京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:未分類( 13 )

Facebook等ではお知らせしていましたが、心の整理がついてきたので、こちらでもご報告します。

ほしみが空にかえっていきました。

【日時】
2017年3月7日 午前2時半過ぎ

【享年】
11歳1カ月

【場所】
静岡県浜松市某区の自宅。(昨年、ほしみの老パグ生活に備えていろいろ改造したばかりでした……)

【霊園】
ラブフォーペッツにて荼毘にふし、その日のうちに連れて帰りました。

【死因】
悪性リンパ腫による多臓器不全の疑い

【余命告知】
2016年12月上旬に食欲不振などからの体調悪化により投薬で持ち直すも、残り3ヶ月くらいだろうと。

【薬】
アズノール(抗菌剤)
整腸剤
ディアバスター(止しゃ剤)
プレドニゾロン(ステロイド)
クロピドグレル(抗血小板剤)
シクロスポリン(免疫抑制剤)
ヘパアクト(肝保護剤)
クロピドグレル硫酸塩(抗血小板薬)
ウルソデオキシコール(胆肝機能改善薬)

※この他に血液検査料などで、1ヶ月約40000から60000円の医療費がかかりました。


【診断から最期まで 】
昨年12月始めのこと。
下痢でお薬をもらったものの、改善が見られなかったために再び訪れた病院で、私はほしみの血液検査を薦められました。
あのとき、獣医さんは、

「少し早めの誕生日前の健康検査のつもりで」

と、言ってはいてくれたものの、けしてその言葉は明るいものではなく。
はたして結果は、アルプミンがかなり低く、食欲がなく下痢をするなどの症状を見て、おそらく悪性リンパ腫の可能性が高く、このままにしておいたら年は越せないどころか、今日明日の命だろうと宣告されました。
その時のほしみは食欲がなくなり、強制的になんとか食べさせることができてもそれは下痢となり。
素人目から見ても、かなり危ないことは理解できました。


これからどうしたらいいのか。

道は2つ、提示されました。

1つ目は内視鏡検査を行い、確定診断を行って抗がん剤をはじめること。

でも、内視鏡検査をやるためには麻酔をかけなければならず、しかもそれで確定できなければ開腹して検査をしなければならないらしく。
その上、それらを無事にクリアできたとしても、抗がん剤が効かない場合もあるようで。。。

ほしみは弱っていました。

そして私たち家族は、抗がん剤に至るまでの過程において、ほしみを失うことを恐れました。
結果、2つ目に提示された緩和ケアを行い、彼女の残された時間を少しでも良いものにする努力をしていくことにしました。




そこから、いつ来るかわからないほしみの最期と向き合う日々が始まりました。

私とダンナ氏は、家事と仕事と子育てに追われながらも、残りの時間のほとんどをほしみに注ぎ、大切に大切に過ごしました。

ほしみは緩和ケアのために嫌々ながらもステロイドを含めた1日7種類の薬を服用し始め、その代わりにいつも通りの体力を取り戻し、日々を楽しく過ごしていたようでした。

1ヶ月を越えたあたりでステロイドの副作用により肝臓の数値が上がり、かといって減らしたら食欲とアルプミンの値が落ちる。アルプミンが下がりすぎると腹水が……という話もあり、主治医の先生はバランスを探りながら薬を処方し、いつもほしみに励ましの言葉をかけてくれました。
先生には、私にもほしみにも、いつも適切な対応をしていただきました。本当に有り難かったです。


そうして迎えた2月3日。
最初で最後のご馳走のない誕生日。
でも、ほしみはかなり痩せている以外はいつも通りにのんびり楽しげで、私たちは喜びを噛み締めていました。

11歳おめでとう!
このまま12歳とか迎えていってくれたら……。


そう願っていた2月23日。恐れていたことが起こりました。


その晩、家族が寝静まった午後10時。
私はほしみのそばで寝当番のためにリビングに布団を敷いて、ひたすら思い出話をしながら彼女を撫で撫でしていました。
ほしみも嬉しそうにこちらを見たり、目を細めたりしていました。

