京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:なんだかんだと国際結婚(・ε・)( 46 )

明日から、台湾です。

行くことになってから、あれだけ気を揉んでいた”ヒート”も、ほぼ1ヶ月くらい経った今はほとんど終了状態になり・・・、

「あー、良かったぁ~(;´д⊂)」

「やっぱり、預かってくれるとはいえ、ヒート状態のままだとアレだもんね~・・・」

なんて、ホッとしている私達。

・・・だからってわけではありませんが、旅行用キャリーの中身は未だ空っぽだったりします(笑)。
海外とはいえ、帰省みたいなものだし、お葬式だけど喪服は使わないって言われたし。
個人的に持っていくものは決まっているから、あとは頼まれものとか、そんな感じで。

ちなみにいつも持っていくものは、こんな感じ☆

①雑誌(キャリーに1冊、手持ちで2冊程度)・・・・・・家で読んでなかったものや空港で買った物。行きの飛行機と滞在中のあいた時間に読んでます。で、戻りの飛行機用には台湾の雑誌を購入し、眺めています。

②洗顔&メイク落とし&基礎化粧品・・・・・・空港で買うと割高だし、いつものものが見つかるとも限らないので、必ず近所で購入して持って行きます。免税品も、化粧品とかは日本用じゃなくて外国用の処方のものがあったりするし、思ったほど割安でもないし。。。

③洗顔あわ立てネット・・・・・・空港のは高いー! 

④ビニールポーチ・・・・・・台湾にいるときはよく温泉などに行くし、ほかにも何かと重宝するので。個人的にはユニクロの化粧ポーチがコストパフォーマンスが高くて使いやすいです♪

⑤デジカメ&充電器・・・・・・これは必需品ですね~。

⑥携帯電話・・・・・・・関空に行くまでと、台湾から戻ったあとに必要なので、一応、持って行きます。でも、電池をフルにして持っていっても、1週間も電源落としてたらあっという間に電池切れを起こしてしまうことが多々・・・。最近はちょっと乱暴ですが、電源おとしたあとにバッテリーを抜いて、カバンにしまっています。

⑦服など・・・・・・出来る限り持って行くけれど、足りなくなったら関空のユニクロで購入~。私が利用するときは夏か初夏のような薄手のものが多いし、日本へ観光しにきた人向けにしょっちゅう浴衣が売っていますから、帰国してソッコーで使いつづけられるものは、実はそれほど多くはなかったりしますが。。。

⑧ガイドブック・・・これは持っていったり行かなかったり。

⑨ノートと筆記用具・・・気になる単語をメモして、あとでダンナ氏に聞きます。

⑩ipod やPSP &それらの充電器 ・・・所々で生まれる、ちょっとした時間の暇つぶし。


・・・とまあ、そんな感じでしょうか?

以前は、それに中国語辞典とか、中国語単語テキストとか持っていったりもしていたのですが、あんまり使わないし、ダンナ氏いわく、

「台湾で使う中国語じゃない」

らしいので、結局、いつの間にやらリストから消えていきました。
あ、これらの持ち物は、旅行用ではなくて帰省用のリストです、念のため♪

結構、いろいろあるのね~。

・・・と、リストをきちんと文字に起こしたところで。

そろそろ、準備を始めようと思います~(^_^;)。

あと、台湾のお葬式についても、粗相のないように、もうちょっと調べておこうかな。。。

それから、ほしみとの時間も楽しんでおかないと!

・・・・・・そんなこんなで、頑張りますです('◇')ゞ
[PR]
by kopug | 2008-11-10 23:32 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)

お国変われば・・・

突然ですが、来週から約1週間、台湾へ行くことになりました。
理由は、ダンナ氏の身内の不幸のため。

結婚4年目の我が家にとって、台湾でのお葬式は初めてで、いろいろ調べてみたら、その日本との風習のあまりの違いにビックリ!!

