロウ。
自然と、会話が深刻みを増していきます。

「えっとね。目を傷つけているだけだって。パグにはよくありがちなんだって~」

「そう(*^-^*)」

思わず、笑みがこぼれちゃいました。

母はというと、

「あ~~、目薬、ちゃんと注せるかしら~~。タロウ、やんちゃだから・・・。なんか、先生にも、なかなかさせなかったし~~(;´д⊂)」

と、困り果てていましたが。。。

とりあえずは、一安心。

今度の帰省の頃には、キレイなおっきいお目目を見せて欲しいな~~と喜ぶ私なのでした☆

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-12-27 23:52 | 老パグ・タロウの日々(´ε`)

空からパグ☆

12月も、ついに最終週となりました☆

今月いっぱいで、今のお仕事を終了する私にとっては、今日からが最後の一週間♪

10年近くの総決算なのです~~ヽ(´ー`)ノ

・・・とか言いつつ、辞めるという実感があんまりなかったりしますが・・・(;´д⊂)

昼過ぎに出勤したり、夜に戻ったり―。
あの人に会ったり、しゃべったり―。

そういう、当たり前の日常が、日常ではなくなってしまうんですよね~~、辞めるってことは。

・・・ん~~、どうなることやら。

退職後の生活・・・謎です(?_?)

ま、今はとりあえず、言い残したことがないかを振り返る時期。
後任者さんが、ちょっとでもスムーズにいくように、いろ~~んなことを頑張って思い出して、伝授したいと思いますです(´∀`)

さて、久々にパグ話。

昨日。
少し復活してきたお腹をさすりながら、私は言いました。

「ねえねえ、ダンナ氏」

「なんだい、クリスマスに、小さめとはいえチキンの丸焼きを、1人で3分の2食べて、お腹を壊したこぱぐさん?」

「・・・3分の2も食べてないよ~~~ヽ(`Д´)ノ」

「食べてるよ~~~ヽ(`Д´)ノ」

ここで、言い争うこと数分間―。

「・・・ま、それは置いといて。私、思ったわけなのさ」

急にあらたまった様子を見て、ダンナ氏、とたんにシリアスになりました。

「な、なに?」

「あのさ~~・・・」

と、なが~いため息をついてから、私は言いました。

「パグちゃんって、空から降って来ないんだよね・・・」

「な、なにを急に!」

ダンナ氏、絶句。。。

私は説明を始めました。

「パグちゃんって、待っていても空から降ってこないから、・・・迎えに行かないといけないんだよね・・・ちゃんと・・・」

ずっと、どうしようかと考えていたブリーダーさんのこと。
のんびりのほほん気質の私は、なんとな~~く焦っていた・・・かもしれないけれど、でも、”なんとかなるさ”で来ていたというわけでして。。。

折に触れて、ダンナ氏がつぶやく、

「うちのパグ、もう、生まれたかな~~(*^-^*)」

とかいう言葉を受けては、

「かもね~~(*^-^*)」

と、まだ見ぬパグちんに思いを馳せていた・・・だけでして・・・。

結局、まだ、何もしていないじゃあーりませんかーΣ(゜д゜|||)

「困った・・・困った・・・。どうしよう・・・」

と、ぼやく私。

そんな私のそばで、ダンナ氏はというと、

「空からって・・・。空から降ってきたら、大変だよ。パグ、ケガしちゃうじゃんΣ(゜д゜|||)」

次の話題に行くのは消化不良だったらしく、話を戻してきました。

「え?」

思わずつられて、首を傾げます。

「空から降ってきたら、ケガするし!」

「え~~。空からパグが降ってきたら、かわいいじゃん。小さな羽根とかつけてさ~。で、私の腕の中に舞い降りるそのときに・・・羽根が消えるの。ほら、かわいい~~~~Ψ(`∇´)Ψ」

なんて夢のある光景でしょう!
ああ、なんて美しい~~~Ψ(`∇´)Ψ

しかし・・・。
ダンナ氏は首を振ります。

「羽根が付いてる時点で、パグじゃないから。それは魔獣だよ(;´д⊂)」

「魔獣!?」

思い描いた夢に、わずかにヒビが入ります。

「魔獣って、どういうことよ~~!!」

パグ好きこぱぐ。
パグのことなら、ムキになります。
ええ、トコトン!!

「魔獣じゃないよ~~、夢を壊さないでよ!!」

「だって、魔獣でしょ、そんなの~~!!」

そして、言い争うこと数分間―。

「・・・おなか、すいたね・・・(;´д⊂)」

「うん・・・(;´д⊂)」

こうして今日も、パグの話題は平和に終わりを告げたのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-12-26 23:48 | 空想パグライフ(^v^)

悲(T_T)

お、おなかが痛い…(/_;)/~~
[PR]
by kopug | 2005-12-26 02:47 | ペット可物件へヽ(´―`)ノ
チキンの食べ過ぎで、おなか、痛スギスマス…(/_;)/~~

け、ケーキも食べられませんでしたとさ(T_T)
[PR]
by kopug | 2005-12-24 23:47 | こぱぐの日常(*'-')

祝日(^-^)/

よって、昼寝…(-.-)zzZ

けれど、どうやら、比較的涼しいところで寝てしまってたらしく…(>_<)

最近ー。

私が不在のときに、
『なんだか、やたらと寒いなぁ…。これって、1人のせい?』

と、思っていたダンナ氏。

けれど、風が吹き抜けるような、あまりの寒さに、ついに捜索開始(>_<)

数分後、わずかに開けっ放しの窓を見つけたのでした(^_^;)
で、こぱぐ帰宅。

「こぱぐさん、こぱぐさん。なんか、窓、締め忘れてるよ~(-"-;)」

ダンナ氏、さっそく注意☆
そして、こぱぐの口から出てきた言葉は…。

「あ。それ、よそパグのイタズラ(^o^;)」

ダンナ氏のネタ、ゲットです(*^-^)b

こうして私は、無事、難を逃れて、………また、窓を閉め忘れて、ちょびっとお腹を壊したのでした(^_^;)

なんだかなー☆ ←自分が言うな(-.-;)
ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-12-23 02:30 | こぱぐの日常(*'-')