京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:空想パグライフ(^v^)( 13 )

空からパグ☆

12月も、ついに最終週となりました☆

今月いっぱいで、今のお仕事を終了する私にとっては、今日からが最後の一週間♪

10年近くの総決算なのです~~ヽ(´ー`)ノ

・・・とか言いつつ、辞めるという実感があんまりなかったりしますが・・・(;´д⊂)

昼過ぎに出勤したり、夜に戻ったり―。
あの人に会ったり、しゃべったり―。

そういう、当たり前の日常が、日常ではなくなってしまうんですよね~~、辞めるってことは。

・・・ん~~、どうなることやら。

退職後の生活・・・謎です(?_?)

ま、今はとりあえず、言い残したことがないかを振り返る時期。
後任者さんが、ちょっとでもスムーズにいくように、いろ~~んなことを頑張って思い出して、伝授したいと思いますです(´∀`)

さて、久々にパグ話。

昨日。
少し復活してきたお腹をさすりながら、私は言いました。

「ねえねえ、ダンナ氏」

「なんだい、クリスマスに、小さめとはいえチキンの丸焼きを、1人で3分の2食べて、お腹を壊したこぱぐさん?」

「・・・3分の2も食べてないよ~~~ヽ(`Д´)ノ」

「食べてるよ~~~ヽ(`Д´)ノ」

ここで、言い争うこと数分間―。

「・・・ま、それは置いといて。私、思ったわけなのさ」

急にあらたまった様子を見て、ダンナ氏、とたんにシリアスになりました。

「な、なに?」

「あのさ~~・・・」

と、なが~いため息をついてから、私は言いました。

「パグちゃんって、空から降って来ないんだよね・・・」

「な、なにを急に!」

ダンナ氏、絶句。。。

私は説明を始めました。

「パグちゃんって、待っていても空から降ってこないから、・・・迎えに行かないといけないんだよね・・・ちゃんと・・・」

ずっと、どうしようかと考えていたブリーダーさんのこと。
のんびりのほほん気質の私は、なんとな~~く焦っていた・・・かもしれないけれど、でも、”なんとかなるさ”で来ていたというわけでして。。。

折に触れて、ダンナ氏がつぶやく、

「うちのパグ、もう、生まれたかな~~(*^-^*)」

とかいう言葉を受けては、

「かもね~~(*^-^*)」

と、まだ見ぬパグちんに思いを馳せていた・・・だけでして・・・。

結局、まだ、何もしていないじゃあーりませんかーΣ(゜д゜|||)

「困った・・・困った・・・。どうしよう・・・」

と、ぼやく私。

そんな私のそばで、ダンナ氏はというと、

「空からって・・・。空から降ってきたら、大変だよ。パグ、ケガしちゃうじゃんΣ(゜д゜|||)」

次の話題に行くのは消化不良だったらしく、話を戻してきました。

「え?」

思わずつられて、首を傾げます。

「空から降ってきたら、ケガするし!」

「え~~。空からパグが降ってきたら、かわいいじゃん。小さな羽根とかつけてさ~。で、私の腕の中に舞い降りるそのときに・・・羽根が消えるの。ほら、かわいい~~~~Ψ(`∇´)Ψ」

なんて夢のある光景でしょう!
ああ、なんて美しい~~~Ψ(`∇´)Ψ

しかし・・・。
ダンナ氏は首を振ります。

「羽根が付いてる時点で、パグじゃないから。それは魔獣だよ(;´д⊂)」

「魔獣!?」

思い描いた夢に、わずかにヒビが入ります。

「魔獣って、どういうことよ~~!!」

パグ好きこぱぐ。
パグのことなら、ムキになります。
ええ、トコトン!!

「魔獣じゃないよ~~、夢を壊さないでよ!!」

「だって、魔獣でしょ、そんなの~~!!」

そして、言い争うこと数分間―。

「・・・おなか、すいたね・・・(;´д⊂)」

「うん・・・(;´д⊂)」

こうして今日も、パグの話題は平和に終わりを告げたのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-12-26 23:48 | 空想パグライフ(^v^)
いや~~、寒くなってきましたね~~(*'-')

みなさま、いかがお過ごしでしょうか??

さてさて、我が家はというと。。。

「うぅぅ~~、さぶさぶ~~ヽ(;´д`)ノ」

ホットカーペットの上に、毛布にくるまった物体が2つ。
今日も、12月の寒さに震えておりましたヽ(;´д`)ノ

・・というのも、私が風邪っぽくなってしまったので、
”シネコンへ行って、映画を見よう♪ そして、そこにあるゲーセンでパグのゲームをやって、そのデータを持って帰ろう♪”
という計画を実行することもできず。。。

仕方なしに、まるでオバケのように、ぶるぶる震えていたのでした。

・・・そして、ハラペコ我慢比べの果てに、昼食を作った私は、

「あ~~、なんか、昼寝する~~(;´д⊂)」

と言って、すぐに就寝。 ←ダンナ氏いわく、「寝つきが良すぎる」とのことf(^-^;)

そして、4時間後―。

ヘンな夢をいっぱい見て、起きたときには、もう、日もとっぷり暮れ・・・。
起き上がった私に、ダンナ氏が話しかけてきました。

「ねえねえ、夕ご飯、どうする?」

・・・Σ(゜д゜|||)

もう、休みは終わりですか~~い!!!
なんにもしてね~~~~~!!!

