京都市在住の黒パグ・ほしみ(H18年2月3日生れ)と台湾人のダンナ氏と宮崎生まれのこぱぐ、それから実家・宮崎にいる元・捨てパグ犬(フォーン) ももの話など☆


by kopug
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Facebook等ではお知らせしていましたが、心の整理がついてきたので、こちらでもご報告します。

ほしみが空にかえっていきました。

【日時】
2017年3月7日 午前2時半過ぎ

【享年】
11歳1カ月

【場所】
静岡県浜松市某区の自宅。(昨年、ほしみの老パグ生活に備えていろいろ改造したばかりでした……)

【霊園】
ラブフォーペッツにて荼毘にふし、その日のうちに連れて帰りました。

【死因】
悪性リンパ腫による多臓器不全の疑い

【余命告知】
2016年12月上旬に食欲不振などからの体調悪化により投薬で持ち直すも、残り3ヶ月くらいだろうと。

【薬】
アズノール(抗菌剤)
整腸剤
ディアバスター(止しゃ剤)
プレドニゾロン(ステロイド)
クロピドグレル(抗血小板剤)
シクロスポリン(免疫抑制剤)
ヘパアクト(肝保護剤)
クロピドグレル硫酸塩(抗血小板薬)
ウルソデオキシコール(胆肝機能改善薬)

※この他に血液検査料などで、1ヶ月約40000から60000円の医療費がかかりました。


【診断から最期まで 】
昨年12月始めのこと。
下痢でお薬をもらったものの、改善が見られなかったために再び訪れた病院で、私はほしみの血液検査を薦められました。
あのとき、獣医さんは、

「少し早めの誕生日前の健康検査のつもりで」

と、言ってはいてくれたものの、けしてその言葉は明るいものではなく。
はたして結果は、アルプミンがかなり低く、食欲がなく下痢をするなどの症状を見て、おそらく悪性リンパ腫の可能性が高く、このままにしておいたら年は越せないどころか、今日明日の命だろうと宣告されました。
その時のほしみは食欲がなくなり、強制的になんとか食べさせることができてもそれは下痢となり。
素人目から見ても、かなり危ないことは理解できました。


これからどうしたらいいのか。

道は2つ、提示されました。

1つ目は内視鏡検査を行い、確定診断を行って抗がん剤をはじめること。

でも、内視鏡検査をやるためには麻酔をかけなければならず、しかもそれで確定できなければ開腹して検査をしなければならないらしく。
その上、それらを無事にクリアできたとしても、抗がん剤が効かない場合もあるようで。。。

ほしみは弱っていました。

そして私たち家族は、抗がん剤に至るまでの過程において、ほしみを失うことを恐れました。
結果、2つ目に提示された緩和ケアを行い、彼女の残された時間を少しでも良いものにする努力をしていくことにしました。




そこから、いつ来るかわからないほしみの最期と向き合う日々が始まりました。

私とダンナ氏は、家事と仕事と子育てに追われながらも、残りの時間のほとんどをほしみに注ぎ、大切に大切に過ごしました。

ほしみは緩和ケアのために嫌々ながらもステロイドを含めた1日7種類の薬を服用し始め、その代わりにいつも通りの体力を取り戻し、日々を楽しく過ごしていたようでした。

1ヶ月を越えたあたりでステロイドの副作用により肝臓の数値が上がり、かといって減らしたら食欲とアルプミンの値が落ちる。アルプミンが下がりすぎると腹水が……という話もあり、主治医の先生はバランスを探りながら薬を処方し、いつもほしみに励ましの言葉をかけてくれました。
先生には、私にもほしみにも、いつも適切な対応をしていただきました。本当に有り難かったです。


