京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:わんことの出会い(^o^)( 3 )

かいじょけん☆

久々に、午前中から街へ出かけていきました☆

目的は料理教室。

以前、1年コースを申し込んでおいて、行けなかったぶんの履修期限がそろそろ・・・だったので。

「行かねば、お金が無駄になるぅ~~~ヽ(;´Д`)ノ」

と、2週間ほど前、慌てて予約をしたのでした☆

・・・で、蕎麦を打ってきました♪

うぅ~~ん、楽しい☆
粉から、あんな形のものができるだなんて、やっぱり感動☆

こんな新しい発見があるし、料理教室はやめられないな~~と思いました。
脳の活性化につながるというか、血行が良くなりそうっていうかΨ(`∇´)Ψ

・・・で、そのあとは、休日出勤だったダンナ氏と京都駅にて合流~。

午後から微妙に天気が崩れてきたものの、駅は人でいっぱい☆

「いや、違うって。新幹線の入り口から出て、反対側に来ちゃったんだって。わかる?」

と、お子さんらしき方と携帯で話すお父さんや、

「は~~、着いたね。どこ行こうか~~。まずはチェックインをすませないとね」

と、キャリーカートを引きずり、通り過ぎていくご一行。あと、

「我・・・※△×・・・」 ←かろうじて聞き取れたらしい

と、中国語でお話になりながら、出迎えを待つ人々。

とにかく、いろんな人であふれていました。

で、私はそのJR京都駅の正面入り口にて、待っていたのですが・・・。

そこで、うろうろと動かしていた視線を、ぴったりと止めました。

向かって正面。

駅前のバスターミナルのあたりから、ちょうど京都タワーを背にする形で、電動車いすの女性がやってこられました。
そして、その隣には・・・、大きなプードルちゃん!

椅子のスピードに合わせて、きちんと歩くその青い服の背中には、大きな黒文字が書いてありました。

”介助犬”

「え、介助犬!?」

驚く私。

別に今まで、その存在自体を知らなかったわけでも、見たことがなかったわけでもありませんが、でも、プードルちゃんがやってるのを見たのは初めて!

思わず、目が引き付けられました。

「こういうワンコって、ラブラドールってイメージがあったけど・・・」

つぶやく私の横を、リードを引っ張ることなく、一定のゆるみを持たせたまま、淡々と通り過ぎていくプードルちゃん。

まわりの人も、”あ”って感じで気がついて、じっと見るものの・・・もう、”かいじょけん”というのは浸透していますし、京都でもわりと普通に見たりしますから。

みんな、行く先をジャマすることなく、ただ、感心している様子でした。

・・・ところが!

ここは観光地・京都。
しかも、その要となる駅です!

当然、外人の方もいらっしゃるわけで・・・・。

”介助犬”

との文字が読めないのでしょうか、西洋人のカップルが歓声を上げました。

そして、プードルちゃんの頭に手を伸ばしました。

犬好きな方なのでしょう、”可愛がろう”って感じの手つきで。

けど、プードルちゃんはお仕事中。
西洋人の方は悪気はないのでしょうけれど、これは使用者の方からしてみれば迷惑。。。

「どうするのかしら・・・?」

そんな光景を見るのは初めてで、私はびっくりしたまま、息を呑みました。

すると。

伸びかけてきた手を、プードルちゃんは、

「ふんっ」

と、いらっしゃる方向に顔を振って、うまくかわし・・・・・そのまま、歩いていってしまいました。

びっくりして苦笑いするその方に背を向け、別に動揺することなく、それまでと同じスピードを保ったまま・・・。

すごいですねーーーー、プードルちゃん!!

なんか、ちょっと感動しちゃいました(T-T)
頑張ってお仕事してるんですね(T-T)

これまで、ちょっかいというか・・・、触れ合われそうになった”かいじょけん”は見たことがなかっただけに、ハラハラドキドキ。

けれどやっぱり、ワンコってすごいんだな~~~、えらいんだな~~~~!!

そう思ったこぱぐなのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-03-24 23:29 | わんことの出会い(^o^)
昼から仕事人の私。

今日はちょこっと早起きして、自転車に乗って、安いスーパーへと買い物へ行きました♪

今日の京都は、お日様サンサンいい天気★
ペダルを踏む足も、自然と軽くなります♪

「あ~、なんていい天気ヽ(´―`)ノ」

…な~んて、調子に乗っていたら、車にひかれそうになりました((((゜д゜;))))
みなさま、信号無視はほどほどにしましょう(;´д⊂) ←無視してるし!

さて―。
二軒目のスーパーに立ち寄ったときのこと。
お昼前、お買い物時を迎えて込み合うその入り口で、毛並みをきちんと整えられたマルチーズを発見しました♪

「今週は、よく、店前わんこと出会うなあ~★」 ←火曜日&今日

ニコニコと見つめると、なんと!!

