京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プチ濡れネズミ×2の悲劇・・・(TдT)

化粧品カウンターで、お化粧をしてもらいました☆

「ワーイ、さすがプロだねぇ~~。自分でするよりも、ずっとずっとキレイだわ~~♪」

紙袋を下げて、心なしかスキップしちゃったりして♪

それはそれは、上機嫌でした(*^-^*)

そして、帰宅―。

「Ψ(`∇´)ΨΨ(`∇´)Ψ」

大歓迎モードをしばらく放っておいて・・・ようやく落ち着いた頃にお昼ご飯をあげて―。

「さあ、う○ちはいつだ~~? あなたはう○ちがしたくなぁ~~る~~・・あなたは・・・」

カーペットの上―。
のんびりしているほしみに、半ば催眠術のように唱えながら言い聞かせ。。。

でも。

「ダメだぁ。う○ちしたら、食料品を買いに行こうと思ったのに・・・(;´д⊂)」

30分ねばったけれど、お○っこしかしてくれなくて。。。

「今回は、う○ちはしないのね~~」

そう言って、ため息をつきながら、窓の外を見上げました。

「・・・あ、雨、やんでる・・・」

・・・となれば、やることは1つしかありません!

「ほしみ、散歩に行く?」

尋ねると、彼女はゆっくりと首を傾げて・・・頭をプルプルしながら固まり・・・そして。

「(*´Д`*)」

ぴょーーーんと飛び跳ね始めました。

「・・・もう。まだ、リードも持ってないのに(*^-^*)」

ちゃちゃっと準備して、戸締り・火の元を確認して、

「はい、行こうね~~♪」

マンションの入り口まで、ほしみを抱っこして移動し、ゆっくりと下ろすと、彼女は待ちかねたように飛び降りました☆

「('∇')♪」

濡れたアスファルトを、今日もガンガン歩きます☆
それを苦笑いしながら、見つめる私♪

で、たまに、通り過ぎるお店のガラスに、いつもよりキレイになった自分を見つけては、

「うふ~~うふ~~うふ~~~♪ 私、おしゃれなパグ飼いさんに近づいたかな~~♪」

と、小さくにやけたりして♪

そんなふうに、ルンルン歩きつづけました。

梅雨だというのに、雨もやんだままだし、今日はなかなかいい日だなって思いながら☆

で、とってもいい気になっていた私は、普段よりもちょっと回り道して、よく行く公園の未体験エリアへ彼女を誘いました。

「ほら~~~。どうかな~~?」

「・・・(?_?)」

立ち止まったものの、鼻を一生懸命にクンクンしているほしみ。
うん、わんことしての宿命をちゃんと果たしています♪

d0018475_0311113.jpg


それはもう、本当に楽しそうに♪

「クンクン・・・?」

d0018475_0323473.jpg


背中に"充実してます”って書いてあるみたい♪

そして。。。

今日はちょっとオシャレな私♪

そう。
その頃まで、私は上機嫌の絶頂でした・・・。

その頃までは・・・(TдT)

歩きながら、突然、回りもせずにしゃがんだほしみは、いきなりう○ち!

「えっ、うそっ!? どうして!? 慣れないうちは、ペットシートでしかしないんじゃないの!?ねえ、ほしみ、うそだよね、うそだと言って!?」

道行く人が振り返るようなボリュームでもって、うろたえる私((((゜Д゜;))))
もう、オシャレのオの字もありません(;´д⊂)
恥も外聞もなく・・・というか、意味なく、彼女の周りをウロウロして、止めようとします。

けれど、一度、出しかけたう○ちが止まるはずもなく。。。

「うそっ!? しないと思ったから、ビニール袋、忘れちゃった!!! どうしよう!!!」

パニクる私。
ほしみの後ろ足が震えています。
がんばっています(;´д⊂)

・・・で、出た3本のチビう○ち。

これをどうしたかと言いますと・・・。

「あわわわ!!!」

ポケットにあったハンカチでもって、キャッチしました。

「ふぅ~~~・・・。ああ・・・とりあえず、一安心・・・っていうのかな~~~・・これ?」

ぼやきながら、散歩を再開した交差点にて。

ポツ・・・ポツ・・・ポツ・・・・

「うそっ((((゜Д゜;))))!?」

雨が降ってきました。

大変です!
せっかくキレイにしてもらったのに・・・!
メイクが落ちてしまいます!!

「あわわわ!!!」

とたんに我を失った私。
リードだけはきちんと持って、ハンカチで額をふきます。

・・・って!

「う○ちや~~~~~~ん!!!!!」

かろうじて、接触は防げたものの、再び、こぼれ落ちたう○ち。

信号も変わり、

「エ~~~、何シテンノ~~~ε=(~Д~;)」

って表情のほしみに、

「ちょっと待ってよ! ていうか、あんたのう○ちよ!?」

とか言いながら、再び、う○ちを包み。。。

「さあ、お待たせ~~~♪」

いざ、行こうとしたとき。

「ε=(~Д~;)」

今度は、ほしみが立ち止まってしまいました。

どうやら、初めて体験する小雨に、なんだか凹んでしまっている模様。。。

「ちょぉっと~~~~。。。行こうよぉ~~~行こうよぉ~~~、ほしみぃ~~~(;´д⊂)」

顔をグチャグチャにして、しゃがんでいるうちに、信号は変わり。。。

「あ~~あ~~・・・。次にしよっか?」

とりあえず、次を待つことにしました☆

・・・でも、一度凹んだテンションは、なかなか戻らないらしく。。。

私は、一歩進んでは、しゃがみ、

「ほしみ~~、おいで~~♪」

と呼び寄せ、そしてまた一歩進み・・・ということを繰り返して、ようやくウチへついたのでした。

「あぁ~~~、疲れた~~~・・・(;´д⊂)」

そして、とたんにテンションの上がったほしみの攻撃をかわしながら、私のながぁ~~~いお散歩タイムも終わりを告げたのでした。。。

ちゃんちゃん(;´д⊂)
[PR]
by kopug | 2006-06-26 23:07 | ほしみな日々(*´Д`*)