1時間くらいした頃でした。
ほしみはヨッコラショと起き上がり、立ち上がろうとして…………左右の後ろ足が動かず踏ん張れずに、よろっと転倒しました。
愕然とする私の前で、ほしみは驚き戸惑いながらもこちらを見つめ、何度も立ち上がろうとしました。
やがて、私が腰の辺りを持ち上げると、ほしみはなんとか歩きだし、水を飲みに行きました。
この2日後。
ほしみは完全に歩けなくなりました。(オシッコには死の前日の朝まで這ってベッドから出てトイレシートに行き、うんちは死の1週間くらい前から出ていなかったように思います。
食事は二月半ばまでは通常通りフードを一皿、それ以降は1日にヨーグルトをスプーンに数杯。水は死の前日お昼頃まで飲めていました)



ほしみが完全に歩けなくなった日。
もう1つ、私を愕然とさせたことがありました。
それは眼振が始まったことです。
お薬をもらいに行った病院で、突然、

「きゅぅぅーーん…………」

と小さく鳴いた後。
眼振は始まりました。
こちらの問いかけには一切応えず、ただ左右に揺れる目。
それを見た先生は、もう薬の効果は期待できないと診断され、投薬を中止。
そこから週2回の点滴のみの通院になりました。(眼振はその後、数日くらいで落ち着きました)


それから約10日。
途中、ダンナ氏の出張の間に少し危なくなりながらも踏ん張り、そして3月6日の昼間。

ほしみはダンナ氏に甘え、のせてもらったお腹の上でシッポを振りました。
何度も何度も振りました。
宣告されてからずっと、こんなに振ったことはありませんでした。
ダンナ氏は、

「ほしみはまだまだいけるんだ」

と、喜びました。

子供たちはもちろん、当の本犬ほしみも、皆皆、嬉しそうでした。

そして私は久しぶりにほしみのそばで夕寝をしました。何故か、手のひらにほしみの顎をのせて。
この3ヶ月の間、気が休まることはほとんどなく、子供たちの世話や日常で、私はもう疲れきっていました。
でも、こうやってほしみとゴロゴロしているときは、彼女と暮らし始めたばかりの頃のあののんびりした気持ちを思い出し、癒されていました。

「あー、懐かしいねえ。京都にいた頃を思い出すねえ」

そんなことを言って起きた夕方、ほしみを撫で撫でしました。

けれど、それから2時間も経たないうちに、ほしみの様子が明らかに変わりました。
お腹が凹むような荒い呼吸をし、私が話しかけてもこちらを見ることすらしなくなったのです。

信じたくないし、認めたくない、けれど確実にそこに迫ってきている。言い様のない大きな恐怖に、私は押し潰されそうになりました。

子供達は眠り、ダンナ氏は出張で疲れきっていたこともあったし、何より私がほしみから離れられなかったので、この晩の寝当番は私になりました。

けれど、こんなこれまでとは明らかに違う状態をそばにいつものように眠ることもできず、私はリビングを薄暗くしてただテレビだけつけて、ほしみのそばにいました。
そばで横になって、ぼうっとしたりもしていました。

そして3月7日になり、あれは午前1時だったか2時だったか。
私が立ち上がって、ふと思い出した子供の用事を片付けたか何かしたとき。

「ぶ、ふぅ~」

ほしみは、懐かしい寝息のような鼻息をつきました。

その時、いろんな懐かしい光景を思い出し、あたたかい気持ちになりました。
走馬灯ではないけれど、一瞬でこの11年のいろんなことが駆け巡った気がしました。

そしてほしみは再び、鼻息をつきました。

「ぶ、ふぅ~」

そろそろ寝ようか、と思いました。
もう寝不足決定だけど、夜が明けて朝になったら、娘の幼稚園の支度をしないといけないし……。

「おやすみ、ほしみ。また明日ねー」

私はそう言って、リビングの電気を消しました。
その瞬間。
何故だか、そこに誰もいない気がしました。

まさか、そんなはずはないと再び電気をつけたら。

ほしみは眠るように息を引き取っていました。

宣告されてから、ほしみにはずっと言っていました。

「出来れば、パパとママが家にいるときに逝ってね。出来ればママの腕の中で逝って欲しいけど、無理だなあって思ったら、逝ってもいいからね。いっぱいいっぱい頑張ってるもんね。
パグ孝行をする時間をくれてありがとうね」