大ショックに震えつつ、夕食。 ←しっかり食べてるしf(^-^;)

バイキンくんと、とりあえずはお別れすることができたのでした。

・・さて、食後。
ダンナ氏が、思い出したように、こう言いました。

「ねえねえ、しばらく話してなかったけどさ」

「ん?」

「パグちんの名前、どうする?」

「う~~ん・・・。アブラムシって名前は、絶対イヤだね~~(;´д⊂)」

「・・・つか、なんでアブラムシよ?」

「わからん~~(=´∇`=)」

よくわからないテンションの私に、ダンナ氏はため息をつきます。

「いいかげんに起きなさい。えと、私はね~~、かわいい名前がいいな~~」

「ん~~。パグちゃんって名前は、どう?」

「もっと頭使ってよ。愛するパグちゃんなんでしょ?」

「ん~~~・・・」

時は休日の夜―。
自慢じゃありませんが、最も頭の回らない時間帯です(-_-;)

とりあえず、使える細胞をフル回転して、関連話題を搾り出します。

「えと、うめちゃんは、サバヲって名前になるかもしれなかったんだって」

「へ~~~・・・。シャバオか~~」

聞き違いです。
ていうか、シャバオって何か、攻撃的じゃありませんか~~~ヽ(;´д`)ノ

「違うよ。サバヲ! サバの缶詰のサバに、難しい方のヲ!」

「へ~~、サバヲか~~。なんでなんやろね~~??」

「さあ~~。だから、うちは彦左衛門なんてどうだろう?」

「彦左衛門・・・」

一瞬、沈黙。
そして、私はハッとしました。

「ていうか、うちの子、女の子じゃん!!」

「うぅ~~ん、名前って難しいな~~~・・・」

「うん~~~・・・」

腕組みして考える私たち(また、毛布にくるまってます)。

名前―。
それは、ずっとずっと使う、大事な大事な名前―。
頑張ってつけなくてはならないのですヽ(;´д`)ノ

『出会ったときの第一印象とかで、決めようって思ってたけどね~~~・・・けど、大丈夫かな?』

来年やってくる、マイパグりん。
うちに加わる、大事な家族のマイパグりん。

最初の難関を突破すべく、これからも2人で、ちょこちょこ相談しあおう―。

そう、心に誓う2人なのでした☆

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-12-11 23:34 | 空想パグライフ(^v^)
ハロ~☆

先日、買ったパグの貯金箱の名前を・・・、

「ポン助ヽ(`д´)ノ!!」

「ちゃうねん、アレクサンダー3世やねんヽ(`д´)ノ!!」

と言い争い続けている今日この頃。←ちなみに前者がこぱぐで、後者が(仮)さん。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

今日の京都は、雨・・・。
ということで、なんだかちょっぴり気分が滅入ってしまいつつ、せっせとお仕事☆

このお仕事も、残すところ3ヶ月を切りました。

入籍後とはいえ、一応、結婚退社。
いや~~、ドラマとかではよく見た光景ですが、自分がそうなるんだな~って思うと、ちょびっと変な感じ。

後任の人も、ずいぶん仕事を覚えてくれて、私としては、もう今退社しても、たぶん、うまくやっていけるだろ~~な~という感じでして。。。

それが、少し寂しかったり・・・(´Д`;)

あぁ、女心は複雑です。

でもま~、いろいろ考えた末での結論ですし、後悔はありません~♪

パグちんと出会えるわけだしぃ~~ヽ(´―`)ノ

パグちゃん、早く我が家にいらっしゃ~~いヽ(´―`)ノ

・・・って、あ、部屋の隅にゴミがある。。。片付けねば!!ヽ(;´д`)ノ

それはさておき。

貯金通帳を片手に、にやりとする私・・・。

そう。
先日もお話しましたが、パグ貯金、ついに目標金額突破しました~~☆

ぱちぱちぱち~~ヽ(´―`)ノ

ほんの数十万しかないけれど。。。
でも、私がまともに貯めた、初めてのお金です。。。

『いらっしゃ~~い、マイハニーヽ(´―`)ノ』

頭の中―。
パステルカラーの夢あふれる世界を飛んでいく私。
その先には、小さな仔パグがいます☆

『ふがふが~~~ヽ(´―`)ノ・訳 こんにちは~、こぱぐさん~~』

彼女もまた、こちらへとふわふわ飛んできて・・・そして。

『はいっ、貢物です!!』

土下座する私の前で、堂々とお金を受け取る仔パグちゃん。

『ふががふが~~~Ψ(`∇´)Ψ 訳 良きにはからえ~』

その姿は、とても威風堂々としていて・・・そして私はその魅力にメロメロになるわけ・・・・


・・・・Σ(゜д゜|||)


ダメです、そんな関係!
もっと、こう、なんていうか・・・殺伐とした中にも、じんわりとした愛があるというか・・・。

つまりは!
厳しい中にも力いっぱい愛がある、そんな関係が望ましいわけなのです、私たちの間には!