「(=´∇`=)ノシノシ」

うれしそうに、こちらを向いて、しっぽを振ってくれるではありませんか(T-T)

かわいい、かわいすぎるぅ~~~(=´∇`=)ノシノシ

私は思いました。

『これは、私の愛が通じたに違いない!』

と―。

だって、ほら、

「(=´∇`=)ノシノシ」

あんなにかわい~く、こっちを向いてるんですもの!
思いが、確信に変わったとき・・・お店の中から、誰かが出てきました。

「(=´∇`=)ノシノシノシノシ」
はげし~くしっぽを振る、わんこちゃん。

『ああ、飼い主さんなのね・・・。飼い主さんには負けたわ・・・(^_-)』

そう思って見つめていると、その人はこう言いました。

「なぁに~、まだおったん、あんた? ご主人は、まだ来はらへんのかえ?」

がぁぁーーーーん、飼い主さんじゃないぃーーー((((゜д゜;))))

私は自分の頭に、どかっと”敗北”の文字が落ちてくるのを感じました。
うぅぅ~、負けたぁぁ~~(T-T)

そういえば、実家のタロウもソトヅラが良かったっけ。。。
小さい頃、スーパーにつないだ時のタロウを思い出しました。。。

ちっちゃい体に、ちょっとゆるいハーネス(今では、パンパンです)をつけて。
じぃっと店の外からこちらを見ていて、時々、店員さんに話しかけてもらったりして。。。

本当にドキドキしながら、心細そうに、でも話しかけられると嬉しそうに待っていたのを思い出しました。


あれ以来、買い物に連れて行くことはありませんでしたが、今、もし一緒に行ったら、あの頃みたく、じぃっと待っていてくれるんでしょうか?

それとも、あのマルチーズちゃんみたく、ニコニコしていてくれるんでしょうか??

答えは、たぶん、永久にわかりません・・・。

だって、タロウはもうすぐ、11歳。
最寄のスーパーへたどり着く前に、ガス切れを起こしてしまいますから(汗)。
[PR]
by kopug | 2005-05-19 23:40 | わんことの出会い(^o^)
今日は一週間の始まり、ブルーマンデイ(>_<)

ほどほどに忙しかったお仕事を片付けて、帰途についた頃は、もう結構な時間になっていました

『あ~~、つっかれた~~ん(-_-;)』

そう思いつつ、ぼちぼち歩き始めたとき―。

「わ(´∀`)」

鼓動が高鳴る、とまではいかなかったけれど、思わず、顔がほころびました♪

リードを持つおばあちゃんをぐいぐい引っ張るのは、小さなわんこ。
白と黒のブチが可愛い、フレンチブルドッグちゃんでした★

フレブルちゃんは、パグのお友達と言ってもいいほどの、激似のお顔\(^-^)/
そして、自他ともに認める、パグラブの私\(^-^)/

「わ~~、超かわいい(=´∇`=)ノシノシ」

気付けば、手を振っていました。

興味を引かれ、こちらに寄ってこようとするブルちゃん。
飼い主さんは、にっこり微笑み、こうおっしゃいました。

「まあまあ、ありがとうねぇ~~(=´∇`=)」

若いブルちゃんは、お目目ぱっちり、こっちをじっと見上げています。

『ああ~~、なんとカワイイ~~~(=´∇`=)ノシノシ』

ほのぼのとしたひとときが流れて、私は再び、歩き出しました。

『そういえば、ブルちゃんといえば―』

思い出しました。
それは、数年前の休日―。
スーパーの帰り道、食料の買い出しに満足しつつ、帰途についていると、小学生らしき子たちの声が聞こえてきました。

「うわっ、こえーなー!!」
「噛まれるぞっ。逃げろ~~~!!!」

『ん?』
と、振り返ると、そこには、いかにも”寡黙”な感じのオジサマにリードを引かれた、ブルドッグちゃんがいました。

わんこ好き(特にパグラブ)な私は、すぐさま駆け寄って、頭をナデナデしてあげました★

「ぶぶぶ~~(=´∇`=)」

いかつい(?)顔とは裏腹に、とっても嬉しそうに目を細めるブルちゃん。
ふと見上げると―。

『!?』

”寡黙”なイメージはどこへやら、オジサマ、無言で、とっても嬉しそうに微笑んでおられました。

『そっか~。やっぱり、うちのわんこはカワイイもんね~~ヽ(´―`)ノ』

そして、二人に別れを告げて、そばの雑貨屋さんに入って、5分少々―。

「あ~、これで買い物終了♪」

達成感に独り言を言って(笑)、出てくると―。

「あ、あれ・・・??」

さっき別れたところにそのまんま。
おじさまとブルちゃんが立っていました。

辺りには、特にこれといった店もありません。
・・・とゆーか、ブルちゃん、座りこんでいます(汗)。

驚きつつも、

「また、会ったねえ~~。かわいいね~~」

と、頭をナデナデ★

「ぶぶぶ~~(=´∇`=)」

目を細めるブルちゃん。
嬉しそうなオジサマ。

「それじゃ・・・」
ひとしきり撫でて、別れを告げると、オジサマはブルちゃんを引いて、こちらに背を向けて、歩き出しました。
なんだか、二人とも、嬉しそう。。。

ブルちゃんの悲しみを知った、夕暮れ時でした(´ε`)
[PR]
by kopug | 2005-05-16 23:37 | わんことの出会い(^o^)