そもそも、10月末に亡くなって11月中旬にお葬式という時点で、

「?」

という感じだったのですが、どうやら台湾では陰陽士が風水や故人の享年齢などから計算してお葬式にふさわしい日を決めるらしく、今回のケースはダンナ氏ママいわく、

「これでも早い方だったのよ」

とのこと。

ネットで調べてみたら、人によっては数ヵ月後とか半年後とかいうケースもあるらしいので、確かに早いといえば早いかも。。。

ちなみにその間、ご遺体はどうするかといえば・・・・・・・・・業者さんが冷凍保存してくれるのだそうです。そして葬儀前日に出してきて、自然解凍するらしい・・・・・・。

久しぶりのカルチャーショックに、ちょっと度肝を抜かれてしまいました。。。

結婚から4年が経過して、知り合った直後はちょこちょこ、

「えー、台湾ってそんなんなの!?」

という衝撃も多かったのですが、ダンナ氏もダンナ氏家族も日本語がしゃべれて、その生活には日本製品や日本の習慣が馴染んでいるためか、いつの間にかそういうこともなくなって。。。
何にもないことに慣れていました。

正直、国際結婚だってのも忘れかけてたくらい。

それがねー、まさかこんな・・・・・・。

習慣の違いというのは、驚きの連続です。

あと今回のことで仕事を休まなくてはならなくなったので、その代わりとして、クリスマス前まで平日休みナシで働くことになりました・・・。。。これもある意味、衝撃・・・・・・かも。

とりあえず今のところは、来週からほしみを動物病院へ預けなくてはならないので、一刻も早くヒートが終わってくれるのを望むばかりです。

がんばれ、ほしみ(何?)!!

そんなこんなで、久しぶりの国際結婚関係話でした。
[PR]
by kopug | 2008-11-07 23:31 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)

結婚記念日ディナー♪

今日は結婚記念日☆

・・・というわけで、ダンナ氏は有休をとり、みんなで家でダラダラ。

ほしみはほしみで、そんな日が一番嬉しいらしく、常にくっついてはゴローンとおなかを見せたり、撫でられて気持ち良さそうに、

「ぶーぶー」

って言ったり・・。

あと、”とってこい遊び”や、”ひっぱりっこごっこ”を心ゆくまでしてもらい、とても嬉しそうにしていました。

なので、夕方、外食に出かけるときも、”一緒に行く”と最後まで信じて疑っていなかったようで、ドアを閉めた瞬間、怒りの、

「キャンキャンヽ(`Д´)ノ」

って訴えていましたが・・・。。。

「ごめんよ、ほしみ~」

「さすがに結婚記念日の夜だからね~・・・」

なんて言いながら、ドキドキの初ホテルディナーへ♪

行き先は、ちょっと気になっていたものの、なかなか縁のなかった”ウェスティン都ホテル京都”♪

お目当ては鉄板焼きだったのですが、急に思い立ったためか満席~・・(;´д⊂)

あれこれ悩んで、結局、もう少しリーズナブルなレストラン、アクアブルーへ行くことにしました。

お手軽なビュッフェ形式に、私たちは思わず、ホッ・・・。

「鉄板焼きは、まだまだ私たちには早かったかもね~」

「うん。4万円のディナーなんて、そんなに縁がないしね・・・。緊張して、あまり味がしなかったかも」

なんて笑いながら、あれこれ食べていました。

いや~~、楽しかった♪

・・・・・・・・・・・・・・・まあ、結婚記念日ということで、ちょっとおめかししてたのだけれど、まわりがわりとラフな格好の方が多かったってのが、ちょっと恥ずかしかったりしましたが(笑)。

けど、ウェスティンということや、観光シーズンということもあってか、ほかのお客さまの大半が欧米の方で、みんなそれぞれに京都でどこに行くかという話や、たわいのない世間話をしていたので、

「ま、それほど気にならないから、良かったね~」

なんて話したりしていました。

味は、お肉はわりと硬くて、ちょっと汁気が飛んでいて、味わいのないものが多く、イマイチ・・。
お魚もわりと固めで、それほど美味しいとも感じませんでした。

前菜やスープ系、それから飲み物は〇、デザートのゼリー系は△、お肉やお魚類は×、その他のおかずは△ってところが、私たちの見解でした。


・・・・・ってか、食べすぎてない? って話もなくもないですが・・・(;´д⊂)

いいんです、結婚記念日なので。 ←言い聞かせてるし!