そうして迎えた2月3日。
最初で最後のご馳走のない誕生日。
でも、ほしみはかなり痩せている以外はいつも通りにのんびり楽しげで、私たちは喜びを噛み締めていました。

11歳おめでとう!
このまま12歳とか迎えていってくれたら……。


そう願っていた2月23日。恐れていたことが起こりました。


その晩、家族が寝静まった午後10時。
私はほしみのそばで寝当番のためにリビングに布団を敷いて、ひたすら思い出話をしながら彼女を撫で撫でしていました。
ほしみも嬉しそうにこちらを見たり、目を細めたりしていました。

1時間くらいした頃でした。
ほしみはヨッコラショと起き上がり、立ち上がろうとして…………左右の後ろ足が動かず踏ん張れずに、よろっと転倒しました。
愕然とする私の前で、ほしみは驚き戸惑いながらもこちらを見つめ、何度も立ち上がろうとしました。
やがて、私が腰の辺りを持ち上げると、ほしみはなんとか歩きだし、水を飲みに行きました。
この2日後。
ほしみは完全に歩けなくなりました。(オシッコには死の前日の朝まで這ってベッドから出てトイレシートに行き、うんちは死の1週間くらい前から出ていなかったように思います。
食事は二月半ばまでは通常通りフードを一皿、それ以降は1日にヨーグルトをスプーンに数杯。水は死の前日お昼頃まで飲めていました)



ほしみが完全に歩けなくなった日。
もう1つ、私を愕然とさせたことがありました。
それは眼振が始まったことです。
お薬をもらいに行った病院で、突然、

「きゅぅぅーーん…………」

と小さく鳴いた後。
眼振は始まりました。
こちらの問いかけには一切応えず、ただ左右に揺れる目。
それを見た先生は、もう薬の効果は期待できないと診断され、投薬を中止。
そこから週2回の点滴のみの通院になりました。(眼振はその後、数日くらいで落ち着きました)


それから約10日。
途中、ダンナ氏の出張の間に少し危なくなりながらも踏ん張り、そして3月6日の昼間。

ほしみはダンナ氏に甘え、のせてもらったお腹の上でシッポを振りました。
何度も何度も振りました。
宣告されてからずっと、こんなに振ったことはありませんでした。
ダンナ氏は、

「ほしみはまだまだいけるんだ」

と、喜びました。

子供たちはもちろん、当の本犬ほしみも、皆皆、嬉しそうでした。

そして私は久しぶりにほしみのそばで夕寝をしました。何故か、手のひらにほしみの顎をのせて。
この3ヶ月の間、気が休まることはほとんどなく、子供たちの世話や日常で、私はもう疲れきっていました。
でも、こうやってほしみとゴロゴロしているときは、彼女と暮らし始めたばかりの頃のあののんびりした気持ちを思い出し、癒されていました。

「あー、懐かしいねえ。京都にいた頃を思い出すねえ」

そんなことを言って起きた夕方、ほしみを撫で撫でしました。

けれど、それから2時間も経たないうちに、ほしみの様子が明らかに変わりました。
お腹が凹むような荒い呼吸をし、私が話しかけてもこちらを見ることすらしなくなったのです。

信じたくないし、認めたくない、けれど確実にそこに迫ってきている。言い様のない大きな恐怖に、私は押し潰されそうになりました。

子供達は眠り、ダンナ氏は出張で疲れきっていたこともあったし、何より私がほしみから離れられなかったので、この晩の寝当番は私になりました。

けれど、こんなこれまでとは明らかに違う状態をそばにいつものように眠ることもできず、私はリビングを薄暗くしてただテレビだけつけて、ほしみのそばにいました。
そばで横になって、ぼうっとしたりもしていました。