・・・ダッテ、 ソレクライ 決意 シテナイト・・・ヤバインデスモン、私ノ場合・・・(T-T)

一生懸命貯めた、パグ貯金☆
それは、彼女のために使うお金であり・・・彼女の当分の生活費でもあるわけで。。。
パグちんのために捧げるものだけれど、けして贅沢しまくるだけの余裕はないのです。。。

ごめんね、ごめんね、パグちゃん。。。

私が油田を持つくらいの大金持ちだったら・・・パグちゃんをきらびやかな女王様パグにしてあげられるのに・・・(T-T)

しばらくは・・・いや、ずっとかもしれないけれど・・・頑張って稼ぐので、庶民派パグ生活を満喫しておくれ・・・(T-T)

お金がかかる。。。
それが、わんこの世界。
でもでも、彼らがもたらしてくれるものは、無限大☆

・・だからこそ・・・、もっともっとステキな飼い主になるべく頑張ろうと決意する、そんなこぱぐなのでした☆

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-10-04 23:43 | 空想パグライフ(^v^)

節約、はじめの第一歩☆

どうも~~☆

今日もパグちんに会えなかったこぱぐでございます(T-T)

あぁ、悲しい・・・。

けれど、この気持ちは、未来のパグちゃんに満たしてもらうことにして・・・じっくり貯めておくことにします。

さぁ~~、パグちん、どんとこ~~いΨ(`∇´)Ψ

・・というわけで、今日は休日☆

のんびり昼前に起きて、昼食をとって。。
ちょこちょこ、掃除を始めました。

キッカケは・・・爪きりがないから(;´д⊂)

別にネイルアートをしたいわけではない・・なのに、この長さ!
かる~~く5ミリは越えています。

『もう、いいかげんに切りたあぁ~~いヽ(;´д`)ノ』

気になりだしたら、止まらない。。。
というわけで、作業を開始したのであります♪

ついでに、たまった洗濯物を大集合☆
洗濯機に入れ込んで、押したのは、電源スイッチと開始スイッチ。

ピッ・・・ピッ・・・ジャーーー

と、水が流れ込み始めて。

「!Σ(゜д゜|||)」

慌てて、一時停止!
バケツを抱えて、お風呂場へと飛び込みました。

「たいへん、たいへん!」

浴槽の中に突っ込み、斜めに倒して・・・重くなったバケツを運びます。
そして・・、洗濯機に投入!

しばらくの間、それを繰り返す私の頭の中では、グルグル、同じセリフが回っていました。

『私たち、節約生活しないといけないから、お風呂の残り湯で洗濯しましょうねヽ(´―`)ノ」

そう、(仮)さんからの提案です。

一人暮らしの頃は、”節約”なんて考えたこともなかったのに。
ただただ、必要経費以外は自分のおこづかいという環境を、当たり前のように享受していたのに。

二人暮らしって、大変です。。。

まあ、今は私が辞めて、無収入になったときのことを想定しての”節約生活”なんですが。。。

大丈夫でしょうか、私?

お買い物をセーブするのは、手っ取り早い節約への道。
けれど、だからと言って、家にずっといるのがいいかというと・・これまた、微妙な話で。。。

テレビの魔力だとか、パソコンの魔力。
それから、夏とか冬なら、冷暖房だって必要かもしれません。

だって、京都は蒸し暑くて寒いところですから・・・(T-T)

あぁ、生きるって浪費だわ。。。

とどのつまりが、家にいても、完全な意味での”節約”は難しいわけでして。。。

ピーッピーッ

いろいろ考えているうちに、洗濯終了。
洗濯物を干しながら、ぼちっと独り言が出てしまいます。

「あ~~・・・節約って難しい・・・。普段の必要経費って、どれくらいかかってるんだろう?」

と、頭の中の電卓(ポンコツ)をたたきます、たたきます、たたきま・・・したら。

出てきましたのは、ぎゃふんとするような、せつない数字!

「・・・あぁ、生きていくって、大変・・・(T-T)」

自然と、うなだれる私。

やはり、外に出て働いた方がいいのでしょうな~~、パグちんの躾が、一段落したら。

でも、それっていつ頃なんだろう???