・・・・と、味について少し話したりした私たちですが、やはり家で帰りを待つほしみの話も、ちゃーんとちょこちょこ出てきていて、それに関連してか、こんな発見をしてしまいました。


「このフォアグラのテリーヌ、パグ臭がする・・・」

とダンナ氏が言い出し、

「え~~っ、そんなことないでしょ・・・・・・・あ、するかも」

「どのへんからするんだろ? あと、この匂いって、パグのどこの臭?」

「うーむ・・・。少なくとも下の方じゃないよねー・・。匂い的には、背中かおなかのような気がするけど・・・」

・・・・・こんなとこに来てまでも、パグ話とは・・・(;´д⊂)

どうやら私たちは、重度のパグ症なんだな~と痛感した、そんなひとときだったのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-10-25 23:30 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)

記念日前夜祭♪

結婚記念日の前夜祭ということで、いつもよりちょっと高めのお肉を買ってきました♪

・・・・・いや、結構高めですね・・・・・間違いなく。。

そしてお肉を焼いて、テーブルに並べていたら、いつのまにやら黒い影が((((゜Д゜;))))

結局、ほんのちょっとだけおこぼれをもらって、少し気が大きくなったのか、そのあとのケーキやらワインやらにもちょっかいを出してくるようになり、ちょっとハラハラしちゃいました(;´д⊂)

いつもはテーブルの上なんて、そんなに興味を持たないんですけどね~・・・おそるべし、パグの食欲・・・。

で、今は、すっかり酔いが回った私と一緒に、力いっぱい遊んでいます♪

ハイテンションな私に、喜んで追随するほしみ☆

明日はお留守番なので、もう少し長めに遊んであげようと思います☆

「さあ、”とってこい遊び”しよ~~♪」

「Ψ(`∇´)Ψ」

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2007-10-24 23:30 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)
連休の中日です☆

みなさま、いかがお過ごしでしょうか~~~?

私の方はといいますと。。。

先週、ダンナ氏の風邪やら何やらで、ピザ食べておしまいだった結婚記念日―。
その仕切りなおしに、町まで行ってきました。

「さあ、今日はほしみには、お留守番してもらって~~♪」

「2人で遊びましょ~~♪」

・・・そう言った割には、最初に寄ったのは、行きつけのわんこグッズ屋さん・・・河原町三条のPOSTというお店だったりしますが・・・ヽ(゜ー゜;)ノ

「今日は結婚記念日の仕切りなおしでしょ~~?」

ダンナ氏の冷たい視線に、慌てて手を振る私。

「い、いや、取り寄せを頼んでいたものだから! ほ、ほら、町に出るのって、最近はそうそうないし、こういうときに取りに行かないと・・・ねっヽ(;´Д`)ノ?」

言い訳して、お店に寄り、”パグ柄のわんこ用お皿”と”パグちんのアップリケがついた、小さなバッグ”を買って、

「さあ、いってみよ~~♪」

「よっしゃ~~♪」

と、久々のカラオケタイム☆

2時間たっぷり楽しんだあとは、先日、ほしみのお洋服を買った”わんこグッズ屋さん”へ☆

「・・・・・って、また、ほしみ関係だし~~~!!」

と、つっこまれて、またまた、言い訳する私。。。

「い、いや、町に出るのはそうそうないし・・・。それに、見るだけだから~~!!」

・・・と、結局、グッズ屋さんへ☆

「ほら、これ、いいでしょ~~♪ かわいいでしょ~~♪」

「お、いいね~~♪」

結局、しっかり見てまわったあとは、・・・・さすがに、”ほしみ関係”が続くのもな~~ということで、適当にウィンドウショッピング☆

パソコンショップやら、ドラッグストアやら、ちょこちょこと回ったあと、夕食タイム~~☆

「おなか空いたし・・・いいよね~~♪」

と、これまた久しぶりに、しゃぶしゃぶ食べ放題へ行ってみました。

「いや~~~~~、おなかいっぱい~~~♪」

「ちょっと酔っちゃった~~~♪」

ほろ酔い気分で店を出て、スタバでお茶して、プリクラも撮っちゃったりして☆

ほんの少し寒くなってきた道を歩きながら、2人、なんとなく言い出した言葉が重なりました。

「・・・ほしみ、今頃、どうしてると思う?」

そして、そんなシンクロにびっくりしたりして(笑)。

「明日は、ほしみとのお散歩、長めにしてあげようかな~~」

「そうだね、そうしよう・・・」

2人だけ遊んだ後ろめたさ(?)からか、帰り道は自然と、ほしみへの懺悔タイムへと移行していったのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-11-04 23:02 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)
これぞ、文化の違いってやつでしょうか?