そして3月7日になり、あれは午前1時だったか2時だったか。
私が立ち上がって、ふと思い出した子供の用事を片付けたか何かしたとき。

「ぶ、ふぅ~」

ほしみは、懐かしい寝息のような鼻息をつきました。

その時、いろんな懐かしい光景を思い出し、あたたかい気持ちになりました。
走馬灯ではないけれど、一瞬でこの11年のいろんなことが駆け巡った気がしました。

そしてほしみは再び、鼻息をつきました。

「ぶ、ふぅ~」

そろそろ寝ようか、と思いました。
もう寝不足決定だけど、夜が明けて朝になったら、娘の幼稚園の支度をしないといけないし……。

「おやすみ、ほしみ。また明日ねー」

私はそう言って、リビングの電気を消しました。
その瞬間。
何故だか、そこに誰もいない気がしました。

まさか、そんなはずはないと再び電気をつけたら。

ほしみは眠るように息を引き取っていました。

宣告されてから、ほしみにはずっと言っていました。

「出来れば、パパとママが家にいるときに逝ってね。出来ればママの腕の中で逝って欲しいけど、無理だなあって思ったら、逝ってもいいからね。いっぱいいっぱい頑張ってるもんね。
パグ孝行をする時間をくれてありがとうね」

体重が4㎏を切りそうになるくらいに痩せて、とてもしんどかっただろうに。
ほしみは私の願いを叶えて、旅立っていきました。


ほしみと出会って11年。
いろんなことがありました。本当にたくさん、ありました。本当にもう、数えきれないくらいに……。

今はただ、苦しみから解き放たれたほしみが安らかであるよう祈るばかりです。


ありがとうほしみ。
さようならほしみ。
さようならパグのいる日々。

仲良くしてくださった皆様、お世話になった先生方、トリマーさん達、ありがとうございました。 

楽しく、かけがえのない11年でした。



[PR]
# by kopug | 2017-09-21 12:53
今日は2010年7月18日。
このブログの最初のエントリーが2005年4月3日だから、5年ちょっと経ったことになります。

5年ですって、5年。
早いものです~。

その間、結婚したり、ほしみを迎えたり、タロウを見送ったり、ももを迎えたり送り届けたり・・・。

あと、パグ友さんも増えました♪

この5年ちょっとで、本当にたくさんのことがありました。

・・・で、ここでこれまでを振り返って、何が言いたいかといいますと・・・これです。


祝・パグのいる日々 投稿記事数2000件突破しました~~~~~!!!


1日1件、もしくはそれ以上。
大したことあることから、ないことまで。
5年ちょっと続けて、これだけの量になりました。

↓エキサイトブログのメニュー画面にある、レポートの記事件数一覧☆
d0018475_2591911.jpg


自分でもちょっと感動~。

すごいね、私。
思わず自画自賛♪

んで、ここで2000件を記念して、ちょっとお知らせがあります。それは・・・。


”パグのいる日々”、エキサイトブログからお引越しをします!!!


2000件になったのを機会に、ダンナ氏が新しいブログを作ってくれたので、そこへ引っ越したいと思います。パグ好きの私に染められて、今やかなりのパグ好きのダンナ氏お手製なので、かなりパグパグしてて可愛いですよ♪

パグのいる日々←タイトルは同じです♪

ここでの更新は、今日で終わりです。
2001件になる7月19日の月曜日のぶんからは、あっちで更新します~。
これまでと同様、こちらも遊びに来ていただけたら幸いです。

さて、ここのブログをどうするかですが、一応、2000件の記事は新ブログに移しているところなので、移行完了に伴い、消去してしまっても不便はないのですが、やっぱりそれは寂しいので、一応、このまま残しておく予定です。

というわけで、以上、お知らせでした。

そして・・・、




さよなら、エキサイトブログの”パグのいる日々”。
[PR]
# by kopug | 2010-07-18 23:00 | こぱぐの日常(*'-')
こんにちは、ほしみです。