体重が4㎏を切りそうになるくらいに痩せて、とてもしんどかっただろうに。
ほしみは私の願いを叶えて、旅立っていきました。


ほしみと出会って11年。
いろんなことがありました。本当にたくさん、ありました。本当にもう、数えきれないくらいに……。

今はただ、苦しみから解き放たれたほしみが安らかであるよう祈るばかりです。


ありがとうほしみ。
さようならほしみ。
さようならパグのいる日々。

仲良くしてくださった皆様、お世話になった先生方、トリマーさん達、ありがとうございました。 

楽しく、かけがえのない11年でした。



[PR]
by kopug | 2017-09-21 12:53
さてさて、日曜日”関西北部旅行記~天橋立・回転橋編~☆”の続きです。

のんびり歩いた天橋立を出て、車で約40分くらい走った京丹波市の守源旅館にたどり着きました。

d0018475_23163531.jpg


玄関から入って、振り返ったところを撮ってみました。
・・・カッコよすぎです・・・!
あちこちで感心しすぎて、自分のボキャブラリーのなさに絶句してしまいました(笑)。

どこをどう切り取っても、どういう角度から見ても絵になる・・・。

ふたり+パグで2万7千円くらいで、この館内、そして美味しいご飯・・・これは・・・・・・コストパフォーマンス良すぎでしょう。

感動でした~♪

d0018475_23194490.jpg


今度は玄関を左手に見てみました~。

d0018475_23265731.jpg


昼の中庭~。

d0018475_2323485.jpg


中庭その2~。

d0018475_23235518.jpg


檜風呂(貸切にしてもらえました~)へ続く道~。
d0018475_23254287.jpg


こちらはバー。

d0018475_23281019.jpg


ちなみに夜は、こんな感じです。
待合(みたいなところ)。

d0018475_23304698.jpg


玄関付近の置物。

d0018475_2337224.jpg


廊下。

d0018475_23325347.jpg


檜風呂へと続く道。

d0018475_2334583.jpg


中庭~。

d0018475_2335122.jpg


中庭越しに、さっきの待合が見えます。

d0018475_23361016.jpg


さて、話は戻って、午後6時過ぎにチェックイン後。
2階の旭の間というお部屋に入りました。

d0018475_23183319.jpg




d0018475_23434922.jpg


一見、少し古めかしい客室っぽいですが、きちんと掃除をされ、玄関や廊下や中庭と同じく、アメニティからゴミ箱まで、至る所にこだわりの品が備え付けられていて、感心しっぱなしでした。

すごいなー。

さて、夕飯を待つ間、ほしみには一足先にご飯を食べてもらいました。
部屋に入った直後は、前回の旅行と同じく大興奮で、あちこち歩き回っていたのですが、20分も経つと落ち着いてきたのか、モグモグ食べ始めました。

ほしみ「ウマウマ♪」

d0018475_2315461.jpg


では、この続きはまた明日♪
お暇でしたら、見に来てくださいね~♪
[PR]
by kopug | 2010-06-08 23:44
GWになるかならないか、・・・いや、もっと前かもしれませんが。

とにかく、ある日、いつものように本を読んでいて、ふと気がつきました。

「我が家って、あんまり家族らしいお出かけをしたことないカモ・・・?」

私もダンナ氏もアウトドア派ってわけではないし、車もないから、お出かけしようという話になると自然と簡単に行ける町へ足を向けることが多いんですよね~。
町を歩いて、それぞれにお買い物をして、ボーリングやらカラオケやらを挟んで、最後にご飯でも食べておしまい。

とても楽しいし、それぞれに好きだからいいといえばいいのですが、でもこれって、あまりにもパターン化されすぎてない・・・・・・・・・?


