京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あつぅい~~、でも、これが夏なのね~~('∇')♪ byほしみ

暑いです。

とっても暑いです。。

温度計を見れば、30℃ちょい―。
どおりで暑いわけです。。。

「ふ~~~。盆地ってイヤぁねぇ~~~(;´д⊂)」

ため息ついて、キッチンにて、ちょこちょこと洗い物を片付けていると、ほしみがトコトコとやってきました。

「ハッハッハッハッ('∇')」

舌をぺろんと出して、なんだかとっても暑そう。。。
けれど、

”一緒にいられるのが嬉しい(*^-^*)”

と言わんばかりのお顔です☆

・・・”ついでに、何かくれ”とも言っているお顔でもありますけど・・・ε=(~Д~;)

でも、そこは可愛い娘ですから♪
何か・・・食べ物以外の何かをあげよう・・・そう考えて、私は思い出しました。

「あ、そうだ♪」

そして、引きずり出してきたのは"クールマット”♪

触ってみると、ちょっと前に思い出して冷やしておいたためか、ずいぶんいい感じです♪

「おぉ~~~、いいね~~♪」

そして、私は洋間の隅に、それをちょこんと置いて、少し遠くから扇風機を当ててみました。

・・・で、やってきたほしみに、マットを指差して、言い聞かせます。

「ほしみ、これ、クールマット。前にベッドに入れてあげたやつね。覚えてる?」

しかし、ハイテンション仔パグが、そんな長ったらしい話、聞いてくれるはずもなく。。。

「Ψ(`∇´)Ψ」

ルンルンと私の腕にからんできました(;´д⊂)

「・・・って、そうじゃなくて~~!」

振り払って、今度はほしみをマットの上に乗せて、上から覆い被さります。

「はい、ほしみ。いい気持ちでしょ~~~、冷たいでしょ~~。ひんやり~~ひやひや~~~ひんやりね~~♪」

さあ、これできっと・・・ほしみも私の言葉に安心して、のんびりモードになる・・・・・・・と思いきや!

「Ψ(`∇´)Ψ」

まるで”うなぎ”のように、ぴょーんと抜け出て、くるっと振り返ったかと思うと、

「(*^-^*)v」

遊ぼうポーズです・・・(;´д⊂)

「あ~~~、仕方ない・・・。また、ベッドに入れておくか~~~。ほしみ~、暑くなったら行くんだよ~~~・・・」

と言い聞かせ、ちゃちゃっと洗い物をすませ、

「はい、お待たせ~~☆」

冷房のスイッチを入れ、ゼエゼエしながらはしゃいでいたほしみも、ようやく完全復活し・・・。

「・・・おっと、昼過ぎだわ。目薬さそうね~~♪」

すぐそばまでやってきた彼女を膝に乗せ、顔を上に上げさせ、容器を傾けます。

「あ、こら、目を閉じるな。ほらほら、いい仔だから・・ね~~~・・・」

ポチャン・・・

「よっし、入った~~!」

そう言って、手を放した瞬間、ほしみはするっと膝から降り、そして、私の周りをグルグル回り始めます。

私の歌声(適当なリズムで、だけど)に合わせて☆

「ほっしみは、すごいパグ~~~ヒューヒュー♪ ほっしみは、えらいパグ~~~ヒューヒュー♪目薬なんて、こわくないっ♪ ほっしみは、すごいパグ~~~♪」

・・と、ここまで歌い終えたところで、ほしみは回るのをやめて、私の目の前に来て、得意げな顔をして座ります。

そこで、私が、

「よぉ~~しっ、ほしみ、よく頑張ったな~~~。エライな~~~♪」

と、もみくちゃにしてあげると、胸に前足をかけて、アゴをペロペロしてきました☆

ここ最近の、目薬さしの一連の流れです☆

・・・で、目薬は抗生物質のものとそうでないものがありまして。。。

後者のものを先にさし、その5分後に前者をさします。
なので、また5分後、同じような光景が広がるわけでして。。。

親ばかかな~~?
えへへ~~♪
あ、でも、仔は褒めて育てよって言いますからね~~、これでいいでしょ♪

・・・それから、ほしみはのんびりと1日を過ごし・・・、そして、昨日よりも早く、

「アレッ、ママ、ソノ準備ハ モシヤ・・・オ散歩デスカΨ(`∇´)Ψ」

と気付き、でも、やっぱり横断歩道は苦手だったり。。。

とにかく、とっても平和な1日を過ごしたのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
by kopug | 2006-06-29 23:08 | ほしみな日々(*´Д`*)