d0018475_2274636.jpg


きょうはどうぶつびょういんへいって、おしりのにきびをみてもらいました。
にきびはちいさくなっていて、せんせいから、

「よくなったね~」

と、なでなでしてもらいました。

それから、ママが、

「最近、耳を痒がってるんですよ~」

と、いったら、みみをめくって、なにかのきかいでみてくれて、

「顕微鏡で診てみますね~」

と、しばらくまったあとに、てれびにうつしてみせてくれました。

「マラセチアですね~。ほしみは外耳炎は生後2か月のときになって以来かな。お薬、出しておきますね~」

と、いったあとに、パパが、

「あと、そうだ、ワクチンをお願いします」

と、いって、せんせいがなにかをもってきて、ちくっとしました。

ちょっといたかったな・・・。

でも、びょういんにはたくさんのひとやわんこがいて、とってもたのしかったです。

d0018475_22273324.jpg

[PR]
# by kopug | 2010-07-17 22:07 | ほしみな日々(*´Д`*)
先日買ってきた”小春びよりnew2巻”を読んでいたら、なんだか、

「もっとほしみとスキンシップしたいな~」

という気持ちになったので。

さっそく呼び寄せて、膝にのせてみました。

クーラーのきいた部屋なので、最初はビックリしていたほしみも、久々の膝のせに喜んだのか、

「ぶ~~・・・♪」

と、満足な吐息。
それで私も嬉しくなって、そのままナデナデしたり、耳の後ろを揉んだり、耳掃除をしたりと、まるで昭和の妻のように尽くしていたのですが。。。

しばらくして。

「・・・暑い・・・」

「ぶーー・・・・・・・」

私は膝が蒸れて、ほしみはその蒸れが心地良くなかったらしく、あっさり解散~。

「やっぱり、季節には勝てないね~・・・」

と、ぼやきながら、カーペットの上に寝直したほしみをナデナデした私だったのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
# by kopug | 2010-07-16 23:27 | ほしみな日々(*´Д`*)
おやつを報酬に、ほしみの写真撮影をやってみました。

少し誇らしげなほしみパグ。

d0018475_2354198.jpg


左前足におやつをのせられて、さらに”待て”とか言われて、けなげに待つほしみパグ。

d0018475_23565129.jpg


ようやく”よし”と言われて、まずは匂いを楽しむほしみパグ。(緑の矢印の先に、おやつがあります)

d0018475_23582536.jpg


そして食べたあとに、こちらを見つめるほしみパグ。

d0018475_23595591.jpg


・・・めっちゃ期待されてます。。。

いや、もう終わりだし。。。

おやつももう終わりだし。。。

そんなこんなな、今日の写真撮影話でした。
[PR]
# by kopug | 2010-07-15 23:50 | ほしみな日々(*´Д`*)
小春びよりnew2巻、13日に発売になりましたよ~♪

d0018475_2238239.jpg


今回は涙あり、笑いたくさんの楽しい内容♪
個人的に”new”になってから、おもしろさが倍増したような気がします。テンポがより軽やかになったというか、なんというか・・・とても味わい深いというか☆

次巻が楽しみです♪
[PR]
# by kopug | 2010-07-14 22:41 | パググッズみっけヽ(´ー`)ノ

布団の上で

パグ座りをして、物思いにふけっているっぽいほしみパグの図です☆

d0018475_2231264.jpg


アングルの関係でしょうか、実年齢よりちょっとだけ若く見えます。
カメラって奥が深い!