私のお嬢様は、どんなおパグちゃまなのか・・・それって、まだまだ全然わからないから・・・未知数です。

「・・あぁ、タロウはどうだったっけ・・・? やっぱり、オシッコとか長いこと覚えられなかったっけ??」

う~~ん、思い出せません。

オシッコを初めて、きちんとしたときのことは覚えているのですが。。。

たまたま家族みんなでくつろいでいて、突然、タロウが思い立ったようにオシッコをしに行った。
それを見た家族は、みんなで大喜び♪
タロウを囲んで、

「よくやったな~~ヽ(´―`)ノ」

「おめでとう~~、タロウヽ(´―`)ノ」

「タロウはいい子だね~~ヽ(´―`)ノ」

「すげー、タロウ~~ヽ(´―`)ノ」

そんなふうに、褒め称えて、タロウくん、

「・・・(=´∇`=)」

ずいぶん得意そうに笑っていたのは思い出せるのですが・・・。

果たして、あれはいつのことだったのか・・・。

あぁ、ちゃんと記録をとっておけばよかったです・・(;´д⊂)

後悔先に立たず、なんでしょうけれど・・・ヽ(;´д`)ノ


来年の今頃は―。

確実に、彼女は我が家を我が物顔でのし歩いています。

それは、誇らしげに・・・時々、ちょっと拗ねたり。。。

いろんな顔が、たくさん、たくさ~~ん見れるはずなのです。

『そう、頑張らなくちゃね! ママなんだから!』

そうつぶやきながら、洗濯物を干し終えた私は、せっせと掃除を始めるのでした☆

「あ、爪きり探してたんだっけ☆」

ようやく、もとの目的を思い出して。。。
[PR]
by kopug | 2005-09-30 23:19 | 空想パグライフ(^v^)

今日は雨です。。。

どうも~~('∇')

京都の街から、コンニチハ♪

こぱぐでございますですヽ(´ー`)ノ

今日もパグバック片手に出勤、途中で読む本はパグ本☆

そして今日、新居から通勤3日目。。。

あんまり熱心に本を読んでいたものだから、帰りの電車をちょこっと間違えてしまいました(;´д⊂)

時間にして、約20分のロス。。。
通いだして間もないこの道を、我が足はまだまだ記憶してくれていないようです(;´д⊂)

いや~~、早く慣れて、パグ本に夢中なまま帰れればいいですけどヽ(´ー`)ノ ←前を向いて歩きましょう

それはさておき、今日の京都は、雨。。。
昼頃から雲行きが怪しくなり、午後はほとんどと言っていいほど、雨降りな一日でした。

「あ~~、洗濯物干す前に気づいて、よかったわ~~(´_ゝ`)」

職場の窓から、外を眺めるたびに、そうため息をついておりました。
こういう雨の日に濡れるのは、なんとなく嫌なものです。

とりあえずは、室内業務のこぱぐ、なんとなくほっとしていたのでした。

その頃、こぱぐダンナ(仮)が、

「うわっ、雨! 最悪~~(;´д⊂)」

とぼやきつつ、雨に濡れながら、転居届を出すために区役所へ行ったとは知らずに。。。

ちなみに、転居届、私は順調に行けば、今度の金曜日に出すつもりです。

だって、お休みですから~~('∇')

用事は、お休みな日の方が、安心して片付けられるというものなのです。

そう、たとえばこんなふうに。。。

朝起きて、転居届を出しに行って、それから前の家に行って、ちょこっと掃除して、管理会社立会いの退去点検、それから家に戻って、電気屋さんからやってくる”ガラストップコンロ”を尾で迎えする・・・。

・・・って、多すぎますね(;´д⊂)
というか、物理的にこの移動は可能なのか??
車もないのに?

う~~む~~~ε=(~Д~;)

明日か明後日かあたりに、どれか1つでもクリアーするべきか否か。。。
こぱぐの悩みは続きます。


雨といえば、レインコートですね。
しとしと降り続ける雨。。。
大好きなわんちゃんも、なんとなく、レインコートを着たら、”お散歩モード”って感じが出て、ずいぶんとキュートになります。

あぁ~~、かわいらしすぎぃ~~(*^-^*)

・・え、実家のタロウですか?