・・・なんて、いきなり書くのは、訳がありまして。。。

我が家は、ご存知の通り、夫が台湾人、妻が日本人の国際結婚カップルです。

だから、テーブルマナーやら何やら、細かな違いがあったりして、そのたびにびっくりしたりすることも多いのですが・・・。

今日、新たな違いが発覚しました。

それは・・・・・”夜道を女性が1人で行くのは、必ずしも危険ではない”という感覚を持っているということ。

私が田舎の人間だからでしょうか?

ずっと小さい頃から、

「女の子は、夜道を1人で歩くもんじゃないよ」

と、言い聞かせられてきました。

だから、特に疑いを持つことはなく・・・。

『そうか。夜道を1人で行くのは、危ないんだ』

と、当たり前のように認識していたのであって。。。

当然、進学しても、社会に出ても、そうじゃない意見を聞くことはなかったし、実際、そんなもんだと思っていたのですが・・・あらびっくり!

人生の伴侶である、我がダンナ氏は、全然、そうじゃないと思っていたみたいです。

いや、厳密に言うと、”危険でない道なら、夜、何時でも、1人で行っても、全然大丈夫”ってことらしいのですが・・・。←その”危険でない道”ってのが、多すぎる(゜▽゜;)

私にとっては、それもびっくりで。。。

そういえば、以前、親戚のおばさんに、

「夜道を歩くだなんて、危険よ~。こぱぐちゃん!」

って言っていたのを、

「大丈夫~~。うちの近くは安全だから♪」

なんて、のほほんと返していましたっけ。。。

心配してくれたことといえば、飲み会で遅くなることぐらい・・・。
これはたぶん、道が危険云々という話ではなくて、千鳥足で、あちこちふらつく私の心配なのでしょう。

私の常識と、彼の常識の相違―。

別に私が犯罪に巻き込まれていないから、問題はないのかもしれないが・・・。
・・・というか、巻き込まれたら、心配してくれるのか!? と思ったり。

「うぅ~~~ん、国際結婚って・・・難しい・・・(;´д⊂)」

と、改めて思った、深夜のビデオショップ―。

ためしに、12時までうろついてから帰ったのですが、やっぱり、フツーにこう言われて終わりでした。

「あ、おかえり~~♪」

・・・・・・・なんだか、・・・うまく言えないけれど、不快度指数、急上昇!

「いいよ、もう!! 明日、ほしみと一緒に出かけて、ふたりだけで楽しんできてやるから!!!!」

気分転換にゲームにいそしむダンナ氏の後姿に向かって、イーッとした私なのでした。

ちゃんちゃんヽ(`Д´)ノ
[PR]
by kopug | 2006-09-22 23:28 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)

お掃除終了☆

あとは、待つだけ~☆

「きゃん、きゃんヽ(´―`)ノ」

今日はほとんどずっと、ケージから出してもらわなかったほしみ。
水を得た魚のごとく、走り回っております☆

ぼうっと見ているぶんにはいいのだけれど・・・、いざ、膝に乗ってくると、

「Ψ(`∇´)Ψ」

と、ガブガブ、髪やらアゴやらを狙ってきます。

「ちょっと~~、かまないでよ~~~(;´д⊂)」

お姑さま・我が家に初来訪―。
そのときを待つ間、どうやら彼女のハイテンションは救い(?)になりそうです。。。

「これで準備は完璧だと思うけどな~~・・・」
[PR]
by kopug | 2006-04-23 20:13 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)
3日ほど前のこと―。

夕食の時、ダンナ氏が言い出しました。

「いや、今まで言わなかったんだけどさ~~」

『こういう切り出し方からくるものは、あまりいい話ではないな―』

そう思って、箸を止めて、ダンナ氏を見つめると。。。

「こぱぐさん、つきあいだした頃は、料理が下手だったよねΨ(`∇´)Ψ」

・・・ほら、やっぱり、ろくな話ではありません(;´д⊂)
というか、何、それ。
その直球な言い方は!