ってわけで、今回は趣向を変えて、お弁当を作ってお出かけGOGO♪
自然と触れ合ってみるべく、電車に揺られて遊びに行きました♪

目指す場所は滋賀県は大津市にあるスキー場・びわ湖バレイ

ここは冬場はもちろんスキー場をやっているのですが、それ以外のオフシーズンといわれる時期は、高原公園として営業しているのです。

ちなみにこのオフシーズン中は、わんこの入場もOK♪
レストラン等、一部入れないエリアがあったり、ロープウェイも1時間に2便しか乗れない(8分と38分の便)という制限もあるにはありますが、敷地内は基本的に屋外がほとんどなので、あまり窮屈さは感じません。
だいたいどこへ行ってもわんこOK♪
これ、結構、重要です♪

というわけで。

JR湖西線は志賀駅で下車し、たまたま来ていた連絡バス(1時間に1本なんです)に乗り込み、10分ほど景色を楽しんだところでお目当てのびわ湖バレイに到着~☆

d0018475_20543261.jpg


建物の後ろに伸びている線は、ロープウェイのもの。
なんでも2008年2月に新しくなったらしく、車体もピカピカでした。

d0018475_20544557.jpg


車内の変わった形のつり革の向こうに、可愛いこいのぼりを発見ъ(`ー゜)

d0018475_20561861.jpg


さぁ、出発進行ですーΨ(`∇´)Ψ

d0018475_2101937.jpg


麓の駅(茶色の屋根)にサヨナラを告げて、いざ山頂へ♪

d0018475_2114160.jpg


茶色の屋根が遠くなるーー。

d0018475_2125211.jpg


車内アナウンスでのお知らせに振り返れば、反対側をもう1台のロープウェイがすれ違っていました。
大きいです!

d0018475_2155124.jpg


ちなみにここのロープウェイ、最高速度は時速42キロで日本最速のロープウェイなのだそう。確かに体感的に、普通ののんびりしたロープウェイよりも早いように思えました。

ぐんぐん、どんどん上がっていきますし。
眼下の景色はまるで地図みたい☆

d0018475_21102658.jpg


さて、3分の乗車時間を終えて降車し、ゆるやかな坂道少しだけ上った先には、グリーンが広がっていました♪

d0018475_21124248.jpg


ゲレンデです♪
いや、今はそれよりグラススキーの場所っぽいでしょうか?
写真の右奥で、テニスコートのように区切られているのは昨日オープンしたばかりのドッグランです。

いやぁ、緑がまぶしいですねー♪

・・・・・・ってなわけで、この続きはまた明日
細かくレポしますので、お暇でしたら、見に来てくださいねーΨ(`∇´)Ψ
[PR]
by kopug | 2009-05-09 21:15
家でテレビを見ていて。

なんとなーく視線を感じて、振り向いたらそこにパグ座りをしたほしみが、やや不満げな顔をして見つめていました。

「そっかそっか~。さびしかったの~?」

と、片手間にナデナデしようとすると・・・。

「フンッ!!」

どうやら気に入らなかったらしく、鼻息と鼻水ぷしゅんで抗議されてしまいました。。。

それで仕方ないな~と、ほしみを見ながらアゴとかお腹をさすってあげたら・・・。

「ぶぶ~~・・・」

満足げな声を出して、ゴロゴロし始めました。

「そうか、これが欲しかったのね~」

と、納得する私。
うっとりしているほしみの姿と、目力に、今日も魅了されている私なのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2009-03-05 23:49

仕事始めの癒し始め♪

今日は仕事始めでした。

休み中にたまっていた仕事を片付け、・・・・・・るのに時間がかかってしまい、ちょっとバタバタ。
結局、いつもより遅い退社になってしまいました。。。。。。

年始だしね、仕方ないか・・・なんてちょっとだけ凹んでみたり。

でも、クタクタになって帰宅して、ほしみがシッポふりふり迎えてくれたときに、一気に疲れが吹っ飛んでいくのを感じました。
さすがはパグ☆
ちゃあんとしっかり”癒し始め”てもらって、あらためてほしみの存在をありがたーく思った、そんなこぱぐなのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2009-01-06 23:55