彼は、服なんていう文化的なものは知らない野パグなので、”雨=散歩休み”なんです。。。
今更、着せようとしても、

「ふが~~ふが~~~ヽ(`Д´)ノ」

と、必死で抵抗し、グルグル回転することでしょう。
そして、こぱぐ母から浴びせられる罵声。

「こぱぐ! タロウになんて酷いことしてるの!!!」

きっと、父も参戦します。

「何やってるんだ、こぱぐ! タロウが可哀想じゃないか!!!」

・・・孤立・・・(TдT)

ワタシ、カワイイタロウガ、見タイダケナノニ・・・(TдT)

だから、タロウを着せ替えパグちゃんとするのは、たぶんおそらく絶対に、無理なのです。。。
それに、あの子、12kgだし・・・(;´д⊂) 入る服があるかどうかも、謎です。。。

そういえば、先日、ホームセンターに行ったとき、サマーウェアーが安売りされていました。

棚一杯に吊る下げられたお洋服。

『きゃ~~~、お洋服~~~ヽ(´ー`)ノ』

心の中で叫びつつ、バレエダンサーのようにクルクルと回ります。←イメージですよ、念のため

タロウに着せることは難しそうだけれど・・・うちには、お嬢様がやってくる予定です。
だからきっと、彼女はきちんと着こなしてくれるはず!

かわい~~く、かわいらしく着こなして、こちらに駆け寄ってきてくれるはずなのです!!
・・あ、鼻血出そう・・(;´д⊂)

パグと住むはずの家に住む私。
これからめぐり合えるであろうパグちゃんに思いをはせながら、今日もハイテンションに1日を終えるのでした☆ ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-08-30 23:56 | 空想パグライフ(^v^)

パグのいる未来へ☆

今日もお勤め水曜日☆

ちょっと遅めのお昼休みも過ぎて、ぼちぼち仕事を始めたときに、携帯がブルブル♪

「あれ?」

不思議に思って見てみると、どうやらメールを受信した模様。
慌ててスクロールしてみると・・・画面に現れたのは・・・!!

『(=´∇`=)ノシノシ』

可愛いパグちゃん&赤ちゃんの写真☆
サナ日記のあやねえさんからのメールでした(=´∇`=)ノシ

久々に見る、しっとりしたお耳。。。
くたっと横になっているそのお耳を・・・・ああ、撫でてみた~~~いぃ(●´―`●)

『さあ、仕事頑張って、パグちゃんと暮らすぞ!』

あらためて気合を入れた、こぱぐでした。
あやねえさん、どうもありがとうございます~~ヽ(´―`)ノ

さてさて、何度も、それも何十回も言っていることですが、私”こぱぐ”は、入籍後、パグちゃんを家族として迎えます。

かわいぃ~パグちゃんと暮らす夢が、今の私の生活を支えていると言っても、過言ではありませんヽ(´―`)ノ ←結婚生活は(笑)?うそうそ

それはさておき。。

パグちゃんを迎える―。
そうなると、十数年は一緒に暮らすということを考えなくてはならないわけで。。。
これからの人生設計、および家庭設計に、パグちゃんを組み込まなくてはなりません。


十数年の間・・・。
きっと、たくさんのことが起こって、環境が何度も変わるでしょう。

タロウだって、うちに来て数年で私が家を出て行ったし、それからすぐに父は転勤族になり、県内あちこちを転々としました。
そのうち、弟も進学し、今度は3人暮らしにダウン。
母いわく、

「ひとり、ひとりいなくなるたびに、タロウは夜になっても外をじっと見たり、なかなか寝なかった。。。そんな日が、しばらくの間、続いたのよ」

とのこと。
言葉や事情を理解できないタロウにとって、環境の変化は寂しさであったり、驚きであったりしたようです。

わんこは、デリケートなのです。。。

じゃあ、私がこれからパグちゃんと暮らすにあたって、どんな変化が起こるか。。。
それはやはり・・・・子どもができるということでしょうか。

こぱぐダンナ(仮)は子ども好きだし、お互いの家族もそれを望んでいるし、何より私が、”自分以外の自分の分身を育てながら、いろいろ、刺激を受けたりできたら”なんて考えていたりしますから。

今すぐ、ではないけれど、いつかは欲しい―。

そんな意見なんです。

つまり、今の状況だと、まあ、神様の気まぐれにもよりますが、子どもはいつか授かるはずなんですよね~。

すると、パグちゃんと子どもの暮らしが始まるわけなのです。

パグちゃんと子どもの絡み・・・。
それは、もう、考えただけで鼻血ものでして・・・(´∀`)
たとえば、さっき話に出てきたサナ日記のあやねえさんのお宅であったり、リンクさせてもらっているkikoさんのお宅であったり、そちらのHPを訪問させてもらいながら、

「うは~~~。可愛いぞぉ~~~(´∀`)」


つぶやきながら、一人、幸せにひたっている毎日です。 ←怖い(笑)?