まるで、草野球のキャッチャーをしているところに、笑顔で剛速球・・・しかもイガ付きの栗
を投げられる感じヽ(;´Д`)ノ

痛いです・・・ホントにヽ(;´Д`)ノ

「・・え、な、なんで! そんなにまずかったの!?」

こうなると、もう、食事どころではなくて。。。
身を乗り出して尋ねると、ダンナ氏はきょとんとして食べ続けます。

「え、なに? 今、褒めたんだけど・・・。昔に比べたら、数段、うまくなったって('∇')」

「・・・褒めてないよ・・・。ていうか、質問に答えてよヽ(`Д´)ノ」

じっと見つめたまま、身じろぎ1つしない私に、ダンナ氏は少し手を止めて、話し始めました。

「ほら、こぱぐさん。こぱぐさんって、つきあったばかりの頃、塩とかしょう油とかをドバーーーって入れていたでしょう? 明らかに許容範囲を超えて」

「・・ああ・・・」

確かに、覚えがあります。

ダンナ氏と付き合い始めたあの頃―。
つまり、3年ちょっと前に、スーパーにて比較的大きな入れものに入った”塩”を見て、

「おぉ~~、こりゃお得だあ~~☆」

と、やや興奮気味に買った私は・・・、箱入りだったそれを別の容器に移すことなく。

「ま、手首のクイックで、料理に直接入れればいいでしょ~~Ψ(`∇´)Ψ」

・・・能天気な考えをもとに、見事、数ヶ月、そうやって使っては。。。

「あれ、入れすぎた! ま、いっか。始めは誰だって慣れないさ(^~^)」

とか、

「あれれ、入れすぎた! ま、いっか。始めのうちは誰だって、慣れないし(;´д⊂)」

「あれれれ、入れすぎた! ・・・・ま、いっか。始めのうち・・でなくても、いつか慣れるさヽ(;´Д`)ノ」

という具合に、塩多めの日々を続け・・・数ヶ月の後、箱が軽くなってきた頃に、まともな味付けができるようになったのでした。←ちなみに、しょう油もまったく同じ話だったり∑(゜△゜;)

・・・人間、面倒くさがるのは良くないようで。。。
私もちょっと塩辛いかな~~と思ってつつも、”ま、いっか”と流していたのですが、よくよく考えてみれば、ダンナ氏は私よりも塩分に敏感。

さぞかし、つらい日々だったのでしょう・・・(;´д⊂)

「・・確かに、塩辛かったかも・・しれないね・・」

ちょっとテンションの下がった私に、ダンナ氏はというと、

「大丈夫だよ~~。食べられないほど酷いものはなかったしね・・・あんまり('∇')」

あ、あんまり~~~!?
あんまりですか、あんまり~~~!!! ←また、テンション上がってるし(⊃д⊂)

「というか、なんで、言ってくれないのよ!?」

訴える私の脳裏には、つきあい始めの頃のシーン―。

「うん、美味しいよ☆」

「美味しい☆」

と、ばかり言ってくれていたダンナ氏の顔が去来しています。

『あれ、全部ウソだったんかーーーー!!??』

がびょーん状態の私に、食事を再開したダンナ氏が言いました。

「ほら、”人は褒めて育てよ”って言うでしょう? 私もそうしたのさ~☆」

・・・人は褒めて育てよ・・かぁ・・・。
確かに、・・・”まずい”、”まずい”と連発されては、やる気は失ったかも。。。

だけど!!!(;´д⊂)

「でも、今は美味しいよ。良かった、良かった☆」

ニコニコ食べるダンナ氏に、私は思わず、こう訴えたのでした。

「そんなの、今になって言わないでよ~~。墓場まで持って行ってよ~~(⊃д⊂)」

それから、今日まで―。

ダンナ氏が、

「うん、美味しい☆」

と言うたびに、私は、

「本当? ねえ、本当に? 本当~~??」

そう聞きまくってしまったのでした☆

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-01-26 14:07 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)

