京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

痩せているかもしれないbyこぱぐダンナ

パグといえば、ぶよっちょな生き物です。

これは、こぱぐの実家のベテランパグ、

タロウのその巨大の胴体が私に与えた印象かもしれないが、

一般的に、程よい太っているパグはいいパグらしい。


しかし、正確に言うと、タロウは巨大というよりも、丸い…。

私の中では、タロウくんのニックネームは「たこやき」です。

特にあのまん丸な顔、たこ焼き中のたこ焼きです。


我が家のほしみ嬢はどうかというと

うちに来たときは、ハムスター並みの大きさでしたが、

それから数ヶ月、順調に成長しています。

ず~っとスリムパグでしたが、ある時、お腹だけぽこっと大きくなりました。

イメージとしては、元ファッションモデルの妊婦さん…みたいな?

つまり、お腹以外の部分や痩せていますが、お腹だけデカイのです。


そして、この数週間、パグ子は家にいません、

もちろんの事ながら、ほしみの食事は私が管理することになります。

腹ボコを意識したわけではありませんが、

私は可能な限り野菜を与えているようにしています。


方法は極めて簡単です。

野菜を切り刻んで、煮る。

以上。


うちには安物なフードプロセッサーがありますので、

それを利用すれば、割と手軽に出来ます。

野菜は、基本的に人間用の分から、ちょっと分ける形ですね。

白菜、キャベツ、にんじん、大根、じゃかいも、サツマイモなどなど。


基本的に、フード100グラム+80グラムの野菜という感じですね。

野菜は水を含んでいますので、それほど量が多いとは思いません。


パグ子が家に居ない二週間、そんな感じでご飯を用意していました。


それの成果かどうかわかりませんが、お腹のぽこは結構解消され、

快食快便の健康パグに成っていると思います。


しかし、パグ子が帰ってきたら、あんまり喜んでくれず、

「痩せすぎ!!」っと、まるで私がほしみを虐待したような言い草でした(涙)。


う~む、行く前は5.1キロ、戻ってからも5,1キロ(獣医調べ)。

8ヶ月である、成長期のほしみは、体重が伸びないというのは、

もしかして栄養不足…?

と、思ったりしています。


というわけで、最近はガンガン食わせています。

フードを増やさず、お菓子を増やす方向で。

なぜかというと、黒パグさんのとこでいろいろ買いましたので、

アレはほぼ防腐剤入ってないようで、賞味期限は意外と短いのです。

そういう意味でも、ちょこちょこ消費していかなければなりません。


目標は、たろう爺です。




すみません、ウソです、

うちの子をたこ焼きにするつもりがありません。



とりあえずの目標は、

「こ、これは、太ったな!」っとパグ子に言わせたいと思います。



というわけで、今日もし干しサツマイモ、ミニクッキー、子牛の骨という三点セットで、

食事後はスグ寝るという、幸せ(?)は食っちゃ寝ほしみ嬢でした。


ちゃんちゃん♪(こぱぐ調)
[PR]
by kopug | 2006-10-22 19:57 | ほしみな日々(*´Д`*)