けど、パグ飼いに関して、この熱に賛成してくれる人ばかりではないというのが、現状だったりします・・・(T-T)。

代表的なのが、こぱぐママ&パパ。

「パグは、タロウだけでいいでしょ~~ヽ(`д´)ノ」

とのこと。

どうやら、子育てに悪くないかという危惧と、パグを引き取ってほしいと頼まれるのではないかという不安が反対の理由らしいです。

まず、前者ですが。。。

去年の末頃、パグちゃんを新居に迎えよう―そう提案したとき。
まず、最初に気になったのが、アレルギーの話でした。

この点においての”不安のでっかい塊”は、ちょき日記のかめはめさんに教わって、ずいぶん溶けたのですが、それでもやはり、

「どうなの?」

と聞かれると、ちゃんと理路整然と話せないので、きちんと知識を付けようとネットサーフィンをしました。
結果、ずいぶんとまとまってきたので、とりあえずは一安心。
もっと頑張ってみよっかな~と思っているところです。

実際、きちんと掃除さえしていれば、何の問題もないと思いますし。。。
そりゃあ、子どもが動物アレルギーになったら、どうしようとか思わないわけでもないですが、そのへんはもっと勉強してみようかと思案中です。


がんばれ、こぱぐヽ(´―`)ノ


そして、後者ですが。

たぶん、大丈夫だと思います。
うちの可愛いお嬢様になるパグちゃんだから。。。

家族になった瞬間から、お別れするときまで、きっとそのときそのときで、違うものをくれると思うので、できるだけ長く、一緒に生活をともにしていきたいです!
そのためには、パグちゃんといて、しんどくならない環境を整えなくっちゃヽ(´―`)ノ

お金の問題とか、ご近所問題とか、気をつけることはどっさりありますからf(^-^;)



・・・とまあ、いろいろ考えさせられている親の苦言。

最初は、”そんなことないもん!”って反抗したものですが、いろいろ考えているうちに、冷静になってみれば、そうではなく・・・・・、

それほど、命を迎えるということは重要なんだと気がつきました。

当たり前のことだけど。。。

簡単に手放すなんてことは、できません。
だって、私が、

『家族にしたい』

って言って、連れてくるのだから。

もしかしたら、ほかに欲しい人がいたかもしれない・・・そんな方から”機会を頂く”のだから、その方のぶんまで責任と愛情を持って、暮らしていかなければなりません。

うちにパグちゃんが来る、その日まで。。。

じっくりシュミレーションしつつ、今の自分に出来る限りのことをしていこう・・・・そう思うこぱぐなのでした。

がんばりますですヽ(´―`)ノ
[PR]
by kopug | 2005-07-13 23:42 | 空想パグライフ(^v^)

社交性について~下~

昔、書店にて、立ち読みした”わんこ図鑑”で、見つけたパグは―。

きれいに整備された芝生の上で、かわい~くじゃれあいヽ(´―`)ノ、

かわい~く転びヽ(´―`)ノ、

かわい~く仲良く並んで、パグ座りしていました☆

あぁ、かわいい、なんてかわいいんでしょう☆
まるで天使みたいですぅ~~~~~~(=´∇`=)ノシノシ

そして七畳半の部屋で私は、一人、納得。
「そうか、そうか。パグってこんなに仲良しなんやな~(=´∇`=)」

わんこたちのふれあいを想像して、ニヤニヤしていました。

「ハッピー・パグ生活~~♪」

さんざん舞い上がって、ふと気付くと。。。

「・・・タロウ、社交性1%じゃんか・・・(;´д⊂)」

愕然としました(T-T)

それもそのはず。

タロウがうちに来たのは、94年。
まだ、私たちがオフ会とか、そういうシャレたものを知らなかった時期です。
毎日、家族みんなが彼に、

「おはよう、タロウヽ(´―`)ノ」

「いってくるね、タロウヽ(´―`)ノ」

「ただいま、タロウヽ(´―`)ノ」

「おやすみ、タロウヽ(´―`)ノ」

そう話しかけていました。
まるで、新しい息子を迎えたかのように・・・ヽ(´―`)ノ

・・・新しい息子??

あれれ、タロウってばもしかしたら、毎日毎日、話しかけられるうちに、自分が”パグ犬”であることを忘れてしまったのでしょうか(T-T)?

本当の意味で、次男坊のつもりでしょうか?

いや、そんなはずはないと思います。

だって、ちゃんと足上げてオシッコするし、うん○のあとは、後ろ足で砂を払いますし・・・(お食事中の方、ごめんなさい)。

あぁ・・・でも・・・タロウくん、タロウくん!

パグとしての誇りはどこへ行ったんですか(T-T)!?