お弁当談義☆

「え、お弁当届けてくれるの?」

ダンナ氏が目を丸くしたのは、昨夜のこと。
寝る前に、私が、

「明日、お昼は何時に食べるの?」

と言った後のことでした。

「え・・・、遠まわしに聞いたつもりだったんだけど(;´д⊂)」

内心、ちょっとだけビクッとしながらつぶやくも・・・言ってしまったことは仕方がない(;´д⊂)

深呼吸して、胸張って。
私は宣言しました。

「うん、作るよ。作って、持って行ってあげる☆」

それで、ぷち喜びのダンナ氏は明日の予定を伝えて、ニコニコしながら眠りについたのでした。

「久しぶりだなあ、お弁当☆ いやあ、本当に久しぶり☆」

とか、やや、寝言に近い発音で、つぶやきながら。。。

で、夜が明けて・・・今日―。

「えっと~~~(;´д⊂)」

お昼前。
キッチンで、いろいろ奮闘する私の姿がありました

とりあえず、自分で決めちゃったものの・・・実は、お弁当は作り慣れていない私。

「うぅ~~ん、何を作ろう???」

冷蔵庫を開けたり、閉じたり。
包丁を持ったり、置いたり。

そんなことをしながら、いろいろと考え込んでいました。

というのも、私、在職中、お昼ご飯が必要だった出勤日は、2日のみ。

だから・・・2日くらいは・・・ってなわけで、ほぼ、外食したり、買ってきたりな日々を過ごしていたのです。

ま、10年近くいたわけですから、そのうちの数回は作ってみましたけど、・・・ニチ○イの冷凍タイプのお弁当のおかずシリーズを愛用してみたり・・、前の日にスーパーで買ったお惣菜を入れてみたり('~')

まあ、そんな感じでしてヽ(´ー`)ノ

・・だから、つまり、自分のためにお弁当用にできるおかずを作ったのは、かな~~り少なかったんです。。。

ゆえに・・・、独身時代。。。

たまに、ちょっとだけ見栄を張って、作ったお弁当を、当時のこぱぐダンナ氏(仮)に持たせても、

「うぅ~~ん、今日はおかずの汁気が出ていたかな?」

とか、

「うぅ~~ん、今日もおかずの汁気が出ていたかな?」

とか、

「うぅ~~ん、・・・今日も汁気が・・・あっ、でも、大丈夫だよヽ(;´Д`)ノ」

というように・・・うまくいかなかったんですヽ(;´Д`)ノ

ああ、お弁当って難しい。。。

ほかにも、

”魚と葉物の野菜を炒めると、後々、生臭くなる”

とか、

”常にお弁当に気を配って出勤するわけではないから、会社に着くと、ご飯とおかずが反乱起こして、ぐちゃぐちゃになっている”

とか・・・、何度かやるうちに、とにかく、いろいろな問題が出てきてしまいまして・・・(;´д⊂)

「うぅ~~ん、お弁当って何ぞや??」

たくさんの疑問にぶち当たった私は、お弁当活動からフェードアウトヽ(;´Д`)ノ

最初のかいがいしい愛は、どこへやら☆

ダンナ氏も、いつしか、何も言わずに、昼間は外で食べるようになりました。

・・・ま、独身時代でしたからね~~☆
あと、私も仕事をしていましたし♪ ←これ、最強の言い訳(笑)

そして、時は流れて、昨日の夜。

『結婚したんだし・・・、節約生活なんだし・・・、やっぱり、お弁当学に再入門すべきよね・・・』

ふと思い立った私は、ダンナ氏にそれとなく提言。
・・・で、再入門することになったのですヽ(´ー`)ノ

「どうしよう?」

一人、まな板の前で、考えます。

時計を見れば、12時10分前―。
約束の時間が、1時だから、・・・移動など、もろもろの時間を入れると、残された時間は約30分。

けして、余裕な時間ではありません(;´д⊂)

今回のお弁当テーマは、”冷蔵庫のもので作る”ということ。
だけど、テーマを上げてから気がついたけれど、今日はスーパーへ行く日。

つまり、冷蔵庫の中には、あんまり何もないのです(;´д⊂)