また、いろいろ撮ろうっと♪
[PR]
# by kopug | 2010-07-13 23:22 | ほしみな日々(*´Д`*)
月曜日、1週間の始まりです。

でも私は今週の平日休みが今日だったので、3連休♪
しっかり時間が取れたので、いつもより念入りにお掃除できたり、買出しに行けたりで、ちょっと満足気分♪

そんな日中の終わりの夕方。
ほしみとのお散歩を終えて帰ろうとしていたときに、同じくお散歩帰りらしきお隣さんパグちゃんことララちゃんに出会いました。

今年で10歳のララちゃんは、お顔こそ白いものの、今日もお目目キラキラでとっても元気♪
ほしみと大差なく、足取り軽やかにルンルンで歩いていました。

そしてお散歩が大好きのようで、マンションの玄関で、ちょっと家に帰りたくなさそうな素振りを見せて、ララ母さんに、

「帰ってご飯を食べよう♪」

と言われて、顔を上げてうれしそうにしていました。

・・・・・・その隣で、同じくうれしそうにララ母さんを見上げるほしみパグ。。。

いや、あなたはまだですから。。。

と、思わず突っ込みたくなった私。。。

でも、ごはんの3文字に笑顔になるのは2パグとも一緒で、それを見ていたらどこのパグちゃんも同じなんだな~と思って、ほんのちょっと嬉しくなりました。

食いしん坊のパグズ☆
いつになくパグLOVEな気持ちにニヤけてしまった、そんな夕暮れ時の出来事でした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
# by kopug | 2010-07-12 23:12 | ほしみな日々(*´Д`*)

日曜夜の写真撮影☆

日曜日です。

ダンナ氏とほしみにつきあってもらって参議院選挙の投票に行ったついでに、ここ数ヶ月ハマり続けているレンタルDVDを返却して、のんびり歩いて帰宅した瞬間に・・・雨。

「ありゃりゃ~、こんなこともあるんだね~」

と言いながら、あとはおうちでのんびり。
夜になって、写真撮影をしたりしていました。

正面~。

d0018475_2342314.jpg


横向き~。

d0018475_2343087.jpg


下から~。

d0018475_23433281.jpg


眠くなったのか、少し目がトロンとしてきました。

d0018475_23443873.jpg


おつかれさま、ほしみ。
明日は平日休みなので、一緒に家にいようね。
・・・っても、掃除したり、用事を片付けたりするくらいだけれど・・・。

今週も有意義な1週間になりますように☆
[PR]
# by kopug | 2010-07-11 23:46 | ほしみな日々(*´Д`*)

病院でペロちゃん♪

土曜日です。

・・・ということは、こぱぐ家の休みなわけで。
午前中の用事をすませて、午後はのんびりしたあとの夕方。

「フィラリアとワクチンに連れていかなくちゃ!」

と2人でほしみを連れて、いつもの動物病院へ行くことにしました。

午後の診察が始まって1時間ちょっとだったから、受付の最初のピークは過ぎたかなーと思ったのですが。。。

「こんにちは~」

と入ったあとに、ちょこちょこと患者さんが入ってきて、プチ混雑!

ちょっと驚きながら待っていたら、

「こぱぐさ~ん。どうぞ~」

と呼ばれたので、診察室に入りました。

あとは、フィラリアとワクチンの相談ついでに、お尻にできていたニキビも診てもらい、いつものようにホワイトボードで説明してもらったあとに、

「言ってみれば湿疹のようなものですね。今日は注射を打っておくので、明日から抗生物質を飲んでもらって、1週間後に診察をさせてくださいね。これが治ったら、ワクチンを打ちましょう」

と言われて、いくつか質問をしたあと、ふむふむうなずいて出てきました。

で、ちょっと私が病院の外に出て、戻ってみたら、待合室にパグちゃん発見!
そのお顔に見覚えがあったので、思わず、

「ペロちゃんに似てる!」

と、ご近所パグちゃんの名前を出したら、抱っこしていたお父さんらしき人が、

「ペロで~す」

とのこと。

よくよく見てみれば、長椅子のお隣りに座っている男の子とは、ペロちゃんを連れているところに何度か遭遇したことがありますし、ほかの家族の皆さんとペロちゃんという組み合わせにも遭遇したことがあるので、・・・忘れるはずもなく。

でも、近所ならともかく、微妙に離れたこんなところで会うなんてビックリ~。
それにこの辺りには動物病院がいくつもありますし、まさか同じ病院に通っていたとは・・・!

なんだかいろいろビックリしつつも、ナデナデすりすりしたり、お話したあとは、薬をもらって病院にサヨウナラ~。

楽しい気分になりながらも、家路についたのでした。

ちゃんちゃん♪
[PR]
# by kopug | 2010-07-10 23:26 | ほしみな日々(*´Д`*)