けど、まったく、わんことの接触がないわけではありません。
昨日もお話したとおり、大親友のアメリカンコッカの女の子がいますし・・・。

でも、彼らの関係・・・。
人間で言えば、当時、還暦を過ぎているおじいさんが、20代の女の子が遊んでいるという・・・ミョーな関係です(*_*)

いや、わんこの世界に、人間の価値観を当てはめること自体、間違っているのかもしれませんが。。。

でも、でも。。。

私としては、たった1わんこのお友達は、寂しいと思うのです。

そこで、私は考えてみました。
近い将来、ウチにやってくるであろう、かわいいお嬢様パグちゃん(=´∇`=)ノシノシ

そのお嬢様に、夢を託すことにしました。

まず、うちに来てから―。
免疫が切れて、注射ができるまでの間は、だっこしてお散歩☆

腕の中で、パグちゃんは、知らない匂いに戸惑い、でも好奇心でお鼻をぴくぴくさせています。

『うぅ~~ん、かわいいぃ~~~(=´∇`=)ノシノシ』

そして、予防接種完了☆
めでたくお散歩が解禁されたら、新しいハーネスにリードをつけて、散策開始ヽ(´―`)ノ

パグちゃんがゼーゼー言わないように、時間帯と気温に気をつけて出かけます。
私の横にぴったりとくっついて、歩くお嬢様☆

そうだ、ペットボトルのくっついた、水飲みも持っていかなくちゃヽ(´―`)ノ ←どこまで行く気だ

そして、公園や道端で―。
私たちは、わんこに会います。

「くんくんくん・・・(´・ω・`)」

「ふがふがふが・・(´・ω・`)」

こうして、挨拶が済んだあとは、仲良くじゃれあいます。

それはそれは、本のように・・・ヽ(´―`)ノ

こうして、わん友は増えていくのです☆

わ~~、どうしましょうヽ(´―`)ノ
なんだか、今から楽しみになってきたではないですか~~ヽ(´―`)ノ

喜びいさんで、こぱぐダンナ(仮)に話しかけました。

「ねえねえ、うちのお嬢様、今、どこにいるかなあ~~(=´∇`=)ノシノシ」

広がるパグワールド、頭の中に、これから先に立ちはだかるであろうパグ問題と解決策が怒涛のように押し寄せてきます。
テンションは、沸点に達しました☆
あぁ、ふがふがが聞こえてくるようです~~(=´∇`=)ノシ

しかし・・・(仮)の口から出たのは、夢もかけらもない言葉でした。

「てゆーか、遺伝子レベルでも生まれてないからε=(~Д~;)」

い、い、遺伝子レベルでも・・・・・。

がびょーーーん((((゜д゜;))))

夢を打ち砕かれて―。
妄想の中のお嬢様は、急速に遠ざかっていくのでした。。。

待ってぇぇ~~~(´Д`;)
[PR]
by kopug | 2005-07-09 21:05 | 空想パグライフ(^v^)

突然ですが!

私の名前は、こぱぐです。
宮崎県に生まれ、大学進学でやってきた京都で就職。
年内入籍を目指すにあたって、おそるおそる彼に、

「ね、ね、パグちゃんを迎えなぁ~~い(´ε`)??」

と、提案。
幼い頃にわんこを飼っていたことのある彼に快諾されて、パグちゃんとの出会いを心待ちにしている20ン歳です☆

・・・と、これが私の今の自己紹介。
たぶんコレ、半年前でも、それどころか、1年前でも使えるはず。
そう、つまり、変わらない近況が続いているわけなのです~~~(T-T)ノシノシ

悲しいです。
あぁ、悲しい(;´д⊂)

我慢できずに、半年前―。
ようやく手に入れたパソコンを使い、ネットサーフィンをすること数日間。
なんとか、パグ飼いの方々の仲間に入れてもらいました。

『あ~~~、よかった~~~。ちあわせ~~~~(´ε`)』

画面に映るのは、たくさんのパグちゃんたち。
かわいい、かわいすぎるぅ~~~☆
気に入った画像は何度も、時折、拝見する動画は、テレビを消し、ボリュームをMAXにして、じっくり見ています。

それまで、パグと言ったら、1年に2回、実家のタロウを見るくらいしかできませんでしたから。

あれ以来、ネットで出会った、たくさんのパグちゃんがココロを癒し続けてくれています。

いやあ~~、パグ最高☆

本も買ったし、いろいろ調査もしています。
あぁ~~、来年の今頃、私はパグちゃんと一緒にいるのでしょうか?
あのツルツルしたお耳をさわることができるのでしょうか?
あのおっきなあくびを見ることができるのでしょうか?
あの可愛らしい”ふがふが”を聞くことができるのでしょうか?

あぁ、なんだか、夢みたいです~~~。
私がパグちゃんと一緒に生活できるだなんて~~(=´∇`=)ノシ

先日、ファミレスにて、恒例のドリンクバー会議☆
彼が頭を抱え込みました。
「あ~~、寝不足だ。。。」
「ま、新居に越して、新婚生活始めたら、変わるよ~~。私が帰宅しても、別の部屋で寝てればいいだろうしね~~」
励ました私に、彼は苦笑しながら返しました。