別れは突然に

どうも~。

昨夜から、宮崎に帰省中のこぱぐでございます。

ダンナ氏とほしみは京都にいるので、今回は私だけの帰省。

けれど、残念なことにルンルン気分の里帰りではありません。。。

・・・というのも。。。

2日の晩、実家から電話がございまして。

それが、・・・・・大好きな祖母が亡くなったという報せでした。

これまで、それなりに病気はしていたものの、特に体が悪いということもなかった祖母。
それが、朝に倒れて、運ばれた病院で、お医者さんに、

「もって昼まで」

とおっしゃられたそうです。。。

それでも、なんとか、子供たちが(つまり私の親世代)そろうまで、一生懸命待っていてくれていたのですが・・、その5時間後・・・夜の9時38分に・・・旅立っていったそうです。

孫の私が言うのも何ですが、おとなしくて控えめだけれど、いつも笑っている・・・そんな素敵な祖母でした。

そして、タロウのことを本当に可愛がっていました。

こうして書いている間にも、どんどん、いろんな思い出が蘇り・・・去っていきます。

でも、泣いてばかりいてはいけません。

今夜は本通夜、明日は葬儀。

できるかぎり、笑って見送りたいと思います。

ありがとう、おばあちゃん。。。
[PR]
by kopug | 2006-10-04 14:26
「おやすみなさい~♪」

d0018475_23323960.jpg

[PR]
by kopug | 2006-04-19 23:32

お昼寝中に激写!

ほしみの手です~☆

d0018475_14511389.jpg


その手のにくきゅうです~~☆

d0018475_14513793.jpg


あ、私の手が馬鹿でかいのではありませんよ~~念のためヽ(゜ー゜;)ノ

追記・ほしみ、一昨日はちょびっとゲリピー気味だったのですが、昨日は復活。そして、今朝のう○こタイムは、なんと午前7時35分でした~~!!! 私の生活に合わせてきてるのね~~と感動したり☆ くろぱぐさん、相談に乗ってくれてありがとうございました~~☆
[PR]
by kopug | 2006-04-12 14:51

4月3日に・・・

重大発表をいたしますです☆

さあ、それまで大掃除、大掃除~~♪
[PR]
by kopug | 2006-04-02 20:57
今日は、いつもより早めにお仕事終了☆

浮かれながら、帰宅する途中、考えることといえば・・・。

『きゃっほ~~い、ダンナ氏、びっくりするだろ~な~(=´∇`=)』

この1点のみf(^-^;)

帰るコールなしで、いきなり帰って、びっくりさせよう☆

『わっ、びっくりしたぁ! 今日は早いね~~ヽ(´―`)ノ』

頭に浮かぶのは、びっくりするダンナ氏の顔―。
そして、現実にいるのは、一人、歩きながらニヤニヤしている私(-_-;)

そのウズウズ感に耐えられなくなった私は、ついに携帯を手にして。。。

帰るコール、しちゃいました♪

トゥルルルルル・・・トゥルルルルル・・・

何度か呼び出し音が鳴ったあとに、出たのは、もちろんダンナ氏。
しかし、なんだか様子がおかしい。。。

ちょびっと固い、”よそゆきの声”です。

「やあ、パグヽ(´―`)ノ」 ←本名ではなく、普通にこう呼ばれています。

「あれ、どうしたの。職場?」

「うん、まだ仕事」

「あら、遅いのね」

携帯を耳から離して、時間を確認すると8時半。
私よりも早く家を出たダンナ氏、どうやら今日は残業のご様子で。。。

「そっか」

とりあえず、家に帰ることを伝えて、電話を切りました。

「はぁ~~、帰っても一人、かあ。。。」

テンションは、すっかり急降下。
どうやら、今、帰っても、闇に包まれた荒れ果てた家が待っているだけのようです。←荒れ果てた・・が、よけいに心を暗くしたりして(-_-;)