「・・・ふむ・・・」

野菜室には、白菜少々、ネギ少々・・・。
冷凍庫には、お魚少々、豚肉がまあまあ・・・。

扉を閉めて、そこに寄りかかりながら、ため息をつきます。

「・・できるだけ、汁気がない方がいいもんね・・・。じゃあ、何が・・・??」

食材に関する記憶を掘り起こします。

そして、数十秒後―。

「あ!」

蘇ったのは、一昨日のこと。

ハンバーグを作ったときに、前の職場のおばさまから、

『ハンバーグでも何でも、少しでもいいから、たくさん作ったときに、お弁当用にとっておくと重宝するわよ~~Ψ(`∇´)Ψ』

と、聞いたのを思い出し、ためしに2個だけ、取っておいたのでした。

「確か、冷凍庫にあったはず!」

再び扉を開いて、ハンバーグを見つけると、あら不思議☆
そのとなりで、タレ付きのうなぎクンが、

「私を使ってくれないかい('∇')?」

と、誘いをかけているではありませんか~~!

こりゃ、使わない手はありません!

・・・てなわけで、ハンバーグを焼いて、うなぎくんを戻して、ちょこっと野菜を炒めて。。。

お弁当、出来上がり~~~☆

さっそく家を出て、宅配へ出かけた私は、

『これから、もっともっと勉強して、作ってみよ~かな~~Ψ(`∇´)Ψ』

と、上機嫌に、スキップしかけて・・・、

「おっと、あぶない!」

あわてて、お弁当をガードしたのでした。

・・・いや~~、主婦の道って険しいですな~~。
まだまだ、これからです・・・ハイ☆
[PR]
by kopug | 2006-01-18 19:21 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)
夕暮れ、お食事時―。

「たっだいま~~♪」

今日は金曜日☆
よって、明日はお休みのダンナ氏。
上機嫌でご帰宅です。

そして、私はキッチンにて調理しながら、お出迎え☆

「おかえりー♪ 今日はカレーだよー♪」

「おぉーー、予告通りだねっ♪」

たわいもない会話を一通りして、…そして、私は切り出しました。

「ねえねえ、ダンナ氏。そこの袋を開けて♪」

「なーに、どこの袋?」

「それ、そこの本棚の前に置いてある袋♪」

「ユニ○ロの~~?」

「うん、それそれ~~♪」

カバンを置いて、ダンナ氏、言われるままに、袋を覗き込みます。

「わ~~、なんか、いろいろ入ってる~~♪」

で、ちょっと得意げになる私は、カレー鍋をかき回しながら、言いました。

「それ、ダンナ氏への誕生日プレゼントだよ☆ ずいぶん遅くなっちゃったけどね~~~。見て見て~」

「いや、いいよぉ~~。服でしょ? お風呂から上がってからにする~~♪」

そう言って、ダンナ氏、鼻歌を歌いながら、リビングへと消えていってしまいました。

「あ~~、やっと誕生日プレゼントがもらえたよぉ~~(TдT)」

という、小さなつぶやきを残して。。。


そう。
ダンナ氏の誕生日、実は今月でも来月でも、はたまた再来月でもありません。

…実は…9ヶ月前の4月だったのです(;´д⊂)

というのも、9ヶ月前―。

「ねえねえ、ダンナ氏。誕生日プレゼント、何がいいかな~~?」

ちょっと結婚前らしく、ちょっとだけ甘え気分で聞いた私に、返ってきた答えは、

「実印がいいな」

との、リクエスト。

で、結婚前の誕生日…でしたから。。。

「やだーーー、そんなの! もっとロマンティックなものがい~~い~~~!!!」

こぱぐ、ブチ切れ(;´д⊂)
今思えば、なんであそこまでって感じでもありますが…まあ、とにかく、誕生日プレゼントはこうして、のびのびになってしまっていたわけなんです。


それからの9ヵ月間、ことあるごとに、

「誕生日プレゼントの実印くださいな」

「イヤ」

とのやりとりが繰り返され、そして、今日。。。

化粧水を買いに、久々に出てきた四条(京都の繁華街)にて、私は思ったのでした。

『あぁ…、もう、春が来てしまうな…』

春―。
それは、4月…ダンナ氏の誕生日です。

ゲゲ!
もう、そんな時間!!