「無理だよ。私が帰宅したら、家に何かいるねん。変な生き物が、”ふがふが~~”って私を迎えるねん」

へ、変な生き物・・・・・・・パグかぁぁ~~~~ヽ(`д´)ノ

怒る私。
テーブルについた両腕を上げて、パグと遊ぶマネをする彼。

今考えてみると、二人とも、新婚生活=パグライフになっているようで・・・f(^-^;)
新居もペット可で探しているし、ホームセンターにも価格調査に行ったし。
我々の新生活、どうやら、思いのほか、パグちゃん中心になっているようで☆

ああ、どんな新生活になるのでしょう?
大変だろうな~、楽しいだろうな~、かわいいだろうな~~(=´∇`=)
お引越しは、とりあえず、8月末の予定になりました。
きちんとおうちを整えて、いらっしゃいませ、まだ見ぬパグちゃん☆

・・・あああ~~~、待ちきれないぃぃ~~~(=´∇`=)ノシ

『とりあえず、近いうちに、パグのぬいぐるみでも買ってこようか・・・』
と、思いつめたりして。

自己紹介は、半年前も1年前も変わらないかもしれない。
けれど、毎日はちょっとずつ進んでいて、そして今は、ぬいぐるみを使って、”しつけ”のデモがしたくてしたくてしょーがない!!

そんな私なのでした☆
[PR]
by kopug | 2005-05-30 23:31 | 空想パグライフ(^v^)

罪を着せられたパグ☆

さあさあ、今日は楽しい木曜日♪

明日はお休み★
ルンルン気分で、今日も、お仕事終えて帰ってきました~(=´∇`=)ノシ


そしたら、こぱぐ彼がうちへ遊びにきていました。

「よお、こぱぐ彼! お仕事終わったのか??」
上機嫌で話しかけると、彼は悲壮な顔を向け、大騒ぎし始めました。 

「たいへん、たいへん、こぱぐさん!」

「な、なに?」
驚く私に、彼は身振り手振りを交えて、大袈裟に話し始めました。

「実はね、こぱぐさんが仕事している間に、うちにパグが忍び込んだの!!」
「??」
「でねでね、そのパグが冷蔵庫にあった野菜スープを飲んじゃったの(iдi)」
「ど、どんな感じで・・・?」
「フガフガって」

沈黙―。
『こいつ、夕ご飯にとっておいた野菜スープ、飲んだな・・・』
怒りたいような、バカバカしいような、妙な気分の私をよそに、彼は続けます。

「でねでね、パグは全部それを飲んで、びゅーんと走って、ベランダから逃げちゃった(+_+)」
オイオイ・・・(汗)。
複雑な気持ちのまま、私は尋ねました。
「で、パグはつかまえられなかったの?」
「いや、それがすばこって・・・違うな、なんだっけ?」
「”すばしっこくて”」
「そう、すばしっこくて、つかまえようとしたんだけど、あっというまに逃げちゃったんだ」

~~・・・・。
気を取り直して、再び質問。
「で、パグはスープ飲んで、何て言ってた?」
「えっと、何も言ってなかったけれど、お鍋の底のコゲを見て、悲しそうにしてたf(^-^;)」

あ~~、悪うございましたねえ~・・(--メ)

弁解を終えた彼の後ろに、空っぽになったお鍋が鎮座しておりましたとさ★
[PR]
by kopug | 2005-04-28 23:03 | 空想パグライフ(^v^)

どりどりどりーむ★

人は時として、リアルすぎる夢を見ることがあります。

そりゃあもう、言葉に出せないくらい焦りまくりのやつ(;´д⊂)
見ているときはめちゃくちゃ大変なんですが、実際に起きて、考えてみると、
「なんじゃ???」
ってな感じのやつを(笑)。

で、今朝―。
まさにそういう夢を見ました。

それは、近い未来の出来事。
私はリビングにいます。
そこにいるのは、パグ(=´∇`=)ノシ
”リビングパグ”です☆
ソファに座る私の足元で、

「ふがーふがー(=´∇`=)」

かわいく、うとうとしています♪

時はゆるやかに流れ―、
小腹がすいた私は、キッチンへ向かいました。
そこにいるのは、パグ∑(゜△゜;)
人呼んで、”キッチンパグ”なその子は、キッチンでお菓子を手に入れた私に、飛び掛ってきました。

モモンガ並みの跳躍力で!!!

「きゃあ~~~」
慌ててリビングに戻ると、”リビングパグ”がむくっと起き上がって、こちらを見ています。

『は、はさまれている・・・』

とっさに私は、トイレへと飛び込みました。
すると、そこには・・・・。

「フガフガΨ(`∇´)Ψ」

いました、”トイレットパグ”が!!
もう、絶体絶命!!
「も、もうダメだ!!」

と、頭を抱えたとき、目が覚めました。

ものすっごいリアルな夢―。
すぐさま、辺りを見回したこぱぐなのでしたf(^-^;)

「3匹のパグは、いないよね・・・・(ドキドキ)」
[PR]
by kopug | 2005-04-27 23:46 | 空想パグライフ(^v^)