ま、それはともかく、帰宅して、夕食でも作ることにしました。

「今日は、パスタ、パスタ、パスタ♪」

一応、寂しいので、テレビはつけているけれど。
家族が帰るのを待つというのは、すっごく物音に敏感になるもので。。。

料理中、ふとした物音にも、

「あ、帰ってきたかな?」

と、玄関を見に行ったり、そんなことをちょこちょこ繰り返していたりしました。

いや~~、家族の帰宅って待ち遠しいものですな~~☆

そう、帰宅といえば。

我が実家のパグ犬、タロウくん。
もう、彼がおじいさんになってしまったということや、私や弟が家を離れて、両親の2人暮らしということもあってか、彼はあまりお出かけをすることはありません。

車酔いもしますし。。。

小さい頃は、まあ、それこそ、

「可愛い、可愛い(=´∇`=)」

で、車に乗せるときは、誰かの膝の上に抱っこ。
彼がきまぐれ起こして、あちこち行きたがっていたら、出来るだけ希望を叶えてあげていました。

たとえば、こんな感じ。

①「おぉ~~、タロウ、前の席(助手席)に行きたいのか~~(=´∇`=)」

②「おぉ~~、タロウ、後ろの席に行きたいのか~~(=´∇`=)」

③「おぉ~~、タロウ、運転席に行きたいのか~~・・って、ダメ!!Σ(゜д゜|||)」


・・とまあ、多少の制約があったけれど、結構、自由にさせていたんです。

・・・ゆえに。。。
タロウくんは、ソファ席が当たり前。
けれど、それに対する策も練らないまま。。。
そのうち、抜け毛がひどくなったり、家族そろっての遠出がなくなったりで、車に乗る機会もどんどん減っていったのです。

・・・で、今は病院通いのみ。
あとは、庭に敷かれた人工芝の上でお休みになっておられます。
・・・一見、痛そうですけどね~~、人工芝って。。。

それはさておき、外出前のお話です。

うちの母は、なぜだか、歯磨きをする習慣があるのですが、それをしだすと、もう大変。

「Σ(゜д゜|||)」

タロウくん、そわそわとケージの中を行ったり来たり。

家族のみんなに、不安げな視線を投げかけて、精一杯のアピールを行います。

でも、それでお出かけが中止になるはずもなく―。

「タロウ、いってくるね~~☆」

準備、完了☆

「・・・( ̄― ̄)」

家族の問いかけにもかかわらず、タロウは寝たふり。
こちらの声に反応して、耳がぴくぴくっと動くのですが、それでも寝たふりを貫きます。

そんなこんなで、家族がいなくなり。。。

そして、数時間後―。
家族が帰宅します。

すると、すっかり耳が遠くなったタロウ。
車のエンジン音にも気付かずに、ぐうぐう眠っています。
そこを足を忍ばせて、彼のそばにいき、鼻先に手を出すと。

「・・・ふぐーふぐーふぐー・・・・・・ふぐふぐふぐ・・・」

いびきをかいていたのが、鼻だけ反応して匂いをかいで・・・。
目を開けた彼は、こちらを見上げて、にこっと笑います。

「(=´∇`=)」

ほんと、笑うんです。
それはもう、嬉しそうに☆

「タロウ、ただいま~~♪」

私たちの声に、タロウは立ち上がって、前足をぐーーっと倒して背伸びして。

「(=´∇`=)♪」

しっぽをぶんぶん振りますヽ(´―`)ノ

『待ってたよ、待ってたよ。帰ってきてくれて、すっごく嬉しいな(=´∇`=)』

と、言わんばかりに(*'-')

わんこの過ごす時間は、たぶんきっと、人間よりもなが~~い時間でしょうから。。。

タロウはきっと、こうして、調理しながら待つ私の何倍ものなが~~い時間を待っていてくれていたんでしょうね~~。

そう考えると、ちょっとだけ、タロウに会いたくなる・・・そんなこぱぐなのでした☆

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2005-11-07 23:49