京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

行き違いから発生する未来(;゜ロ゜)

行き違い―。

それは、意思の疎通のわずかな失敗によって起こる、ちょっと困った事態のことです。

そう、たとえば、こんな具合に。

A「そんなこと、言ってないよ!」
B「だって、そんなふうに思うじゃない!」

お互いの完全なる思い込みが、事態の思わぬ展開をもたらしてしまう。
結果がどうであれ、未来は、思い描いていたものとはちょっと違うふうに動き出してしまうというわけなのです。

結果がどうであれ―。


・・・・さて・・。


事件は、思わぬところから、発覚しました。

場所はいつものファミレス、ちなみにドリンクバー中。

いつものように、のほほんと過ごしながら、ふと、私は尋ねました。

「ねね、(仮)さん。(仮)ママは、いったいいつ頃、宮崎に挨拶に来られる予定なのかしら?」

ここで、STUDY☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私の母は、3月にかる~い脳梗塞(本当に軽い。言語障害もほとんどナシ)を起こしました。それで私は、父母が、「挨拶は来年でいいや~」って言っていたのを(仮)に伝えて、”挨拶は来年”プランを発動させたつもりでいました。
つまり、挨拶の日は来年のいつか。
まあ、母は「結婚式の前日なんてので、いいんじゃないの~~(=´∇`=)」と、お気楽ぶりを炸裂させておりましたケド・・・。
そりゃ、マズいっしょ・・・さすがに(-_-;)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ずいぶん先の話として、のほほん話した私。
しかし、そこで(仮)の口から出たのは、ショッキングな言葉でした。

「え・・。8月、お盆のときにって話になってるけど(・o・)?」

「え、え~~~~~!!??」

セイロンティーを噴き出しそうになる私。
ようやく堪えて、

「だ、だ、だだ、だって、私、うちの母が3月に入院したから、体調のために、あんまり無理とか緊張とかさせるとヤバいから、だから、来年くらいにしようって言ってたじゃない!!」

と、言って、紙ナプキンでお口を拭き吹き(-_-;)

すると、(仮)はココアを置いて、動揺しつつも、説明を始めました。

「だってさ、こぱぐママさんが、
『(仮)ママを迎えるなら、どのホテルに宿泊予約すればいいかしらね~。そうだ、近くのにしてもらおうか』
とか、
『お母さんは待っているから、お父さんと一緒に、山へハイキングに行ってもらおうか』
とか言ってたって言ってたじゃない~~。だから、そう思ったんだけど?」

「う・・・。そうだっけ??」

戸惑う私。
『あ、もしかしたら、言った場面は違うけれど、前後関係で言うと、そういう順番で言っていたかも・・・』

(仮)はうなづいて、続けました。

「後になってそう聞いたから、私は、”あ、じゃあ、8月でいいんだ”ってことで、うちの母にも連絡したよ?」

「い、いつ・・?」
と、息を呑むそばから、冷や汗タラタラの思いです。

「台湾へ戻ってるとき。こぱぐさんもいたよ?」

わ、私もいたって・・・(仮)と(仮)ママのやりとりは、中国語。

・・・わ、私、中国語、できないんですけど・・・・・(-_-;)???

焦る気持ちを抑えつつ、でも、ティーカップの中のティーバッグを意味なくグルグル回しながら、私は反論しました。

「だ、だって・・・そんなことしたら、ぐーちゃんに会えないじゃん(半ば強引に遊ぶ約束中)・・・」

よ、ようやく出た反論にしては・・・パンチが弱いような・・・(;´д⊂)
ごめんなさい、ぐーパパさん&ママさんm(__)m 言い訳に使っちゃいました。

しかし、(仮)は大真面目に、パンチを返してきます。

「1週間近くも帰ってるんだもん。それくらいの時間の工面くらい、大丈夫だよ」

「なら、よかった・・・でもさあ~~!!」

で、私は試合放棄の大暴れ。

「だ、だいたい、私、そんなこと言ってないじゃない!?」

「だって・・・ああいうふうな順番で言われたら、そう勘違いしても無理もないでしょうが」

「聞きなさいよね、本当にそれでいいかどうかってヽ(`д´)ノ」

「・・・・そうだね、それは私が悪いとしよう。さて、これから、どうする?」

・・・・なんか、納得がいきません。
でも、頭の中では、こちらも悪かったという気持ちがあったので、それ以上、暴れることもできずに帰宅―。

実家に電話をかけてみました。

「あ、もしもし、おかーさん?」

「なに、こぱぐ(=´∇`=)ノシ」

なんだか、ご機嫌な母。
聞くと、タロウのブラッシングをしてあげて、今日もたっぷりコミュニケーションを取った後のようでした。

「あ、あのさ~。おか~さん・・・」

言い出しにくい私。
母は、ケロリとこう言いました。

「なによ~。お金なら、ないわよ☆」
「じゃなくて~・・・。(仮)ママが、8月に宮崎に来るって言ったら、びっくりする?」

「え、来られるのΣ(゜д゜|||)!?」

さすが母。
娘の想像通りのリアクションをしてくれます。
しかし、次に出た言葉は、驚くべきものでした。

「うぅぅ~~~ん・・・・。まあ、緊張することは、早めにしておいた方がいいわよね・・・。お母さん、腹をくくったわ!」
「は、腹をくくったって・・・」
絶句しかける私に、母は宣言しました。

「いいわ、8月にお会いしましょう。向こうのお母さんと!」

私びっくり!
父びっくり!
ついでにタロウはというと・・・

「ふごー・・・ふごー・・・」

満足そうに、寝ています。

私としては、思わぬ事態に転がってしまった未来!

まずは、その少し前に、仕事で台湾へ戻る(仮)が、国際結婚関係の書類をかき集めます。
その間に、こぱぐは宮崎へGO!
そして、準備のできた(仮)が(仮)ママを連れて関空に戻り、一泊。
翌日、宮崎へ向けて発つ。

これらのプランが、とんとん拍子に決まってしまいました。
あぁ、決まるときは、すぐに決まってしまうのね・・・(>_<)

緊張しますね~~、両家初顔合わせ☆
(仮)は、
「私が心配しても、どーしよーもないことやもーん☆」
と、のほほんしていますが、それでもやっぱり・・・ねえ・・・。

もうすぐ2ヶ月前。
早く飛行機取らなくちゃ!
あ、あと、タロウへの誕生祝のクールマットも用意しなくちゃ ←あまり関係ナイ(-_-;)
あと・・あと・・・あと・・・・!!

¥*%&#*+‘・・・(;゜ロ゜)

・・・いいや、考えてもしょうがないですね。
ま、ぼちぼち行くとしますか・・・ヽ(´―`)ノ

がんばろー(=´∇`=)ノシノシ
[PR]
by kopug | 2005-06-13 23:07 | なんだかんだと国際結婚(・ε・)