こぱぐ、ぴ~~~んちです!!! ←…というか(;´д⊂)

…ってなわけで、さっそく、誕生日プレゼントを開拓し始めたのでした。

「ええっと~~~、ダンナ氏、何が欲しいって言ってたかな~~~」

ぶつぶつつぶやきながら、歩き出します。

「そうだ。毛糸の帽子と、耳当てが欲しいって言ってたな~~!!」

そして、あーでもない、こーでもないと迷いつつ、数軒回って、たどり着いたのは、ユニ○ロ。

そこで、2個セットで1000円のネックウォーマー(腹巻ならぬ、首巻)と、ミニウエストポーチ。それから、調子に乗って、靴下とパジャマを買いました。

統一感、あんまりないです(;´д⊂)

でも、ほら、そのへんは焦っていますから。
こぱぐ、さくさくと前へ進みます。

「さあ、次は耳当てだぁ~~~Ψ(`∇´)Ψ」

そして、ユニクロの隣の登山やアウトドアスポーツ用品を扱うお店、モンベルへGO♪

ようやく、お目当ての耳当てをGETしたのでした~~~♪

・・・で、大きな袋を、すでにギューギューになっている買い物カゴに押し込んで、我が家へと、ペダルを踏み踏み、帰ってきたのでした。

『ダンナ氏、きっと喜ぶはず☆ たのしみぃ~~♪』

な~~んて、ウキウキしながら。

で。

・・・話は前後しましたが、そんなこんなでお風呂のあと―。

「ねえねえ、ダンナ氏。着てみせてよ~~Ψ(`∇´)Ψ」

と言う私に、ダンナ氏、にこにこしながら改めて、袋を開けて・・・絶句しました。

数秒後―。

「あんなに”ロマンティックがどーだの”言ってたくせに、なによーーー、この生活感あふれるプレゼントは~~~(;´д⊂)」

あ、そうでした、そうでした。
確かに言ってましたっけ、実印はロマンティックじゃないって。

『・・でも、・・・ねえ、実印だなんて。。。誕生日プレゼントって、感じじゃなかったし・・・。。。』

などと、へこむ私に、ダンナ氏いわく。

「靴下に、パジャマ。これって、なんか・・・プレゼントじゃないよ~~~!! 別にそんなに欲しくもなかったし~~~!!!」

「え~~~。だって、靴下、もうずいぶん買ってなかったじゃん」

「・・・だから、そういう場合は、プレゼントじゃなくて~~。生活消耗品でしょ? たとえば・・・そうだねえ、我々が40年以上連れ添っているカップルだとしよう。

 『はい、あなた。今年のプレゼントは靴下とパジャマよ』

・・・って、こういうのはアリだと思うのさ。たとえ、生活消耗品であってもね。でも、我々、新婚さんだよーーー!! 今から、こんなんでどうするの~~~」

と、ダンナ氏、靴下のみ入った袋を揺らしています。

「えっと、じゃあ、靴下なだけに・・・つるしてみる?」

「なによーーー、サンタさん? こぱぐさん、あなた、サンタさん!?」

・・・うぅ~~ん、どうやら、今回の誕生日プレゼントは失敗だったようです。。。

あ、でも、耳当てだけは、

「これはイケてるね~~♪」

って、気に入ってくれました。

でも、ほかのものは。。。

「あ~あ、気に入らなかったんかな~~?」

ぼそっとつぶやいて、ふと、トイレからリビングに戻ってみると。。。

「このパジャマ、なかなかいいね♪」

喜んで袖を通し、ゆったりとくつろいでいるダンナ氏の姿があったのでした。


・・・うぅ~~ん、やっぱり・・・これ、誕生日プレゼントじゃ・・ないのかなあ・・・・???

じゃ、誕生日プレゼントの定義って、なんだろう??
私の思ってた、ロマンティックの定義は???

うぅ~~~ん・・・なんだかわからなくなってきました。。。

ウン、こういうときは、寝るに限ります!
・・・というわけで、おやすみなさ~~い☆
[PR]
by kopug | 2006-01-13 23:10 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)